So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

MacBook Pro 15 Mid 2010 SSD交換で延命 [ガジェット]

2018.10.5(金)


 今はいったい何年でしたっけ?的なタイトルですが、自分の過去ログに救われたので書いておきます。

参考にした過去ログ
MacBook Pro 15 Mid 2010 HDD交換で延命 2013.5.26(日)
https://brm.blog.so-net.ne.jp/2013-05-26

 5年以上前に「延命」したと言ってたMacBook Proをまだ持っていたのですよね。
mac OS Mojave (10.14)が先日リリースされて、このMacBook Pro 15 Mid 2010は先代のHigh Sierra(10.13)までで打ち切りということが判明しました。
 普段このMacBook Proは使っていませんが、ごくたまに何かあったときの予備機で机の下に転がっているものです。最後の最後でHigh Sierraを入れてみようかな、ということで2.5インチSSDをひとつポチッと調達しました。


 OSはクリーンインストールで入れ替えるつもりで、データ移行は無し。
このところ1万円を切った500GBクラスのSSDで十分でしょう。

(Amazonで9980円 10/5現在:自分は9890円で調達)

 
Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型 5年保証 正規代理店保証品 MZ-76E500B/EC

Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型 5年保証 正規代理店保証品 MZ-76E500B/EC

  • 出版社/メーカー: 日本サムスン
  • メディア: Personal Computers
 最近はなるべくAmazon以外で買っていますが、物によってはAmazonが安くて便利なところもあり、今回はAmazon頼みにしました。物流が厳しいのか以前と違って配送までの時間がPrime扱いでもだいぶかかるようになってきています。

 先週末の台風24号の影響が消え去った頃合いを見計らってから注文して2日かけて到着。
IMG_5805.jpg

 届いたところで「さて、どうするんだったっけ?」と、ググったところ自分の過去ログが出て来てしまったという。

 今回の交換は、内蔵HDDをSSDに交換してmac OS High Sierra(10.13)をクリーンインストールする、というもの。昔のMacBook Proは裏面のネジを外せばHDD交換が簡単に行えるし、Appleから交換方法も提示されているというものでちょっとした交換には便利なわけです。(過去ログ参照)

 High Sierraのインストールディスクを作った方が良いのだろうか?という疑問を持ちつつ、とりあえずシンプルなやり方で一度試してみることにしました。

 MacBook Pro のバックアップを念のためTime Machineに取っておいた上で、おもむろに裏蓋を外して内蔵HDDを取り出し、素のSSDを差し替えて交換。蓋をしめて元に戻しておきます。
外した内蔵HDDは外付けHDD用のケースに入れて、MacBook ProのUSBポートに差し込んでブート可能な状態にしてからMacBook Proの電源ボタンをおもむろにONにします。
 この状態で起動すると外付けHDDケースから今までのOSでMacBook Proは立ち上がるので、Mac App Storeに行ったところ、High Sierraは出てこないという。
 そこで「mac OS High Sierra アップグレード」などと検索をかけると、Appleのサポートで、
macOS High Sierra にアップグレードする
https://support.apple.com/ja-jp/macos/high-sierra
というページがヒットします。
このページにある「macOS High Sierra をダウンロードする」というところに、「Mac App Storeへ>」というリンクがあり、そこをクリックすると、Mac App StoreでHigh Sierraへ行けるようです。
 そこからおもむろにダウンロードして、インストーラーを起動します。

 何かひとつ忘れていたと思ったら、SSDをフォーマットしていなかったようです。インストーラーを切ってやり直し。

古いOSの「ディスクユーティリティ」でちゃんとフォーマットできたっけ?と疑問に思いつつ、ディスクユーティリティを立ち上げて、SSDに名前を付けてフォーマットしておきます。
特に何も考えず「Mac OS 拡張(ジャーナリング」を選んでいたと思いますが、若干自分の中に引っかかりを覚えつつそのまま進めることに。

 インストーラーを起動しなおして、ターゲットをSSDにしてHigh Sierraのインストールを開始。
IMG_5809.jpg

途中なんどか画面が消えたり勝手に再起動したりしますが、しばらく放置しておけばOK。

 だいぶ時間がかかるかな?という気がしてましたが、そんなことはなく30分ちょっとでインストール終了。
初回の設定もデータを引き継がないので、Macの名称とApple IDの入力ぐらいだけしかせず、スキップで飛ばして無事内蔵SSDでHigh Sierra環境になりました。

 念のため、りんごマークの「このMacについて」から確認しておきます。
背景がすでにHigh Sierraのものに切り替わっているので問題ないはずですが、念のためお約束です。
IMG_5810s.jpg

