So-net無料ブログ作成
検索選択

6年前はブルベ中止 [BRM回想]

2017.3.12(日)

 昨日は3.11 6年前の2011年3月11日に大きな震災が東日本であり、地震、津波という天災、そして原子力発電所の事故という人災の多重苦が発生した日でもありました。

 3.11という日付は、大きな災害の爪痕はいまだに残されたまま、心が痛むことを再度突きつけられる日でした。

 自分自身は、その日たまたま翌日開催予定のBRM312道志みち200の試走に出ていて、帰りの道志みち下りで丁度地震に遭遇したらしいのですが、風にあおられた?ぐらいの感覚でしかなく、本震の揺れに対しての体感は実はなかったりします。

その時のブログ 停電:信号の無い世界

 おそらく体感できなかった事が一番の原因だと思いますが、その時点では「翌日はブルベ開催」を前提に行動していました。道志みち200については、その前に試走したスタッフが凍結で落車したりという道路事情で、当日安全に走ることができるかの最終確認をしたいという理由で前日に試走していたもので、そこがクリアされたので自分の中では「開催できそうでよかった」という判断が先にあったからというのが次の理由になるでしょうか。

 2011年はPBP開催年でもあり、年初から前のめりになって走っていたランドヌールが多かったと思います。
それがこの震災で大幅に状況が変わり、業務や家庭の事情でPBPを諦めたり、SR取得までの計画を組み替える必要に迫られたり、といったことにもなりました。

 2015年のPBPからの人達はあまりよく知らない話だと思いますが、2011年のPBP参加には国別参加枠というものが設けられていて、その参加枠への優先を2010年の認定距離(累計:最高3200km)で決めるという仕組みになっていました。

参考: AJ エントリーの優先権(過去の話です、2011年PBP向け)

 そのため2010年は3200km以上走ろうと、SRを2つプラスαぐらいの計画で走っていた人が多かったのです。
最近は数多くのBRM開催があり年間にその距離を走破するのはわりと難しくはないものとなりましたが、開催があまりない地方の人は遠征中心でかなり多くの時間と費用をかけて参加資格を確実に得ようとしてきた過去がありました。

 2010年のBRMでも実は中止になったブルベがありました。
BRM417本栖みち300、降雪で道志みちがおそらく走れないだろうということで当日スタートに集まったところで、主催者から中止判断を聞くことになったものです。

 2011年のPBP参加枠のために、少しでも認定距離を稼ごうと地方から遠征してきたランドヌールが、この中止で「PBPあきらめた」とその時話していたことが耳に残っています。

(※) 実際は2011年のPBPは国内では参加希望者数が国別の枠に未達となり、2010年の認定距離での優先は実質的に無関係でエントリーできたようです。国別の枠で日本に数多く割り当てられたのは2010年にたくさん走った人達によるものですが……

 後から振り返ると、周りがよく見えていなかっただけなのかもしれません。
が、当時はかなりいっぱいいっぱいで、言葉に言い表せない苦悩がありました。

 ブルベは距離の認定であり、それ以上のものでもそれ以下でもない。

 想定不能な天候による中止は仕方のないことですが、予想できる範囲であれば、天候(気温、降雪、凍結)理由による中止にならないコース設計をすることが、当時の自分にとっては優先されるべきものという認識になったきっかけでもあります。
 凍結リスクが大きい時期に凍結しそうなコースを引くことは、自分に取っては主催者として背信行為だと思っています。

 最近は開催数が増えて、多少ゆがんだコースでも需要があるからいいか、と思える人もいるとは思いますが、基本的なところはきちんと抑えておいた方がよいというのが持論です。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


ゼロリセットから再び始めるブルベ準備 [トレーニング]

2017.3.6(月)

 先日、ついうっかり定峰200にエントリーしてしまいました。当日まで4週間切ってますね。

 冬場どころか昨年1年間に自転車に乗ったのはほんの数回。200km走ったのは1回だけ。
すっかり自転車に乗れない体に落ちぶれているところから、再び少し準備を始めてみようということで。

 自転車整備、ウェア類購入、なども必要ですが、とりあえず雨の日でもできることとして、
近所のプールに行って少し泳いで(歩いて)きました。
ゆっくりなら30分ぐらいは泳げましたが、ほんとにゆっくり……
あとはひたすら歩くぐらい。こちらも鈍い。

 天候が今ひとつだったらDNSする可能性が高いですが、そうでなければ出走してみたい。
そのくらいの低いモチベーションから準備開始します。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。



2017年BRM402たまがわ200km定峰 一般エントリー受付開始 [BRM]

2017.2.26(日)

