So-net無料ブログ作成
アウトドア ブログトップ
前の10件 | -

2019年7月 道志の森キャンプ場 炭火で焼き鳥 渓流最高 [アウトドア]

2019.7.29(月)

 7月下旬、梅雨明け間近の平日、道志の森キャンプ場に行ってきました。

DSC_1771.jpg


道志は東京から比較的近場ですが、かつて自転車で道志みちをよく行き来していたもの、その頃は「道の駅どうし」と暫く前に閉店してしまった「ヤマザキ」ぐらいしか立ち寄るところはなく、ほぼ素通りしていたわけです。

 リターンキャンパー(自称)として、ソロキャンプを始めてから、秋冬キャンプで道志へ行くことが一昨年秋から増えましたが、実は道志の森キャンプ場に泊まりでキャンプへ行くのは初めてだったりします。
単に思い込みですが、プロキャンパー御用達みたいなイメージがあって、ニワカキャンパー的な自分にとっては敷居が高かったという。(冬も営業してますが、冬期は止水されているというのだけで敬遠して、水とトイレが使えるもう少し標高の低い道志のキャンプ場へ入り浸ってたのが実際です。)

 それはそれで置いといて、梅雨明け間近とはいっても東京の気温は30度越えとなる予報で、道志でも30度近くなるかもしれないというタイミングで向かったのは、このあたりを意識してのことです。

・標高が多少高い(道志の中では)
・渓流沿い
・場所を選べばおそらく静か

 7月下旬で夏休み期間に突入しているため、管理棟付近などは子供の団体、子連れファミリーキャンプとかなり賑やかな状態でしたが、電波の通じない奥の方のエリアはソロキャンパーが多く紛れ込むことが出来ました。

 渓流沿いの何がよいかというと、暑い時は水に足を浸して涼んだりできるということでしょうか。
DSC_1784.jpg

 今回張った幕は、スノーピーク ヘキサイーズ1
ハウツーとして撮ったわけではありませんが、記録として設営風景を動画に撮ったものをYoutubeに載せています。


 やたらと再生されてビックリしましたが、スノーピークのソロ用テント、昨年秋に出た製品なので、気になっている人がいるということでしょうか。
 グランドシートは別売りなので、それも調達すると少し値が張ってしまいますが……

スノーピーク(snow peak) ヘキサイーズ 1 グランドシート SDI-101-1

スノーピーク(snow peak) ヘキサイーズ 1 グランドシート SDI-101-1

  • 出版社/メーカー: スノーピーク(snow peak)
  • メディア: スポーツ用品
 ちなみに自分の場合はたまたまタイミングが良かったのかもしれませんが、Amazonで20%分のポイントが還元されるというものを調達しました。通常だと5%です。ご注意ください。


スノーピーク(snow peak) ソロテント&タープ ヘキサイーズ 1 SDI-101 ブラウン 1人用

スノーピーク(snow peak) ソロテント&タープ ヘキサイーズ 1 SDI-101 ブラウン 1人用

  • 出版社/メーカー: スノーピーク(snow peak)
  • メディア: スポーツ用品






 ヘキサイーズ1、たしかにちょっと贅沢な幕かもしれません。ソロ用としては設置面積もそれなりに必要。
DSC_1856.jpg

 焼き鳥と日本酒、アウトドアでこれってなかなかの贅沢。
DSC_1838.jpg



 炭火で焼き鳥(前編)として公開したもの。

ユニフレーム ユニセラTG-Ⅲに岩手切炭を使って、炭火で焼き鳥。
焼き鳥は自宅で前日仕込んでいったものですが、炭火で焼くと本当に美味しくて最高。




 炭火で焼き鳥(後編)として公開したもの。
こちらは焼き鳥の後半戦と、焚火台での焚火の様子。おまけで翌朝の風景まで。




お時間のあるときにチラ見していただけると嬉しいです。
チャンネル登録、高評価、よろしければお願いします。<(_ _)>

Niku Camp 肉焼おじさん チャンネル
https://www.youtube.com/c/NikuCamp

↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2019年5月 木崎湖キャンプ場でのソロキャンプ 快適すぎ! [アウトドア]

