So-net無料ブログ作成
飲んだり食べたり ブログトップ
前の10件 | 次の10件

木崎湖・通過チェックの隣で肉を焼く [飲んだり食べたり]

2014.7.2(水)

 参加者には過酷なブルベだったようですが、そんなことはお構いなしに我が道を行くあの人……

 通過チェック業務はスタッフのみなさんにお任せして、隣でなにやら勝手に肉を焼いていたようです。
参加者の通過は一瞬、仮眠前後でのんびりした人は多少チラ見したかもしれませんが、実際はこんな感じでしたという記録です。

 木崎湖到着は、6/28(土)13:00少し前。曇ってますがまだ雨は降っていませんでした。
IMG_2063.jpg

 13:15に0時スタートの速い人!オダックス埼玉ジャージを着たじんじんさんが到着。
ここは311km地点、驚異的な速さに(・0・)
IMG_2066.jpg

スタッフはまだ通過チェックの受付開設前、なんとか刺されず間一髪間に合った感じ。
そして、ランドヌール到着とともに雨が降り始めました。ある意味お約束ですね。

じんじんさんはしばし雨宿り休憩されてから再スタート。
ゴール開設前にゴールされちゃうので、まぁ、それはゴール早番担当の方にお任せです。

こちらは、雨が小降りになるのを待って本部テントを開設。
木崎湖キャンプ場の大型テント(学校の運動会とかで使うような三角テント)をご厚意でお借りして、
入口に近い場所に移動しただけですが、これが無かったらホント大変だったと思います。雨だと。

その大型テントの横に、ゴールで使ってる小型の「かんたんタープ」を立ててそこをBBQ小屋に。
ドロップバッグ運搬をするつもりで機材を少し置いてきてしまったので、いくつか不足がありました。
炭火着火用の道具も置いてきた方に残っていて、何もないところから炭起こし。(´・ω・`)
うちの倉庫に長期間デッドストックされていた炭なので、なかなか着火しづらく着火剤を買って来て貰いました。
※次回はチャコスタとか使うこと

他のスタッフはお腹がすいてるでしょうから、とりあえず白ガス・ツーバーナーを引っ張り出して、
シャウエッセン炒めて、
IMG_2068.jpg

ディナーロール(ミニロール)に挟んで食べましょう。
巨大サイズのマイユ&ハインツ攻撃。コストコ基本装備です。
シャウエッセンも1袋約1kg弱。
IMG_2070.jpg

なんとか炭火が安定してきたので、とりあえず肉を試し焼き。
IMG_2078.jpg

円安でだいぶ価格があがり、さらにちょっとだけ奮発してサーロイン(^^;)
IMG_2071.jpg

焚火台Lは10年ぐらい前に買ったものでしょうか。
ほとんどがデイキャンプBBQでしか使ってませんが、久々に泊まりで引っ張り出してきました。
焚火台専用のグリルは高いので実は持ってなかったり。
自宅で使ってる肉焼き用のグリルパンで焼いてしまいます。

焼き跡が入るのは視覚的にステーキっぽいのと、余分な脂が下に落ちてその脂で焼けるという相乗効果?
IMG_2072.jpg

USビーフは赤身です。
ステーキだと、強火でさっと焼いてしまう方が簡単です。
片面焼いて、90度ずらして焼いて、ひっくり返すとこんな感じ。
IMG_2073.jpg

 外は焼けてますが、中はレア。
人によって基準がだいぶことなりますが、勝手にミディアムレアと言い張っておきます。(たぶんレアに近い)

 グリルから降ろしてアルミホイルで巻いてしばらく保温して肉汁を落ち着かせてから、
おもむろに包丁で切り分けていきます。
まぁ、みなさん肉を切るナイフとか持ってきてないでしょうし、お箸で食べられるようにサービスサービス。
IMG_2077.jpg

 下味はクレージーソルト、ステーキソースは後付けでキッコーマン・ステーキしょうゆ
これだけでホントんまいっ!んです。

 普段は田子にんにくをスライスしてオリーブオイルでじっくり炒めて使ったりしますが、今回は省略。

 えっと、一応言っておくと、これはあくまでも「スタッフのまかない」です。
参加者用ではございません。念のため。

 そして、肉焼くのに飽きたのでちょっと休憩。ホットドッグを試しに作ってみます。
その場の調理器具と炭火の具合で、どのくらいの調理時間で提供できるかテストですね。

 グリルパンでホットドッグ用のソーセージを焼きつつ、となりでアルミホイルに巻いたパンを温める。
IMG_2079.jpg

 ソーセージに火が通るまでの時間次第、さほどお待たせすることなく作れそう。

 で、こちらもマイユの粒マスタード&ハインツケチャップというコンビネーション。
瓶詰めのザワークラウト、買っておけばよかったかな?とも思いますが、まぁ今回はこれで十分。
IMG_2080.jpg