 春の定峰、BRM402たまがわ200km定峰の一般エントリーが受付開始されたようです。
詳しくは、AJたまがわサイトをよくお読みの上、スポーツエントリーからお申し込み下さい。
例年、春の定峰のエントリーはエントリー開始日で定員到達することが多いので、確実に参加したい方はお早めにどうぞ。

AJたまがわ(トップ)

AJたまがわ BRM402定峰200

 春の定峰は、東京近郊で開催されるブルベの中では比較的難易度を抑えてあり、初めてブルベを走る人にも十分門戸が開かれているものです。多くのランドヌールが定峰200でブルベデビューを飾っています。
ただし都市型ブルベ(造語:交通過密地帯を走ることがあり信号、渋滞の時間ロスがあるもの)であることから、もともと都市部にお住まい自転車乗りを前提にしています。
交通事情のよい他地域から参加される場合は、ご自身の常識とは異なるストレスを感じる走行エリアが一部入りますのでご注意下さい。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

プレミアムフライデー 前日移動に活用可能? [その他雑談]

2017.2.22(水)


 また、アホな……という気がしなくもないですが、
 なんだかんだと理由をつけて、月末・金曜日の夕方早めに退社できるのは、
ちょっと離れた遠征ブルベの前日移動に使えるかもしれません。

 全ての人が同じように使える技ではないでしょう。
それでも、杓子定規な職場であるほど、「お上の理由」を突きつけて、
なんとか調整可能に持ち込むことはできるかもしれません。

 自分の場合は、またちょっと違うのですが、某遠征ブルベの際に、
 どうしても午後半休、またはお休みにできなかった場合は、
「プレミアムフライデーなので夕方早めにあがります」宣言をして、
前日移動しちゃおうかな、とか妄想していたりします。

(おまけ)
 制度とか試みという点では、個人的には本当に「アホ」だとしか思えない企画ですが、
おそらくそんなのがまかり通る(と考えている小役人とか取り巻き)のが今の日本ということで。
利用できるなら利用する、できないなら冷ややかに、でよいと思います。

 ちなみに、外資系プロジェクトによく入ってたりするのですが、
金曜日の午後は毎週たいがい早めに上がります。外人は、ですけどね。
自分が管理者として指示出しできる場合は、日本人も同じように帰しちゃいますけど。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

2017年 BRM311たまがわ200kmやまゆり エントリー受付中 [BRM]

2017.2.6(日)

 BRM311たまがわ200kmやまゆり(やまゆり200)の一般エントリー受付中となっています。
すでに7時スタートは定員で締め切られているようですが、6時スタートは残席ありとのこと。
参加したい方はAJたまがわサイトを熟読して、スポーツエントリーからお早めにお申し込みを。

やまゆり200

 新コース、ということのようですが、一般公開されているサイト情報からコースは、
「二子玉川〜横浜〜鎌倉山〜小田原〜震生湖〜ヤビツ峠〜津久井湖〜二子玉川」
ということで、概要マップから推測できることも多いと思います。

 たまがわブルベをいくつか走られている方なら、コースの半分以上が既存BRMで走行済でしょう。
走ったことがないのは、おそらく「鎌倉山」、「震生湖」(やまゆりライン)
あと、たまがわではお初でしょうが、自転車乗りとしては走ったことがあるだろう「ヤビツ峠」も
どうやら含まれているようです。そして、最後はだめ押しで尾根幹ですかね。

 コースはキューシート(確定版)が出るまで最後までわかりませんが、そのあたりを念頭に置いてみると、
結構「だまし」要素が入っているリスクのあるコースです。
市街地の信号峠と自然渋滞、それなりの地味なアップダウンと大ボス・ヤビツ峠、裏ヤビ(下り)は対向車注意。
天候が悪かった場合は、下りで稼ぐことはできません。
それなりに足があるか、すでに走り込んでいる状態でないと、結構厳しい走行になる可能性が高いです。
このレベルは初心者向けではないです。ご注意ください。

 エントリーしないことには走れませんので、まずはエントリーしてみる、ということでよいと思います。
が、当日の天候によっては「走らない」という選択も十分視野に入れておく必要がありそうです。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


2017年 BRM527十和田200(R札幌主催・青森県八戸発着)エントリー開始 [BRM]

2017.2.1(水)

 エントリー受付開始らしいので、いましがたスポーツエントリーからポチってきました。

ランドヌール札幌主催、BRM527札幌200km(十和田クラシック)

※エントリー前に必ずR札幌の案内ページをよくお読みください。


 十和田200は、VCR青葉、R東京、AJたまがわ、と毎回主催クラブが変わってますが、
中の人(主催担当者)はいつも同じ、おなじみBongoさん、チコリンさんでした。
今年2017年は、R札幌へ移管して、R札幌主催での開催となります。