2019.6.3(月)


昨年11月以来半年ぶり、冬の間はご無沙汰してた木崎湖キャンプ場へ遊びに行って来ました。
DSC_0124.jpg

5月上旬にこねこが生まれたのが気になっていて、小さいうちにちょっと見に行ってみたい!という気持ちがあって、なんとか無理矢理(^^;)

DSC_0160.jpg


全国的に暑くなる予報でそれなりの暑さを覚悟して行ったのですが、木崎湖キャンプ場は日中日向は暑く感じるもの木陰は爽やかな風もあり超快適に過ごせました。行った日の話でしかないですが、天候に恵まれました。

動画3本に編集・UP済です。
あいかわらず肉焼いて食べてるだけの動画ですけど……(汗)

こねこは2本目に出て来ます。
4月から始めたばかりのドローン、DJI Mavic 2 Pro での空撮も入ってます。
適当に飛ばすことはできますが撮影を意識した飛ばし方までは出来ていないので、そのあたりはご容赦ください。


お久しぶりのソロキャンプ① 

涼を求めて湖畔キャンプ 木崎湖キャンプ場 2019年5月23日〜25日



お久しぶりのソロキャンプ②
涼を求めて湖畔キャンプ 木崎湖キャンプ場 2019年5月23日〜25日
生まれたばかり こねこ観察


お久しぶりのソロキャンプ③
涼を求めて湖畔キャンプ 木崎湖キャンプ場 2019年5月23日〜25日
2泊目のんびり 焚火最高



お時間のあるときにチラ見していただけると嬉しいです。
チャンネル登録、高評価、よろしければお願いします。<(_ _)>

Niku Camp 肉焼おじさん チャンネル
https://www.youtube.com/c/NikuCamp

↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2019年 2月ふもとっぱらキャンプ場 やっぱり風は強かった [アウトドア]

2019.3.7(木)


 1月は殆どキャンプに行けなかったのですが月末から再開して、2月末までに4回(だったかな?)平日一泊二日で行ってたりします。

 ふもとっぱらキャンプ場、1月末に行こうとして異常乾燥と強風とでキャンプ出来ず、代わりに浩庵キャンプ場へ行ってウッドストーブ(薪ストーブ)の試運転をしたのはここでも書いてますが、もう一度チャレンジということで、2月20日にふもとっぱらへ行って来ました。

 その時の動画をようやく上げ終わったので、こちらでも貼り付けておきます。
タイトルにも入れてますが、この日の日中は暖かくてウッドストーブの出番無し。代わりに焚火台で焚火をして、その火を使って焚火調理となりました。が、夜になったら風がだいぶ上がってきてしまって、またも風に煽られて翻弄させられるというていたらく。
(風が上がってからカメラをまわしていた時間はほんの少しですぐに緊急消火。焚火に水をかけて消火したのはこのかた記憶にないので、自分的にはとても珍しいことだったりします。そのくらい慌てて消したくなるような風でした)


ふもとっぱら△燻製遊び 暖かすぎてウッドストーブなし①



ふもとっぱら△焚火でアヒージョ 暖かすぎてウッドストーブなし②



ふもとっぱら△焚火でラム焼き 暖かすぎてウッドストーブなし③




無駄に綺麗と言いつつ、焦点距離がわかってなくてピンボケが続くところもあります。
あとは音ですかね。いくつかご指摘いただいてますが肉を焼く音の方を重視していて、自分のぼそぼそっとしたしゃべりは今ひとつ(大汗)
撮るのも編集するのも素人なので試行錯誤してますが、もう少しなんとかならないものかと……

お時間のあるときにチラ見していただけると嬉しいです。
チャンネル登録、高評価、よろしければお願いします。<(_ _)>

Niku Camp 肉焼おじさん チャンネル
https://www.youtube.com/c/NikuCamp



↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

ウッドストーブL 設置と撤去 サーカスTC [アウトドア]