 夜も更けてきて、となりの通過チェック本部では、たまに参加者がやってきます。
IMG_2081.jpg

 さて次はなにを焼きましょう?
離れた場所に直置きにしたランタンは、虫除け対策です。夜になると虫がすごい。
※本当はランタンポールが必要です。
IMG_2082.jpg

 高い肉には限りがありますので、比較的リーズナブルな肉も焼いてみましょう。
肩ロース・焼肉用。ただし、日本のふつうのステーキぐらいのサイズと厚みw
IMG_2083.jpg

 普段使いにはこれでも十分でしょう。やはりステーキしょうゆでいただきます。(画像無し)

 そして更に夜も更けて。6時スタートの通過チェックもほぼ終わりという頃に深夜のおつまみ。
コストコ調達でなんでも済ませてしまうわけですが、シーフードアヒージョ!!
IMG_2084.jpg

 パックを開けるとこんな感じ。
オリーブオイル、ローズマリー、にんにく、までついてて、あとは炒めるだけ。
IMG_2085.jpg

 通過チェック業務が終了したら、スタッフのみなさんに食べてもらいましょう。
横に見えるアルミホイルは、ベーグルを温めています。
IMG_2089.jpg

 4時をまわって、あとは手前のPC6白馬でDNFした参加者が木崎湖へ仮眠しに到着するのを待つだけ。
予定よりもだいぶおしてますが、スタッフが仮眠する前に夜が明け始めてきます。 

 木崎湖を最後に再スタートした参加者を見送った後、雨は止みました。(これもお約束)
IMG_2095.jpg

 DNFされた参加者の自転車たち、木崎湖のラックがいっぱいでこの他にも立て掛けてありました。
IMG_2096.jpg

 いやぁ、すがすがしい夜明けですね。
ランドヌールが立ち去るか、走るのを止めた人だけがいる時は綺麗に晴れている。
IMG_2097.jpg

 この後、サクッと仮眠できたか?というとそんなこともなく、
リタイアされた方がたどり着いてホットドッグを作ったり、一息ついて本当に仮眠に入れたのはもうすっかり陽が昇った5時半頃でした。

 そして、みなさん気を遣っていただいたのでしょうが、5時半から10分置きぐらいに入るDNF連絡。
ありがとうございます。きちんと連絡していただけるのが大切です。
とはいうもの、まさかこんな時間まで仮眠できないとは想定していなかったので、個人的には代表電話と表示してある携帯を握りしめながら超細切れ仮眠。本部テント横付けの車のカーゴルームでちょっと横になっただけでした。

 本来ならここまでで終わりで7時起床、片付け、8時撤収、だったのですが、まだ食材が余ってます。
そして、お腹を空かせたランドヌールがのそのそと起きてきます。

 炭火がほぼ落ちてしまっているので、なんとか復活させようとしますが時間がかかりそう。
仕方が無いので手抜きでバーナーで焼いてしまいましょう。

 プルコギビーフは食べきっておかないとたいへん。ほれほれ、すぐ焼けますよ〜
IMG_2102.jpg

そして、まかない2パック目のサーロインも大盤振る舞いで焼いてしまいましょう。IMG_2104.jpg

 スタッフが個人的に別途調達してきた白米の残りを少しいただいて、
ステーキどーん! いわゆるオン・ザ・ライスですね。
IMG_2106.jpg

 これにて終了です。朝のフードサービスまでやってしまった関係上、撤収が2時間おしorz
ドロップバッグ搬送担当、がんちょ号は風呂にも入らずゴールへ直行。
機材搬送担当のうちの車は、ゆーぷるに立ち寄って一風呂あびてから1時間遅れでゴールへ。
ちなみにスタッフは土曜日午後1時から日曜日朝10時までほとんど休憩無しで稼働。
(その前に金曜22時半過ぎから0時スタート、土曜日朝5時から6時スタート、その後朝食MTG挟んでそのまま木崎湖へ移動で、実はほとんど休み無しで金曜夜から日曜深夜まで稼働)
さすがブラック運営。私は細切れ仮眠で1時間程度寝ましたが、金曜日の晩が睡眠1時間半、土曜日の晩?が1時間とあわせて2時間半程度?東京から安曇野の往復運転もあって、走ってないけど車でも結構疲れるのです。

ずっと肉を焼き続けるということができて、ある意味「肉充!」で満たされた気分で木崎湖を後にしました。
そういう意味では、勝手に楽しく盛り上がっていた週末野外遊びだったかもしれません。
え?これってブルベと関係あるの?(全く無いです)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