 SSDの使用はこの程度。フォーマットはAPFSになっています。
後から知ったのですが、High Sierraからフォーマットは強制的にAPFSになるようでした。
SSD.jpg
(蛇足のおまけ:自己責任で!)
 あと、うろ覚えで「Trim」が有効になってないのをどうすれば?というのがあったので、こちらもググって適当に調べて対応しておきます。これがちゃんと効くのかどうか分かりませんが、とりあえずお試しです。

 当初はこんな感じ。TRIMサポート: いいえ となっています。
HighSuerraTrimNo.jpg
 
 コマンド打って再起動かけると、これが TRIMサポート: はい となります。
HighSierraTrimON.jpg
 

 この古いMacBook Proは、2年ちょっと前まで出張時のお供に仕事用のPCと一緒に持ち歩いていました。
仕事用の客先貸与PCではブルベ関連の作業はできないから、というのが理由ですが、そこそこ重量増加になるのは結構キツいものがありました。
(MacBook Pro 15はアダプタ込みで3kg弱、貸与PCは一時アダプタ込みで4kg強という重量級でコロコロ導入しました)
これのおかげで様々なリザルト処理がゴニョゴニョっとされていたというのは今となっては遠い昔話です。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2018年 木崎湖BBQ お肉の調達 備忘録 [飲んだり食べたり]

2018.10.4(木)


 もう1ヶ月近く前のことになりますが、どこか表に記録を残しておいた方が良さそうなのでこちらに備忘録として書いておきます。

 ブルベとしてのBRM907白馬・木崎湖300kmは、金曜日の夜に二子玉川・兵庫島公園をスタート。翌日9/8(土)夜に木崎湖キャンプ場でゴール後にBBQは開催されました。


 BBQ908木崎湖とでも呼べばよいでしょうか。(紛らわしいですが)

 2018年の木崎湖BBQでは、肉は2系統の調達でした。
・地元のお肉屋さん 俵屋飯店
・東京からの持ち込み コストコ多摩境店
(注)昨年2017年は地元調達は西友大町店でした。


 基本的な肉は地元で確実に調達。追加肉として搬送可能な分を東京から持ち込み、としています。

 俵屋飯店に用意して貰った肉は3種類
・国産牛    6kg
・輸入牛(味付)12kg
・豚ロース(味付)18kg
合計で36kgです。

 国産牛はまぁまぁ良いお肉となるため、味付ではなくそのまま焼いて貰うことにしました。
輸入牛と豚ロースは味付にしてもらって、焼き上がりタレ無しでそのまま食べられるようにしたので、タレの調達量を若干減らす(その分グレードUP)という運用に。

 コストコで調達して持ち込んだ肉は予定では次のとおりで、実際は若干量が増えてたようです。

・US Choice サーロイン・ニューヨークカット 2kg(1パック1kg程度 x 2パック) 昨年はPrimeだったかも(汗
・US Prime 肩ロース焼肉用 6.4kg (1パック1.6kg程度 x 4パック)
・US Choice みすじ焼肉用 3.2kg(1パック1.6kg程度 x 2パック)
・プルコギビーフ 4kg(1パック2kg程度 x 2パック)
・シャウエッセン 約2kg(1パック980g程度 x 2パック)
・ジョンソンビルソーセージ 約800g(1パック800g程度 x 1パック,12本入)
合計で18.4kgです。

 予算組上の参加人数は120名相当。ひとり当たり453gとなり丁度1ポンド。

 コストコ調達の肉は金曜日の夕方に、うちの車でコストコ多摩境店まで行って来ました。
(確実に入手するため念のため2〜3日前に電話予約を入れて確保はしてあります)


 この他冷蔵が必要なものもありますが、キャンプ用のクーラーボックス2台に分けて入れ、保冷剤代わりに冷凍枝豆の大袋を1つずつ上に乗せて翌日夜まで保たせます。(クーラーボックス用の保冷剤も別途使用)

 タレについては、味付肉もあるため消費量が昨年よりも減るはずとして、お高いタレを増やしました。
・叙々苑・焼肉のたれ(600g) 3本
・ダイショー・焼肉のたれ(1.15g) 1本
・キッコーマン・ステーキソース(1.13kg) 1本

 実際には、肉を「塩」や「しょうゆ」で食べる人も結構いたりで、上記のタレは余ったようです。

 シャウエッセン用には、ケチャップと粒マスタードも用意。
・カゴメ・ケチャップ(1kg)1本
・マイユ・粒マスタード(865g)1本 

ケチャップはハインツの方がなんとなく絵になるのですが、ハインツは3本パックで1本使い切らないので今年はカゴメの業務用1kgに変更。
粒マスタードはここまでの大瓶は要らないのですが、コストコで買えるサイズはこれのみ。スーパーでは小さなサイズも売ってますが必要量を揃えようとするとこれ1本よりも調達価格は高くなるので、ここは変わらず。


