So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年BRM401定峰200おまけ 日の出入り・月の出入り時刻確認 [BRM]

2018.3.8(木)


 もうすぐ春分の日に近づいて来ました。
お正月頃、朝真っ暗だった頃とだいぶ変わって、最近では日の出時刻は早く、日の入り時刻は遅くなってきました。


 ブルベ参加に当たって、本番当日の日の出入り時刻の確認は、なんとなくの習慣で確認する癖がついています。
(スタッフ試走の際は、本番と自分が試走する日の両方)

 BRM401定峰200の本番当日、2018年4月1日の日の出入り時刻(東京)は、
・日の出  5:28
・日の入り 18:02
ということになっています。

 6時スタートと7時スタートの2組がありますが、6時スタート組は5時から受付開始です。
日の出が5:28だとそれより少し早くから空が少しずつ明るくなるので受付開始時点ではヘッドライト(ヘルメットに取り付けたライト)があった方が文字の確認をしやすいぐらいといったところでしょうか。
スタッフが5時前にスタート設営作業をしている時にはまだ暗い状態です。

 ブリーフィングの始まる5時30分は明るくなってますので、スタート時点ではヘッドライトは不要になります。
ただし、雨天・曇天などで視界が悪い場合は、前照灯、尾灯の点灯をする方が安全上望ましいので、十分な電池容量(スペア含む)でライトの用意をすることは前提です。

 帰りが何時になるかは各参加者の走力と途中でどれだけ立ち寄り休憩したか次第のところもあるので何とも言えませんが、6時スタートで12時間で帰って来る、7時スタートで11時間で帰って来る、という人については、日の入り前からライト点灯するにせよ、あまり問題無くゴールにたどり着けるでしょう。

 ゴール手前は、スタート直後にスタートから約800m程度、公園内の通路をちょこちょこっと曲がりながら走って行った反対側からの戻りになるのですが、日没後真っ暗になると実は結構暗くて道がどこにあるかわからず横の植え込みに突っ込んでしまう人もいたりするようです。

 帰りの時間の明るさについては月の出入りと月齢で大きく異なります。それゆえ月についても確認しておくと予想がつきやすいです。

 BRM401定峰200の本番当日、2018年4月1日の月の出入り時刻(東京)は、
・月の出  18:48
・月の入り  6:01
・正午月齢 14.6(ほぼ満月)
ということになっています。

 日の入り時刻が18:02で、満月となる月の出が18:48ということになります。
曇天や雨天でなければ月明かりがあるので、帰りが真っ暗になることは無さそうです。
とはいえ、強力なヘッドライトが最低1灯あると、河川敷など真っ暗なところでは安心して走行することができます。
200kmブルベでもそれらの装備が必要と言われる理由が暗い日には実感できるのですが、今回はそこまで深く思い知ることはできないかもしれません。

 また、6時スタートの受付開始である5時時点でもまだ月は出ているため、真っ暗ではないでしょう。
(ヘッドライトは無くてもまぁ大丈夫かな?)
 
 その後300kmとか走るつもりがあれば、それに合わせた装備で予め走っておくのが良いかもしれません。
ちなみに2週間後のBRM414西上州300では、日の入り時刻が18:13で、新月に近く月は夜出ていません。真っ暗です。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。