LINE WINE DINING 二子玉川の小さなワインダイニング [飲んだり食べたり]

2013.12.4(水)

 昨晩、ちょろっとワインを飲みながら「忘年会という名の半分打ち合わせ?」をやってきました。
突発的な開催で少人数、このタイミングで来られる人限定という感じですけど。

 地元民、または地元民に連れられてたまたま足を運んだことのあるお客さんぐらいしかいないのでは?
という、小さなワインダイニング屋さんです。近所の友人に「結構いいお店ができたんですよ」と教えて貰って、過去何度か訪問してます。

LINE WINE DINING

 グラスで泡が頼めるのが嬉しいので、最初はついこうなります。
IMG_0693.jpg

 ちなみにスパークリングワインで500円。リーズナブルなのが好きな私はこちらをチョイス。
ちょっと遅れて到着した、鬼隊長はさすが本物志向、シャンパーニュで800円w

 とりあえず、チーズ盛り合わせ(5種)
IMG_0695.jpg

オリーブ
IMG_0696.jpg

そういえば、ピクルス
IMG_0697.jpg

2杯目からはボトルで。今回6人で、ちょうどいいぐあいにシェアできます。
ここのお店、リーズナブルなワインを置いてあって、入口側の棚に「ボトルにホワイトマジックで価格を書いてある状態」で並んでいます。

ワインとか美味しければよいと思うだけで、詳しくはないので、お店の方に相談していくつか候補を出してもらってそこからチョイスしていきます。

最初は、シャルドネ(白)から。
IMG_0699.jpg

適当に何本か飲んでいきます。
1本3000円ぐらいだと、6人でシェアして1杯分500円程度。
それより高いのも飲んでますが、グラスワインも500円〜で、結構たっぷり飲めます。

料理の方も適当にちょっとずつ。これ、りんごが旨かった。
IMG_0700.jpg

肉もね、旨旨です。
IMG_0701.jpg

最後に、ふぃりっぷさんのジェラート(だっけ?、そんな名前がついているのです)
4人前頼んで、6人分に取り分けてくれました。
IMG_0702.jpg

スタートが遅かったこともありますが、すっかりいい時間になってしまって……
地元民3人以外は、終電を気にしながらなんとか離脱して帰還していきました。

(おまけ)
ちなみに、ちっとも「忘年会」っぽい雰囲気にはならず、また別途開催ということになったらしいです。
おそらく「やりなおし」スタンプが押された状態かも。(´・ω・`)

とりあえず、いろいろ決まってないとか、アナウンスできてないのは全て代表(の出来)が悪いってことで。
ひとつひとつ順番にしか処理できないシングルタスクなもので。勘弁してください。

↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


鯉川温泉旅館   [飲んだり食べたり]

2013.10.29(火)

 10/25(金)〜26(土)にかけて、ニセコ(住所は磯谷郡蘭越町)にある鯉川温泉旅館に泊まってきました。

本隊の観楓会より1日早い前泊ですね。

 お昼に札幌をスタート、よしださんの車にピックアップしてもらって鯉川温泉まで走ります。前夜、飲み過ぎでいまひとつ調子がよくなくて、半分おしゃべり、途中からうつらうつらと居眠りしちゃったり(汗)
夕方4時頃に到着。部屋に入って少し横になって休んでました。
(この写真は翌朝)
IMG_0228.jpg