 なお、野菜やビール、酎ハイ、ソフトドリンク類、また、ちょっとした小物類は地元、西友大町店、百均などで別働隊が調達しているようです。(焼きそばなど事前に予約)


(来年以降へ向けての独り言・来年2019年はPBP年でBBQ開催は無し?という噂)
 地元で食材を調達して、というのが一番だと思ってます。
とはいえ、東京から食材を持ち込むと比較的低コストで良い品質の肉が持ち込めるのも事実なので難しいです。

 規模が大きくなると運搬の手段をどうするか問題が出てきますが、事前にネットで調達かけて現地直送という手もあるようです。(これはキャンプ場管理人とっちーさんからのアドバイス)

 コストコ肉の持ち込みは、白馬・木崎湖600kmの通過チェックを木崎湖キャンプ場でやっていた初回(2014年BRM628白馬・木崎湖600km)から続けてますが、当時はあくまでもスタッフ向けのまかない+αぐらいのノリでやっていたので、せいぜい10kg程度の肉をクーラーボックス1つで運ぶだけで済んでいました。

 AJたまがわ運営からは「持続可能なかたちでやってもらいたい」というお願いもされていて、自分(のような運搬役)がいなくても回る形でのBBQに次回以降はなっていくのかなぁ、とも思っています。



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2018年 木崎湖BBQ準備・下見キャンプ [飲んだり食べたり]

2018.9.19(水)


 すでに終わってしまったイベントですが、2018年BRM907たまがわ300km白馬・木崎湖のゴール後に行われる木崎湖キャンプ場でのBBQの準備も兼ねて、本番よりの少し前の8月末にこっそりあくまでも個人で下見に行ってきたことの記録を残しておきます。
(今更なんですけど、表に残しておいた方が後々検索して役に立つこともあるので)


 8月の最終週の平日にしばらく使ってなかった自前の機材のチェックも兼ねて木崎湖まで一泊で。


 機材だけ車に積み込んで食材は一切用意せず一路木崎湖へ向かいます。
天気予報はいまひとつで午前中は雨がまだ残ってそうですが、午後から晴れればテントを張って下見もできるかな?ぐらいのゆるーい想定で。

 家を出るのが少し遅れたので寄り道せずに木崎湖キャンプ場でまずはチェックイン。

2920FEB9-70B2-47F7-B29F-09D56EA9BEBD.jpeg


まだちょっと地面に雨の名残がありますが、乾いたところにテントを張っておくことにします。


A2821652-0EED-4553-B52A-845050F47D2C.jpeg


 その後、その晩の自分の食材を買い出しに以前から気になっていた俵屋飯店さんへ向かいます。昨年秋に一度立ち寄ってはいるのですがお肉の相談はしたことがなく、今回はお店が仮店舗営業で移転しているとのことでGoogle様に場所を聞いてから向かいました。

 が、夕方までの中休みのようで一旦フレスポ大町のスーパーへ寄ってから出直すことにします。フレスポのスーパーはデリシアが入っていて、いつも西友しか行ってなかった自分は初訪問。売り場をぐるぐる回ってどんな感じかチェックしておきます。西友もそうですが、デリシアもやはりあまりお肉のラインナップは豊富ではない感じがします。ちょっと悩んだところで野菜とか肉以外のものをデリシアで調達して、俵屋飯店さんへ向かってみることにします。


 俵屋飯店さんの仮店舗、Google様は把握しているので場所は間違えようがないはずですが、ちょっと勝手が違ってビビります。食堂の入り口から入ってお店の人に「お肉買いたいのですが、」と声をかけてお話しして、お試しでお肉を買ってみることに。


 実はこの日、木崎湖キャンプ場では別の団体さんがBBQをやる予定であらかじめ俵屋飯店さんにお肉をお願いしていたそうです。木崎湖キャンプ場管理人のとっちーさんから事前に話は聞いていたので、それも踏まえて少し相談しつつ、このタイミングだとお高いお肉しかなかったらしいので、「まぁ個人の勝手なキャンプ飯ですから」と開き直ってそのお高いお肉を切ってもらうことにしました。1000円/100gでどう考えてもブルベ後のBBQでは予算的には無理なスペック。少し待っていると、うまそうなブロック肉を塊のまま見せてくれて、それをスライスするというので、思い切って300gほどお願いしてみました。赤身肉なら1ポンド≒450gぐらいまで普通に食べられますが、サシが入った国産牛だと量はなかなか食べられないのですけどね。

 本番のBBQでどう調達するかはのちほどまた連絡することにして、忘れてはいけない名物の餃子を「生」(焼いてない状態)で1つ持ち帰りで追加してもらって木崎湖へ戻ることにしました。