2019.2.15(金)


 先日買ったばかりの テンマクデザイン ウッドストーブL スペシャルパッケージ

 浩庵キャンプ場で試運転をして、続けて道志の椿荘オートキャンプ場で2回目の試運転をしてきました。
浩庵では風が強くてカメラを回せず、というか回す気が起きない砂嵐状態での設営〜薪スト設置。

 2回目の椿荘では、林間サイトで風の影響が元々受けづらいところでもあり、のんびりと設営〜設置、撤去〜撤収することができました。

 ウッドストーブ(薪スト)の設置動画、撤去動画をそれぞれ個別に切り出してYoutubeにUPしてあります。
過疎チャンネルとしては意外と人気?があるようで地味に再生されてるっぽいので、よかったら見てくださいませ。
薪スト初心者なので、後で見返したら恥ずかしくなりそうですけども……


ウッドストーブL サーカスTC幕内に設置する手順



ウッドストーブL サーカスTC幕内から撤去する手順




そして、もしよかったらチャンネル登録&高評価、お願いします。

これほんと大切なことで、登録者が増えたり高評価貰えるとすっごく励みになるという(^^;)
普段見てるだけの人だったころはあまり意識してなかったけど、いざ自分が投稿してみると身に染みるのです。
そんなわけで、できましたらよろしくお願いします。<(_ _)>



↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

ウッドストーブ(薪スト)買っちった△ [アウトドア]

2019.2.11(月・祝)

 この週末はうちのあたりではブルベは開催されてないようですが、普段からもそうですがこの時期は特に自転車から遠ざかっているので、もっぱらの関心事は「キャンプ」ばかり(^^;)

 Twitterとかでは小出しに書いてるのでバレバレですが、1月下旬にテンマクデザインのウッドストーブLスペシャルパッケージを新しく調達しました。
買ったらすぐ試したくなるわけで、1月末ぎりぎり手前の平日に「試運転」と称してキャンプへ行ってきました。その時の動画をようやくざっと編集してYoutubeにUP。
4Kでなく1080p60HDになってしまってますが「無駄に綺麗」かつ「無駄に長い」安定の過疎動画です。
お暇なときにチラ見していただけると嬉しいです。



 
 当初、ふもとっぱらへ行く予定でした。中央道・河口湖ICから下道へ降り、鳴沢で「渡辺製材所」(ググればGoogleMapに出ます)に立ち寄って無人販売で薪を調達。
DSC_2512.jpg

 ネット検索で、ここで薪が手に入るということを知って来てみたわけですが、これは助かる。
太い方が300円、細い方(焚付用)が200円。今回は薪3束と焚付1束を1100円で調達しました。
DSC_2510.jpg

 風が落ちてくれるか若干心配だったのですが、道の駅なるさわで買い物をして、ふもとっぱらキャンプ場へ行ってみることに。
(ふもとっぱらは電話をしても基本出てくれないのですが、問い合わせをWebからフォームでしてもお返事タイムリーには貰えないので)


DSC_2513.jpg


 一応、予約していたのでまずは受付へ。
DSC_2517.jpg



 やっぱりこんな文言が……

DSC_2519.jpg


 異常乾燥と強風でこの日は焚火禁止とのこと。テントも飛ばされる可能性があるので幕内での薪ストーブ使用もダメ。センターハウス内でガス使用ならOK。ただ宿泊はお勧めしないし難しいとも言われて撃沈。
フリーサイトの予約は(ノーショーでも)キャンセルチャージは無いでしょうけど、いちおう受付で「キャンセルします」とお伝えしてから、さて困った。どうしよう。
 風の影響が少ないキャンプ場としては、いつもの道志に戻るぐらいかな?と思って来た道を戻り始めますが、本栖湖近くまで来て、「念のため浩庵見ていこうかな?」と立ち寄ったところ「宿泊OK」。
風が強いのは心配ですが、道志まで戻る時間も惜しいし予定外で浩庵キャンプ場でのキャンプとなりました。