 実は八戸は、苫小牧<>八戸(シルバーフェリー)を使うと、金曜夜・苫小牧21:15発、土曜早朝4:45八戸着という便があり、料金もかなり低くて済むため北海道(札幌近郊あたり)から遠征で来るには最適な場所なのです。

 東京からだと東北新幹線利用で時間は短いですが料金は高め、前日金曜日の夜に八戸入りして駅前のビジネスホテルに前泊するという必要があります。

 スタッフ配置と運営費を考えると、東京のクラブが八戸遠征BRMを主催するのは費用的に結構きついものがあったりするわけです。費用以外でも運営は大変ですけどね。

 そんなわけで2017年はR札幌主催です。

 2018年以降はもしかしたら地元で新クラブによる開催となるかも?

 4ヶ月ぐらい先の話なので、実際どうなるかわかりませんけど、それまでには自転車で200km走れるように身体を戻しておきたいな、と思う訳です(^^;)



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

アクションカム SONY FDR-X3000R 買っちゃった [ガジェット]

2016.12.29(木)

 機材が無くてしばらくご無沙汰してましたが、今更ながらアクションカムを調達しました。
発売から半年上経っているのですが、買おうと思ってから半年経っているとも言います。

 HDR-AS300とFDR-X3000とで迷ったのですが、ライブビューモニタ付きのFDR-X3000Rをポチッと。
(2016年12月28日現在:56650円、年末の為かあまり安くなってはいません)

 SONY製品買うのは久しぶり。

 年末なので在庫が有・無、amazonでX3000Rは在庫有りだった、AS300Rは在庫無し?というのもあります。

 どこかの空気と共に到着した現物
X3000.jpg

 念のため、MCプロテクターも同時にポチってしまいましたが、
 ハウジング要らないから、MCプロテクター標準で付けて欲しかったと思う次第。

(2016年12月28日現在:3680円、なんとなく割高に感じてしまいますが……レンズ保護として)


ソニー SONY MCプロテクター AKA-MCP1 C SYH

ソニー SONY MCプロテクター AKA-MCP1 C SYH

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: 付属品


 自転車で動画撮るか?
 最近乗ってないのに「外堀からモチベーション上げる戦術」でこちらも到着。

 ハンドルバーマウント
 フレックスタイトっぽい感じ。

HandlebarMount.jpg

 自分の自転車にはRAMマウントがついているので、
先っちょをカメラマウントにすればそのままついてしまうのですがね。

 以前はSONYのコンデジをRAMマウントで固定して動画撮ったりしてましたが、
後継機はカメラ側本体がゆがんでガタガタになって使えなくなってしまいました。
古いカメラは金属筐体で頑丈でしたけど、プラで重量あると結構キツかったようです。

 そんなわけで純正品をお試しという。
台座の面積が大きいので、うまく固定されて負荷分散してくれるかな、という期待。

 4K撮影、たぶんほとんどしないと思いつつ、お試し撮影用にもメディアは必要ということで、
普段使いのTransendではなく、ちょっとおごってSandisk(ただし輸入版w)
microSDXC.jpg

(2016年12月28日現在:4680円、プライム扱いだと4750円翌日配送可)



 microSDXCカード、ピンキリですが、4K使わなければグレード低くてリーズナブルなものが沢山あるはず。

 あとはバッテリーどうするか?
 互換バッテリーはたいがいROWA製品を使ってましたが、Amazonでそことは違うNewmoreとのをポチっと。

(2016年12月28日現在:1807円)


Newmowa NP-BX1 電池やusb充電器 は NP-BX1 Cyber-shot DSC-RX1 DSC-RX100 FDR-X3000 FDR-X3000R

Newmowa NP-BX1 電池やusb充電器 は NP-BX1 Cyber-shot DSC-RX1 DSC-RX100 FDR-X3000 FDR-X3000R

  • 出版社/メーカー: Newmowa
  • メディア: エレクトロニクス


 充電器というか、USB接続での充電用クレードル(2台同時充電可能)と互換バッテリー2個のセット。
MacやPCにつないでもよいですし、AC電源のUSB給電できるものに接続すればOK。

 とりあえず充電祭りは終えて、最低限の準備は終わりましたが……
ライブビューモニタがあっても、なかなか操作が分かりづらいというのが正直なところ。

 事前知識が無いと結構厳しいですね。

 年末年始の時間がある時に試行錯誤してみることにします。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

五指山 麻婆土鍋ごはん [飲んだり食べたり]

2016.12.13(火)