 木崎湖キャンプ場は昨年のBBQ後に、玉無しさんが亡くなってしまってから秋に一度来ているのでそれ以来です。

 ゆるゆると米を研ぎ、炭をおこし、ソロキャンでのBBQ準備をしていきます。


 こだわりはないので、火起こしはなるべく簡単な火起こしで炭に着火。

炭が起きるまでフレスポで買ってきたおつまみで場を繋ぎます。

A0EC714B-4A73-4479-AB82-264BC1BF7217.jpeg


旧型のCAPTAIN STAGのKAMADOでこぢんまりと焼くことにします。
炭はホームセンターで調達して残ってた整形されたおが備長炭。なかなかいい感じ。


911EBBF2-294C-44DF-A56E-E6415D0ACCB5.jpeg


 まずは餃子からですかね?

B4AD7203-AEE3-4C39-A8AD-30CF9C891EBA.jpeg


 餃子を焼いていい感じ。本番では「肉!肉!肉!」となるので、これはないでしょうけど、個人でやるぶんにはのんびりこんなのもアリです。


 で、あなたはなぜ?やってくるのですか?

B2BEAF95-5E9F-4317-B05B-C7A6BAE9E86D.jpeg


 きざきねこ様には献上できませんが、本日のお高いお肉を準備。

焼肉用のはずが、なんとなくステーキをいくつか切り分けたような感じのお肉。

E4E5C54E-5E0B-486A-9455-D2EFCE54FC80.jpeg


 ありがたく焼いていくことに。

1B6BE81A-9F6B-4071-9C6D-198F8E11CD43.jpeg


 まぁこれは旨いですわな。先に炊けていたメスティンごはんに載せていただきます。

F1D6BB66-7314-48D1-B7FF-FE147BE35942.jpeg


 至福の味でございます。

E784C99F-33E4-4A11-ADE4-682FF711BC4C.jpeg


 あくまでも個人のキャンプですが、下見とお肉の味見はつつがなく終了。
これは美味だわ。あとは予算との兼ね合い(うーん)


 このあと約1週間ほどいろいろ悩んだうえで、本番のお肉の分量は決めたようです。

(あくまでも後からふりかえったお話ですけど)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2018年BRM519札幌200km十和田クラシック DNF [BRM]

2018.5.22(火)


 先週末、5/19(土)はR札幌主催のBRM519十和田クラシック200kmでした。

結果から言うと、天候と自分の現在の実力(走力・体力・装備など)を踏まえて、1週間前に移動手段と宿をギリギリで予約した段階から決めていたことですが、傘松峠〜銅像茶屋周りを50kmショートカットして、焼山の上高地食堂で十和田バラ焼き定食を食べた後は、そのまま奥入瀬渓流沿いに下ってPC2から本コース復帰という

「十和田バラ焼きショートカット150km」を完走してきました。


 平たく言うと、予定通りの途中リタイアです。200kmブルベとしての記録はDNF。


本来のコース(昨年2017年にひいたもの・今年も同じ)




ショートカットコース(150km)




実走ログ(気圧変化などで獲得標高はおかしいですが生ログ)




 実際どうだったかは、また別途。

とりあえずログだけ。



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2018年BRM512たまがわ400km海野宿 DNF [BRM]

2018.5.17(木)


 先週末のAJたまがわ主催 BRM512海野宿400km
先月の300kmを風邪でDNSして走っていないので距離的には無理だろうと思いつつ、このままサボると全く走らなくなってしまいそうなので、走れるところまで走ってみようとスタートだけはすることに。


 朝は野菜ジュース、バナナ1本、りんご酢ソーダ(ここまで最近の日課)、あとこれから走るということで、普段は食べないのですが、卵かけご飯を1膳食べてから自宅を出発。


 気温は高めの予報で、半袖ジャージ+UVアームカバー、ビブショーツ、インナーはファイントラック、指切りグローブ。雨は降らないはずですが夜間冷えた時の防寒具代わりにレインウェア上下とレインシューズカバー、あとUVレッグカバーをサドルバッグに収納。


 スタートを見送って7時スタート最終組のつもりでいたのですが、海野宿には早い時間に辿り付けた方が良いのでは?ということで、6時スタートW1のカードを貰って6:10スタートとなりました。


 スタートからPC1まではお馴染みのルートなので、ゆるゆると。6時スタート組としてはおそらくほぼ最後尾。
途中で前に2人パックに追いつきますが、10〜15m程度間を空けて適度に追走。信号待ちで切り離されて、しばらくしてまた追いついたり、という繰り返し。後ろにも少し間を空けて1人走っていたようです。


 PC1 44.4km ファミリーマート海田岩蔵街道店 到着は8:24頃(レシートは8:26)