 開封の儀 風が強すぎて泣きそうになりながら、当初の目的を果たすために地味に頑張ってたり。
DSC_2544.jpg


 サーカスTC幕内にウッドストーブLを設置完了

DSC_2553.jpg


 風が強いので本体の足3本をそれぞれペグで固定するだけでなく、煙突最上部のスパークアレスタ(火の粉の飛散防止装置)のフックに自前で自在付ガイロープ3本を付けてそれぞれペグで固定。
DSC_2549.jpg


 これでなんとか準備は完了。

 あとは動画本編をチラ見してくださいませ。<(_ _)>




↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(3)  コメント(0) 

ジュニアランタン用のマントル [アウトドア]

2015.6.5(金)

 お手頃なランタンとしてイワタニのジュニアランタンを使っています。
家庭用のカセットガス仕様なので割と重宝しています。

(※ 通常在庫がある時は実売4000円以下です)

イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアランタン CB-JRL-2

イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアランタン CB-JRL-2

  • 出版社/メーカー: イワタニ(Iwatani)
  • メディア: スポーツ用品


 明日の木崎湖キャンプ場にも持って行く予定でしたが、機材をチェックしたらマントルがちょっと欠けていたようで、
IMG_6248.jpg

新しいマントルに付け替える必要がありました。1枚予備は持っていますが、もう少し余分に持っておいた方が安心です。

 ジュニアランタン用の純正マントルも販売されていますが、ネット通販だと流通量が少ないのか割高に。
スノーピークの2WAYランタン用マントルで代用できるので、そちらをポチっとしておきます。

スノーピーク(snow peak) 2WAYランタン用マントル3枚セット  GP050

スノーピーク(snow peak) 2WAYランタン用マントル3枚セット GP050

  • 出版社/メーカー: スノーピーク(snow peak)
  • メディア: スポーツ用品

IMG_6246.jpg


 吊して使うにはスノーピークの2WAYランタンの方が便利でしょうが、テーブルランタンとして使う際はアウトドア用の(燃料代としては割高な)OD缶の方が安定するので、そのままテーブルにおけるイワタニ・ジュニアランタンの方が使い勝手が良かったりします。

スノーピーク(snow peak) ギガパワー2WAYランタン GL150A

スノーピーク(snow peak) ギガパワー2WAYランタン GL150A

  • 出版社/メーカー: スノーピーク(snow peak)
  • メディア: スポーツ用品


 たまにしか使わないのでアウトドア用の機材は安い物ややたらと古い物ばかり。
自転車遊びの頻度を下げて、キャンプとか行きたいなぁ。(^^;)

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。
 

trangia メスティン TR-210 ようやく到着 [アウトドア]

2014.12.4(木)

 11月半ばに「11月17日に入荷予定」とあった、トランギア メスティンをポチってたのですが、
入荷が遅れていたようでようやく昨日届きました。

昨日2014.12.3から在庫が復活しているようです。
Amazonで1620円

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

  • 出版社/メーカー: trangia(トランギア)
  • メディア: スポーツ用品

梱包状態:Amazonのシュリンク包装の下、メスティン本体も単なるシュリンクラップのみの包装でした。
IMG_4028.jpg


中に入ってた取っ手を取り付けたところ。
IMG_4029.jpg

アルミ無垢な感じが潔いです。
ただ、やっぱり聞いていたとおり、断面の処理がされてないのでヤスリかけとか必要ならしたほうがよいかも。
IMG_4030.jpg

 メスティンの使いどころは、アウトドアでの飯炊きが一番のようですが、
とりあえず下処理(米のとぎ汁を入れて煮て内側をコーティング)してから、家で炊いてみることにします。
炊けるのは1合ないし1.5合ぐらいまでらしいですが、1合炊ければ一人分としてはOK。