 かなりご無沙汰してましたが、五指山(神田)で麻婆土鍋ごはんを食べてきました。

 麻婆土鍋ごはん(ランチのみ:900円)
IMG_9313.JPG

 もう何年ぶりでしょう?
 花椒の痺れが強烈で、「こんなに痺れたっけ?」と一口目に悶絶。

 都内で所用があって元々は別のところへランチしに行く予定がたまたま臨時休業日で、滅多に行けないからと神田まで移動して行って来ました。

 やっぱり美味しかったです。
が、量がとても多くて、ひとりで食べきるのは結構きつかったです。
自転車乗ってお腹を空かせた状態だとペロッといけて、大盛りとかもいけるのでしょうが。

 松陰神社前の時もそうでしたが、なんとなく手作り感溢れる感じのお店
IMG_9315.JPG

 ちなみに2016年12月の休業日情報
IMG_9314.JPG


 しばらく前に行ったときは、わざわざ出かけて行ったのに休業日で凹んだことを思い出します。

 松陰神社前にあった頃は、結構頻繁にランチに通っていて、夜も予約して行ったりしてたんですけどね。
テーブル席(4人席)でこぢんまりと集まって飲み食いするにはお勧めです。

 五指山(食べログ)

 五指山(食べログ:移転前の松陰神社前時代のもの)

 五指山の麻婆土鍋ごはんレシピについて、どーのこーの言ってる自分の過去ブログ

 たぶんこの頃、ヒマだったんだわ……(^^;)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

2017年BRM101たまがわ200km三浦 12/8〜エントリー受付開始 [BRM]

2016.12.7(水)

 来年2017年の元旦に走ってしまうという、BRM101たまがわ200km三浦の一般エントリー受付について、
明日、12/8(木)から開始するそうです。

 参加希望の方は、AJたまがわサイトを事前によくお読みのうえエントリー願います。
元旦から走るというより、除夜の鐘を聞きながらスタートしちゃう?という0時スタートです。
通常のブルベとは異なるものなので、夜間走行に不慣れな初心者の方の参加はあまりお勧めできないものとなります。

2017年BRM101三浦200


 今年までと違い、他クラブ同様でスポーツエントリーを使ったエントリーとなります。
参加費は一般1800円です。また、参加費の他にスポーツエントリーへ支払う手数料200円も別途必要です。

 参加費自体が300円ほど値上がりしているのは、AJが徴収する手数料(通称・上納金?)が値上げされるらしいので、それに応じたものとなるようです。各クラブの努力でどうにかできるものではないためご理解ください。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

2016年AJたまがわ忘年会@西伊豆・土肥 [BRM]

2016.12.5(月)

 12/3(土)〜4(日)にかけて、西伊豆・土肥で忘年会でした。
toi_sunset.jpg
(サンセットに間に合わず、伊東園ホテル土肥の部屋から)

 AJたまがわ忘年会は今年で3年目。
 初回は下田、「温泉で宴会」ということで下田聚楽ホテル。

 このときは往路自走(180kmぐらい)で行きましたが宴会後の2次会で爆睡……
 復路は伊豆急下田からあっさり輪行でした。

 下田は少し遠いかな?ということで前回2回目は熱海。
 普通の温泉ホテルだとどうしても1万円を軽く超えてしまうので、
 伊東園ホテル系のところでお試しでやってみますか?ということで熱海ニューフジヤホテル
 熱海だと新幹線でもサクッと行き来できたりするので、なにかと忙しい出張族ランドヌールでも
 宴会参加が可能という目論見もあったような気がします。

 このときは往復車で、かつ乗せて貰うという楽々ツアー状態。

 3回目の今年は、どうも自分が「西伊豆がいいな」とか、「土肥ならフェリーか船で」とか、
 テキトーなことを言ってて決まってしまったらしいですが、土肥の伊東園ホテルに。
 ここはたしか昔、土肥大和館というホテルだったはず。大昔に一度泊まったことがあった記憶があったり。

 西伊豆への船ですが、清水〜土肥フェリーはありますが、沼津から土肥へ行く連絡船は2年前ぐらいに廃止になってました。(大汗)

 ということで、今回は自分の車で往復してきました。

 自走や輪行+自走で参加された方の方が大多数ですが、土日ともお天気に恵まれ楽しいサイクリングができたようです。詳しくは実際に走られた方の記録を見るのが一番だと思いますが、土日とも走られているので、伊豆半島のいたるところを徘徊していた軌跡が残されているようです。

 帰りの西伊豆、達磨山高原レストハウスからの眺め
daruma_fuji.jpg

 西伊豆に行くなら、修善寺から達磨山経由で、西伊豆スカイラインというのがこの時期の定番でしょうね。
富士山を背景にして年賀状用の写真を撮るには最適です。

 来年も、いまのところ「伊豆」「温泉」「宴会」という基本は変わらず、おそらく日程も12月最初の週末に固定されるのではないかと予想しています。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。