 オレンジジュース500mlパックを飲んで、直巻とり五目(おにぎり)を1個頬張ります。

ポカリスエット900mlをボトルに詰めて、残った分はその場で飲んでおきます。


 滞在10分程度で8:34頃に再スタート


 PC2まではなるべく体力を使わずゆっくり走って行こうと思っていたので、この後もゆるゆると走行。


 往路と復路で経路が異なりますが、往路はクリーンセンターを経由して高麗神社の前を通ってK30へつなぎ、小川町から総合グラウンド入口経由で能増で復路と合流です。

 花園橋が手前から自然渋滞でちょっとだけ難儀しますが、若干のロス程度で通り抜けて、


 PC2 89.5km ファミリーマートヤマキ花園店 到着は10:45頃(レシートは10:47)


 ここまで来たらさすがにPC2で休んでいる人を沢山見かけましたが、建物の端に自転車を停めてイートインは使わずにサクッと最低限の補給。


 オレンジジュース500mlパックを飲んで、ツナマヨ(おにぎり)を1個頬張ります。途中の補給用につぶあんぱん1個を持っておきます。

PC1〜PC2の間にボトルを飲みきらなかったので補充は無し。
※)これがおそらくこの日のミス1発目


 トイレに行こうかと思いきや混雑しているようなので、小前田駅まで移動することにして、
それでも滞在8分程度で10:53頃に再スタート。

 小前田駅でお約束の写真を撮ってからトイレ休憩。停止は6分ほど。
ほんの少し休みすぎたかな?という意識が。

 このあとは風向きによって若干速度が乗らなかったりして、ゆっくり走っているにしても、ちょっとペースが遅いかなぁ、と自分では気にしだしたり。

 スタートから100kmを超えたあたりで、ガリガリ君の工場の横を11:30頃通過。
デジカメで撮るということもせずに淡々と走っていきます。


 ここまで5時間20分ぐらいってことは、トータルではまぁ大丈夫な方かな、と考えつつ、
PC3 144.2kmまで、あと44kmぐらいだから、もう少ししたらおにぎり食べよう、途中でドリンク補充して休んだ方がいいかな?

 ところが12時近くなって、ほどよい日陰がある自販機とかはうまく見つからず、休憩するのが遅れてしまいます。
※)これがおそらくこの日のミス2発目

 富岡の手前、127kmぐらいのところでコンビニストップ セーブオン富岡曽木店
12:45頃から12:56頃まで、へたばって日陰で休憩。PC3でリタイアかな、という事を考え始めます。

 オレンジジュース450mlパックとウイダーインゼリーを1本飲んでおきます。

 PC3まで残り17km、1時間かからずに一気に行けるかなと思いきや、走り始めてすぐ調子が悪いことに気づきます。

 139kmぐらいの曲がり角で止まって日陰に避難。 ここまでわずか12km、40分しか持ちません。
13:37頃から13:47頃まで10分停止。

 ここで何人かのランドヌールが横を通過していく際に「大丈夫ですか?」と声をかけられ続けることに。
PC2で買っておいたつぶあんぱんを一口かじります。
PC3で大休止して、そこでどうするか判断するしかないね、と再差スタートしていきます。

 残り5kmが遠く感じるとは……やっぱりダメだろうな。
20分ほどかけてようやく到着。

 PC3 144.2km セブンイレブン安中松井田BP店 到着は14:06頃(レシートは14:11)

 そこまで気温が上がっているとは思ってなかったもの、熱中症気味、水分もエネルギーも補給不足。
暑熱順化できてない身体には、ちょっとキツかったようです。

 とりあえず手遅れだけど対処療法でロックアイス1.1kgを買って、日陰で横になって首や足の付け根を冷やします。

 オレンジジュース500mlパックとキレートレモンを飲んで、ポカリスエット900mlをボトルに補充。
つぶあんぱん1個、五穀おむすび1個をこの先の補給用に買っておきます。

 PC3のクローズが(6:10スタートだと)15:46となり、この後碓氷峠を越えていくので走行継続するなら1時間以上は貯金がある状態で再スタートを切りたいところです。

 多少頭はスッキリしてきたので、ダメ元で15:35には再スタートしようと支度をしながら先の予定をシミュレーション。とりあえず次は10kmちょっと先の旧道・めがね橋あたりを目指すことにします。そこでダメならリタイアして横川から輪行帰りということに。

 14:33頃にゆるゆると再スタート。


 ところがやっぱりダメ。

 151kmぐらいで道ばたの塀の日陰に避難。もうここでリタイアかな。
15:00頃から15:15頃まで15分ほど停止。
その間に、こーへい君が通りがかり少しだけ会話。
だいぶヘロヘロなところを見られてしまったけど、ちょっと良かった。