 手持ちのイワタニ・ジュニアストーブは火力にムラ?があるそうですが、アルミのメスティンなら熱のまわりはよさそうなので十分炊けるんじゃないかと思っていたり。

 

イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3 [HTRC 2.1]

イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3 [HTRC 2.1]

  • 出版社/メーカー: イワタニ(Iwatani)
  • メディア: スポーツ用品

 facebookで有識者の方に教えてもらいましたが、Esbit(固形燃料14g)1個でちょうど炊飯出来るそうです。
Esbitもそのうち外で試してみることにします。

Esbit(エスビット) ポケットストーブミリタリー(固形燃料14g×6個付) ES21920000 [HTRC 4.1]

Esbit(エスビット) ポケットストーブミリタリー(固形燃料14g×6個付) ES21920000 [HTRC 4.1]

  • 出版社/メーカー: Esbit(エスビット)
  • メディア: スポーツ用品

 アウトドア遊びをしたい、とか言ってるのは、気晴らしに現実逃避したいという願望があるのかもしれません。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

イワタニ カセットガス ジュニアランタン & ジュニアバーナー [アウトドア]

2014.7.3(木)

 アウトドア用品はさほど詳しくないのですが、最近はガスカートリッジを使う方がお手軽なのでしょう。
各社毎にカートリッジは異なるようですが、大きく分けると一般的なアウトドア用品でのガスカートリッジはOD缶と呼ばれるらしく、家庭用のカセットコンロなどで使われるものはCB缶と呼ばれるらしい、ということは何となく聞いて覚えました。

 CB缶はコンビニや100均でも入手可能なので、燃料の入手のしやすさ、またコストを考えるとお手軽です。
OD缶もCB缶も、メーカー純正のガスカートリッジを使うことが基本ですが、実際には他社製でも使えてしまったりするわけで、特にCB缶については昔と違って今はほぼ共用できるように出来ているのが現実です。

 個人用の機材ですが、ブルベの受付などで卓上で手元を照らすランタン、どこでも使えるのはLEDランタンです。以前ちょこっと書いてますが、GENTOSのLEDランタンを今では2つ使っています。ただ、LEDランタンは風情が無いし、温かくないんですよね。

 そんな訳で「無駄かな?」と思いつつ、ガスカートリッジ式のランタンを調達してみることにしました。キャンプで使うことも考えると、少し高いですがつり下げることもできるOD缶、CB缶兼用型のスノーピークのランタンもいいかなと迷ったのですが、テーブルに置く専用型ということでイワタニのジュニアランタンにしてみました。


Amazonで在庫があるときは4000円切ってますが。
 

イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアランタン CB-JRL-2

イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアランタン CB-JRL-2

  • 出版社/メーカー: イワタニ(Iwatani)
  • メディア: スポーツ用品


 

 Amazonで買うとたいがいすぐ届くというのが助かります。
ただし在庫切れだと、マーケットプレイス扱いの他の業者さんの出品で送料がかかったり時間がかかったり。
IMG_1754.jpg

とりあえず箱をあけて中を確認。ForeWindsと書かれています。
IMG_1756.jpg

小型ランタンってこんなに小さいんだなぁ、とあらためて感心。
IMG_1757.jpg


 これは北関東400の前に買って、北関東400の折り返しチェックで使ってみました。
また白馬・木崎湖600では、木崎湖通過チェックの本業・通過チェックの受付机に設置して一晩中焚いてました。
CB缶は途中まで使ってたカートリッジを1本使い切って2本目に交換しましたが、燃費は良いですね。
また、メインのランタンのつもりで持って行った古いコールマンの白ガスランタンは、イワタニと比べてしまうとやたらデカいし、燃料缶やファンネル、燃料抜き取り用のチューブ、ポンピング用のハンドル等々、の備品を加えるとかなりの大がかりな装備。