 めがね橋に拘りがある訳でもないけど、おそらくそのあたりにスタッフがいるのでは?という予想で、いたら挨拶だけしてリタイアしようかな、という意地でなんとか再スタート。

 デジカメで殆ど記録無しのまま、ゆるゆると旧道をのぼっていくことに。

 めがね橋の観光用駐車場より少し手前の左手空き地にスタッフを発見。ほっとしました。
 154km 15:33頃にここで正式リタイア。


 ぜっとさん、虫さん、クロさん、チコリンさんにご挨拶。

 しばらくボーッと休憩して、後から来る7時組の参加者の通過をお見送り。

 多少動けるようになったところで、横川に戻るか、碓氷峠を越えて軽井沢まで行けるか再検討。
 ゆるいと言っても、この先まだ上りが9kmだとやっぱり無理だろうということで横川かな?

 せっかくなので100mぐらい先にある、めがね橋まで自転車を走らせて記念撮影。

IMG_4176.jpg

 その後、全ての参加者の通過を見送るところまで立ち会って終了となりました。<(_ _)>

 

 4月頭の定峰200kmはクリアしましたが、その後の西上州300を風邪でDNSしてしまったのが敗因ですが、当日の補給および休憩ミスが決定打ということでしょう…
100kmまではゆっくりでも調子は良かったので、今の自分の体力・走力に合わせた走行プランを再検討して、無理ならDNFでも仕方ないと思うしかないでしょう。



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。



nice!(3)  コメント(0) 

2018年BRM414たまがわ300km西上州 DNS [BRM]

2018.4.17(火)


 結論から言うと、DNSで当日走らず終了でした。


 火曜日あたりに喉が少し痛い感じでその時点の天気予報は週末雨。
だいぶやる気がそがれる状態でノーケアで水曜日に飲みに行ったりしていたら、木曜日になってどうも本格的に体調ダウン。どうしようかな?と思いつつも一応金曜日に出走できるようにしておこうと。

 当日、朝4時半に起きてみたら、どうにも力が入らない。平地無風で20km/hぐらいなら何とかなるけど、国立まで行けずに終わりそう、という自己判断であっけなくDNSを選択。布団にくるまりながらDNS連絡フォームに出走番号と名前だけ記入して、えいやっと「送信」

 そのまま寝てしまいたいところでしたが、スタッフに悪いかな、という気持ちが微妙にあってジャージでなく普段着に着替え、ブルベ用の自転車でなくクロスバイクに乗ってスタート地点まで。漕ぎ出した途端、ふわっとした感覚でどうにも力が入らなかったので、「これはやっぱり無理だわ」と諦めがつきましたけども。

 スタート地点に遅れて到着するとブリーフィング中?
その後、本来走るはずだった6時スタート組の車検を眺めつつ見送ります。
IMG_3947.jpg



 さらに7時スタート組の見送りも終えたところで7時ちょっと過ぎ。
遅刻組が来るかどうかわからず念のため7時半まで30分ほど追加待機。
この日は誰も来ませんでしたが、2名ほどDNS連絡が来てなかったので、何らかのトラブルでスタートへの到着が遅れている可能性も考慮して時間いっぱいまで現地待機でした。
巡回車に乗っていくスタッフは先に離脱したので、がんちょさんひとりで残すのはしのびなく、連れ待機(^^;)
結局、誰も来ませんでしたが、こういう待ちがあるのがスタッフさんのお仕事なんですね。

IMG_3946.jpg


 この時点ではあまり風は吹いてなかったもの朝の河川敷は地味に寒くて身体を冷やしたようです。
撤収して帰宅したら悪寒がして、速攻で布団に潜り込んで二度寝モード。


 予報ほどは天気は崩れず、風も強くなりすぎることなく、無事終了したそうです。
ゴール番には顔をだすことなく、家で布団にくるまって寝てましたけど(汗

 

 認定は別によいのですが、5月に400km走るなら、GW前ぐらいまでに300kmどこかで走っておかないと厳しいだろうなぁ。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2018年BRM401たまがわ200km定峰 走った記録 [BRM]

2018.4.7(土)


 先週末の日曜日、BRM401たまがわ200km定峰(通称:春の定峰)走って来ました。

ブログ書かないでサボりまくりパターンが多いので、走った記録だけとりあえず残しときます。


 AJたまがわの定番コース、200kmブルベです。

オリジナルのコース設計は自分が担当だったりしますが、2012年にVCR青葉として開催してから毎年継続して開催しているので、同じコースでの開催数は結構な数になっていたりするはずです。


 今年は4/1(日)がイースターと重なっているため、他クラブでのフレッシュ開催があってベテラン勢はフレッシュかなぁ?と漠然と思っていたのですが、実はフレッシュ参加に合わせて一般のBRM開催が減っていたのか、定峰200kmのエントリーは大変だったらしいです。通常はエントリー開始日に申し込めばだいたいOKかな、といったところが、開始早々に埋まってしまったとか(汗

 そうなると、手ぐすねひいて待ってた人はエントリーできていても、初心者で初ブルベという方が軒並みエントリーできなかった?という説もアリ、当日ブリーフィングの時に見ていたら、珍しく初ブルベの人がパラパラという感じの状態でした。(最盛期は50名以上初ブルベという参加者がいたのが過去の定峰です)


 この頃は、6時スタート、7時スタートの2組となっていますが、秩父ひつじやで揚げ物を買い食いするには7時スタートの方が有利?ということで、今回は7時スタート組でエントリーさせて貰ってました。


 6時スタート組の知り合いとはスタート地点でしかお会いできないはずなので、一応6時スタート組がスタートする直前の5時台に現地到着すべく、5時起床で支度をして家を出たのが5時45分予定だったのですが、出がけにちょっと手間取ってしまい実際に家を出たのが5時50分……
とはいえ、5時55分ぐらいには現地到着(^^;)
直線距離だともっと近いですが、兵庫島の橋を渡ったり回り込んでも自転車なら自宅から3分ぐらいで行けるという、個人的ご近所ブルベスタート地点です。


 6時スタート組を見送って、7時スタート組の受付ギリギリの時間になって、W2 7:20スタートとしてのブルベカードを受け取ります。


 今回は、スタッフ引退済のBongoさん、私、現役スタッフのK内さんの3人でなんとなくスタートを切りました。


実走ログ




補給記録


スタート前:自宅

バナナ1本、無塩野菜ジュース、たまごかけご飯(カーボローディング?)


スタート時の持参補給食

うすかわつぶあんぱん(5個入り)

スポーツドリンク600ml(DAKARA)


スタート 二子玉川・兵庫島公園 7:20


PC1 ファミリーマート海田岩蔵街道 9:28

オレンジジュース 500ml

おにぎり(シーチキン)


PC2 セブンイレブン秩父宮地 11:51

オレンジジュース 500ml

ポカリスエット 900ml


和紙の里 (時計はずれてる? 13:57)

秩父飴 (補給としては使わず、単なるお土産)


※PC外の補給(その1)

帝松

大吟醸ソフトクリーム


※PC外の補給(その2)

セブンイレブン 飯能新町

オレンジジュース 500ml

アロエヨーグルト


PC3 セブンイレブン青梅日立前 17:05

オレンジジュール 500ml


※PC外の補給(その3)

ファミリーマート柴崎町六丁目

缶コーヒー


ゴール 二子玉川・癒しふれあい館 19:35





 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

ブルベ復帰前のプチあがき [BRM]

2018.3.28(水)


 先週天気が悪かったのもあり、今月の自転車走行距離はクロスバイクだけの先月よりも低下?
という状況で今週末日曜日は久方ぶりのブルベ参加。200km走れるとは到底まだ思えない状況。


 ということで、一昨日の夕方、多摩サイをちょろっと走ったついでに堤政橋から連光寺経由で尾根幹をこれまた超お久しぶりに走ってきました。


 焼け石に水?とも言えますが、実はそうでもないかな?という事で、ゆるい坂を全力で。

眠ってた筋肉が少しはビックリして目を覚ましてくれたか、な?

 多摩川原橋からの方が尾根幹としてはアップダウンが続くのだろうけど、ショートコースで連光寺からでも今の自分には十分すぎるところ。


 多摩サイと合わせて約70kmちょい、無補給、スポーツドリンクをボトル1本のみ。
水は途中で買ってもう1本飲んだ方がよかったかもしれません。



 BRM401定峰200km、AJたまがわサイトに試走レポートが出ているようです。

https://ajtamagawa.org/

 定峰峠の上り、現在工事中で場合によっては迂回ルートになる可能性もありそう。


通常は年度内に工事完了(でないと予算とかの関係で面倒)で計画しているので、そこも3/30までが通行止予定らしいのですが、他の人の情報によると、現地の工事状況はまだ時間がかかりそうな雰囲気があったり?
このあたりは最終的に当日走れればそのまま、通行止なら迂回ルートを走るだけですが、ゆるい上り坂になっているところのショートカットなので、一部キツいところがあるとか。
自分の場合は、ダメなら素直に「押し歩き」かな、と思ってます。


 一応、ダメ押しで書いておきますが、定峰200は日曜日の開催ですからお間違えのないように。

土曜日に兵庫島公園に行っても誰もいませんので。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

おすすめ本 iPhone 10周年完全図解 [ガジェット]