やはりガスカートリッジの方が使い勝手が良いようです。
そしてCB缶が使えるのは便利だし、ということでバーナーも買ってみることにしました。

こちらはAmazonで3000円ちょっと。


イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3 [HTRC 2.1]

イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3 [HTRC 2.1]

  • 出版社/メーカー: イワタニ(Iwatani)
  • メディア: スポーツ用品
 同じく届いたところ。外箱そのまま写しても(^^;)
IMG_2118.jpg

 ジュニアバーナーの方は、本体だけでなくジュニアカセットガス缶も付属してくるので、梱包に注意書きが。
危険物扱いで航空便使えないんでしょうね。
IMG_2120.jpg


 実際どんな感じか現地での写真は撮ってなかったので、テストで点火。
ランタンはこんな感じ。当たり前ですけど、イグナイターが付いていて点火は超簡単。
マントルは2つ付属してましたが、予備をいくつか買っておいた方がよいでしょう。
イワタニ用のが見つからない場合は、スノーピーク用のでも代用できるらしいです。
IMG_2133.jpg

 ここのところ純正ガスをだいぶ豪勢に使ってしまったこともあって、他社製のカートリッジに切り替えて点灯させてみながら、バーナーも焚いてみました。
IMG_2136.jpg

 意味も無く、ひとりで盛り上がってみたり。

 CB缶を使うバーナー類で言うと、10年ぐらい前から使っているものが別にあったりします。
木炭着火用のバーナーです。これもそういえばイワタニなんですね。
IMG_2122.jpg

 これを持って行くのを忘れたばっかりに、木崎湖では炭火起こしに手間取ってしまいました。
本当はチャコスタとか専用器具を使う方がよいのでしょうが、あるとやっぱり便利です。

 ちなみにCB缶は、ガスの成分の関係で低温環境では使えません。夏場のキャンプとかだとほとんど問題になることはないでしょうしあんまり気にしないでも大丈夫ですが、寒い時期とか高所で使うのであればそういう環境でも使えるガス(成分の配合が異なる)カートリッジを使えばよいそうです。

 他社製カートリッジですが、たとえばこんなのが低温用。
イワタニ製でもパワーゴールドとかがあったはず。

ソト(SOTO) パワーガス 3本パック ST-7601 [HTRC 2.1]

ソト(SOTO) パワーガス 3本パック ST-7601 [HTRC 2.1]

  • 出版社/メーカー: ソト(SOTO)
  • メディア: スポーツ用品

 災害時にも使えるということで、これらの装備は自宅に置いておくことにします。
他の大物は全て外部倉庫にしまってたりするのですが、コンパクトなのが助かります。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


多摩川でたこ焼き [アウトドア]

2014.5.26(月)

 以前はよくやってたのですが、ここしばらくご無沙汰してたご近所デイキャンプ。久々にお誘いがあったので、顔を出してきました。

 全く脈絡は無いのですが、近所のスーパーで買い物をしていて「今日はたこが安い!」というところから、急遽「たこ焼き、焼きますよ」ということに。なんと短絡的な発想w

 とりあえず仕込みは全て家で済ませておきました。万能ネギを刻むのは自宅の方がまだやりやすいですしね。紅生姜を刻むと手が真っ赤に染まってしまいます。
ちゃんと写真撮っておけばよかったかもしれませんが、粉はボウルで溶いておいてから、ペットボトルに移し替えて持参です。蓋したまま振れば撹拌できますしね、携帯にも便利です。ただ、最初からペットボトルで粉を溶くというのはさすがに無理かな?