2018.3.13(火)


 iPhone 10周年ということで、flick!出してるエイ出版から、図解本が3/19に出るそうです。
Amazonで予約受付中ですが、すでにカテゴリー1位とか、本のランキング(総合)で48位だとか( ・_・;)
かなりマニアックすぎる感じがしますが……



iPhone10周年完全図鑑

iPhone10周年完全図鑑

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2018/03/19
  • メディア: ムック


 たまたまですけど、ガジェット好きなおじさん達が周りに結構いて、二子玉川の某居酒屋とか今は他のお店に変わってしまったデニーズ多摩堤通り店(閉店済)にチョコチョコ集まってたんですよね。

 日本ではまだiPhoneが発売されなかった初代のいわゆる「2G」というのも国内では使えもしないのに持ってる人が何人も居て見せびらかしてくれるという……
 その後も新製品が出るたびに、いろいろ見せびらかし会があったり、iPadが出た時にはこの人は何のエバンジェリストなのだろう?的なプレゼンを勝手にしまくってくれる人がいたり。

 その頃、熱帯魚だったりラジコンだったりの編集長だったタクタさんが、この界隈の重鎮である写真家三井さんに焚きつけられて?flick!というガジェット専門雑誌を創刊して、今は紙は無くなり電子書籍だけになってしまったもの、この図解本は「紙」で出してくるという。(後日、電子書籍版も出るらしいですが)
 いい意味でマニアックなタクタさんが全力で作ってるらしく、

iPhone好きなガジェットおじさん(またはおねーさん)には、たまらない一冊になるかも。

 といことで、自分も一冊予約済。(^^;)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2018年BRM401定峰200おまけ 日の出入り・月の出入り時刻確認 [BRM]

2018.3.8(木)


 もうすぐ春分の日に近づいて来ました。
お正月頃、朝真っ暗だった頃とだいぶ変わって、最近では日の出時刻は早く、日の入り時刻は遅くなってきました。


 ブルベ参加に当たって、本番当日の日の出入り時刻の確認は、なんとなくの習慣で確認する癖がついています。
(スタッフ試走の際は、本番と自分が試走する日の両方)

 BRM401定峰200の本番当日、2018年4月1日の日の出入り時刻(東京)は、
・日の出  5:28
・日の入り 18:02
ということになっています。

 6時スタートと7時スタートの2組がありますが、6時スタート組は5時から受付開始です。
日の出が5:28だとそれより少し早くから空が少しずつ明るくなるので受付開始時点ではヘッドライト(ヘルメットに取り付けたライト)があった方が文字の確認をしやすいぐらいといったところでしょうか。
スタッフが5時前にスタート設営作業をしている時にはまだ暗い状態です。

 ブリーフィングの始まる5時30分は明るくなってますので、スタート時点ではヘッドライトは不要になります。
ただし、雨天・曇天などで視界が悪い場合は、前照灯、尾灯の点灯をする方が安全上望ましいので、十分な電池容量(スペア含む)でライトの用意をすることは前提です。

 帰りが何時になるかは各参加者の走力と途中でどれだけ立ち寄り休憩したか次第のところもあるので何とも言えませんが、6時スタートで12時間で帰って来る、7時スタートで11時間で帰って来る、という人については、日の入り前からライト点灯するにせよ、あまり問題無くゴールにたどり着けるでしょう。

 ゴール手前は、スタート直後にスタートから約800m程度、公園内の通路をちょこちょこっと曲がりながら走って行った反対側からの戻りになるのですが、日没後真っ暗になると実は結構暗くて道がどこにあるかわからず横の植え込みに突っ込んでしまう人もいたりするようです。

 帰りの時間の明るさについては月の出入りと月齢で大きく異なります。それゆえ月についても確認しておくと予想がつきやすいです。

 BRM401定峰200の本番当日、2018年4月1日の月の出入り時刻(東京)は、
・月の出  18:48
・月の入り  6:01
・正午月齢 14.6(ほぼ満月)
ということになっています。

 日の入り時刻が18:02で、満月となる月の出が18:48ということになります。
曇天や雨天でなければ月明かりがあるので、帰りが真っ暗になることは無さそうです。
とはいえ、強力なヘッドライトが最低1灯あると、河川敷など真っ暗なところでは安心して走行することができます。
200kmブルベでもそれらの装備が必要と言われる理由が暗い日には実感できるのですが、今回はそこまで深く思い知ることはできないかもしれません。

 また、6時スタートの受付開始である5時時点でもまだ月は出ているため、真っ暗ではないでしょう。
(ヘッドライトは無くてもまぁ大丈夫かな?)
 
 その後300kmとか走るつもりがあれば、それに合わせた装備で予め走っておくのが良いかもしれません。
ちなみに2週間後のBRM414西上州300では、日の入り時刻が18:13で、新月に近く月は夜出ていません。真っ暗です。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(3)  コメント(0)