 たまにはアウトドアに持ち出してみるのもよいものです。たこ焼き器。
焼けば焼いただけ、誰かがほいほいつまんでいきます。
IMG_1738.jpg


 誰が焼いても、たいがいおいしくできるのが助かります。
最初の一回だけお手本?で焼いてみせたら、あとは他の人に勝手に焼いてもらえるという。
IMG_1735.jpg

 トップの天板を入れ替えたら別の用途に使える汎用品だといいのに、と思いながらも、この専用・たこ焼き器、結構重宝しています。持ち歩くにはちょっと大きすぎるので普通に考えると車載とかになっちゃいますけど、外でも一応使えたので楽しみ方が拡がりました。
※風対策しないと、風がある日は使えないかもしれませんけど。

参考:過去ログ

もしかしたら「まかない」用で木崎湖キャンプ場に登場するのか?
(しないって)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。 



GENTOS LEDランタン EX-757MS お手軽照明 単3×4本 [アウトドア]

2014.5.21(水)

 今だと誰もが知っているGENTOSですが、その昔はホームセンターにたまたま置いてあったり、アカリセンターで通販で買ったりしないと入手しづらかったりしました。今だとAmazonでも買えるのでかなりのお手軽調達となりましたけど。

 最初にGENTOSのLEDランタンを買ったのは、たしかGENTOS 閃 SG-305とかをアカリセンターで買うのに、○○円以上になると送料無料というので「これも試しに買ってみようかな?」的なノリでEX-737NXを買ったような記憶があります。ソロキャンプとかでテント内の照明として使うに割とお手頃なコンパクトな筐体で、割と重宝しています。

EX-737NXの後継機? EX-837NX
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ80ルーメン/実用点灯30時間】 EX-837NX

GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ80ルーメン/実用点灯30時間】 EX-837NX

  • 出版社/メーカー: GENTOS(ジェントス)
  • メディア: スポーツ用品

 このEX-737NXをブルベのスタート受付などでも使ってますが、ブルベカードの記入を手元で行う程度であれば、これ1つでも十分事足りたりします。GENTOSは乾電池3本駆動のものが多く、これも単3×3本なのですが、eneloopの充電は4本単位なので、充電時にちょっと使いにくいと感じることもあったりします。

 もう少し光量のあるLEDランタンをひとつ追加したいと思って探してみたのですが、
・価格的にこなれている(新製品ではなくちょい枯れた商品)
・そこそこの明るさ
・使用電池が偶数本数(2本、4本単位)
で選ぶと、EX-757MSというのが良さそうです。

EX-757MS (2014.5.21現在 Amazonで2756円)


GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ150ルーメン/実用点灯20時間】 EX-757MS

GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ150ルーメン/実用点灯20時間】 EX-757MS

  • 出版社/メーカー: GENTOS(ジェントス)
  • メディア: スポーツ用品


 そんなわけでいつものようにAmazonでポチっておいたのが先ほど到着。
gentos_1.JPG

 外箱を剥くと、本体、ストラップ、カラビナ、(テスト用)電池:単3×4本
gentos_2.JPG

 明るさの比較は難しいのですが、一応、比較してみました。
EX-757MS(左)はLEDライトが上から下に照らして、下に反射板があるタイプです。
gentos_3.JPG

 LEDの向きを本体の横についているネジでくるっと回すことができるので、外向きに照射もできます。
本体下にフックがついてるのですが、カラビナを着けて上から下吊りで使うのにも便利でしょう。
gentos_4.JPG

 ワンタッチタープテントから吊して全体の照明としても使えそうかな?とかいろいろ考えてみたり。
※BRM607たまがわ400km北関東の折り返し有人チェックで使用する予定

 屋外で火気OKなところであれば、手持ちのガソリンランタンをメインの照明に使いますが、それとは別にLEDランタンもいくつかあった方が便利でしょう。

 単3のeneloopは手持ちのでも十分まかなえますが、容量の大きいproを少しポチっておこうかなと思ったり……
Panasonicのeneloop proは急に品薄で高くなっているのとロゴがいまひとつなので、Amazonベーシック?
(Panasonicのは2450mAh、Amazonのは2400mAhと若干差がありますが、8本1900円)

 ほんとはLEDじゃなくて、ガス式のポータブルなランタン欲しいんですけどね。
雰囲気的には火の明かりの方が、揺らぎがあったり暖かみがあったり。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。 

前の10件 | - アウトドア ブログトップ