 5時過ぎに旭川の田中さんが登場。昨晩一緒だった羽幌のタナカ大王さんからタナカスイッチ。
かるくお風呂に入ってから、6時半頃に温泉旅館の晩ご飯となりました。

 とりあえずグラスにピール1杯もらいますが、ちょこっと飲む分にはOK。でもぐいぐい飲めるほどにはまだ回復しておらず。といったところ。

ぱっと見豪華!ということはないですが、ひとつひとつがしっかりしたお料理で、量もおっさんには丁度よい。
IMG_0218.jpg

こういうのが、ホッとしたり。
IMG_0221.jpg

お刺身
IMG_0222.jpg

秋刀魚
IMG_0223.jpg

ミニ石狩鍋
IMG_0225.jpg

 ブルベ話だったり自転車話だったりをしながら、夜10時頃にはなんとなくお開き。
私はもう一度軽くお風呂に入ってから最後に就寝となりました。

 翌朝は8時から朝ご飯。
7時〜9時は昨晩とお風呂が男女入れ替えとなるらしいので、7時過ぎてから朝風呂へ。

フロントのあたり、昭和テイストが残るといっても私が生まれる前?ぐらいの頃の建物でしょうか。
DSC_0517.jpg

ひなびた感じがいい味出してます。
DSC_0518.jpg

渡り廊下で温泉浴場へ
DSC_0519.jpg


DSC_0520.jpg

窓の外には紅葉が
DSC_0521.jpg

おそらく外の露天風呂から見えるあたりの景色(これは浴室でなく建物の窓から)
DSC_0522.jpg

浴場の入口
DSC_0524.jpg

自分が子供の頃に住んでいた家よりも古い年代のような感覚が。
DSC_0525.jpg

御注意
DSC_0534.jpg


DSC_0553.jpg

朝ご飯、古い旅館なので夜も朝も部屋食でお膳に載せてやってきます。
IMG_0227.jpg

9時から、よしださん、田中さんはサイクリングというので支度をします。
私は雨予報だったので自転車を持ってきておらず、その間、よしださんの車を借りてプチ観光ドライブということで。


↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。





炭火焼千生 塩ジンギスカン旨い! [飲んだり食べたり]

2013.10.28(月)

 先週木曜日の晩は、すすきので塩ジンギスカン。

 元々は自転車を担いで行くはずだったので、時間は少し余裕のあるフライトで羽田から千歳に飛びました。例によって羽田で昼ビールからスタートしたのが運の尽き? 
千歳からは札幌までJRで行く方が早いですが、急ぐ必要は無いので自転車無しでも空港連絡バスを使います。
IMG_0172.jpg

新千歳空港から札幌市内のホテルまでは早くて60分、直行でなければこの日のお宿となる札幌グランドホテルまでは75分ということでした。14番乗り場から15:42発のバスに乗って、到着したのは16:55頃でしょうか。

IMG_0175.jpg

 17:00にチェックイン。
JAL便で航空券+ホテルのダイナミックパッケージ扱いで、割と安くとれたチケットです。(木曜発、木曜一泊のみ、日曜帰りで取りました。日によって価格はかなり変動します)
IMG_0186.jpg

札幌グランドホテルは老舗ホテルですが、つい最近一部の館内をリニューアルしたとか。パッケージ扱いだからこれから改装する方の古い部屋だろうと思っていたら…
 禁煙シングルに空きが無いとかで、東館のツインをシングルユースで、という案内になってました。
えっと、さすがにこれは勿体ない気がするのですが。

IMG_0183.jpg

小一時間ほど休憩してから、塩ジンギスカンを食べにひとりですすきのへ向かいます。18時現地集合、とだけ聞いてますが、お店がちゃんとわかるかが問題。

グランドホテルからは大通公園をまたいで行きますが、少し肌寒いもの地下通路よりは景色の見える地上の方がわかりやすいので、のんびり歩いていきます。
IMG_0187.jpg

 どうもお店は「蝦蟇金」(がまがね)というお店の中にあるらしい、というのでなんとか探し当てて到着。
IMG_0202.jpg

雑居ビルのなかのお店で、それらしき場所へ行くと入り口にはこんな札が。
IMG_0195.jpg

蝦蟇金の中にあるというか、居抜き?仕組みがよくわかってませんが、とりあえず入ります。

既に、羽幌のタナカ大王さんが先に来ていましたが、一瞬わからなかったらしく(汗)
えっと、たしかにだいぶ肥ってますから最近会う人ごとに「え?」って別人認定されるのは慣れてますが。
2011年のPBP仲間ですが、タナカ大王さんとは久しぶり。まぁ、そういうことにしておきましょう。

とりあえず飲むでしょう!ってことで飲み放題90分1500円だかを開始。
すぐに、よしださんも到着して合流。塩ジンギスカンからスタートします。
よしださんとは、今年フレッシュを一緒に走ってますが、その時よりもだいぶ私はデラックス化が進んでいます。

そんなことは置いといて、
見るからに旨そうな肉。期待値が高まります。
IMG_0196.jpg

とりあえず焼きつつ。
IMG_0197.jpg

さっと焼けたところで、ネギ塩を載せていただきます。
これは旨いわ〜♪
IMG_0198.jpg

ホルモン?も焼いてみて。
IMG_0199.jpg

千生(センナリ)というお店は、塩ジンギスカンのお店という訳じゃ無いらしく、本店というか別のところから必要な分だけ塩ジンギスカンは仕入れてくるとかこないとか。
他のメニューも普通に旨い店です。

手羽も旨かったです。
IMG_0200.jpg

千生でたらふく食べたあとは、よしださん行きつけの「スナックとも」に移動。
第3グリーンビル6階にあります。
IMG_0213.jpg

私は2年振りに来たわけですが、スナックなのに、飲み放題なのに、なぜか日本酒が置いてある。
IMG_0203.jpg

本来の使命は、よしださんが入れてるボトル、ラフロイグを飲み尽くしてニューボトルを入れさせる、ということだったはずですが、さすがにそれは難しかったようです。

IMG_0207.jpg

小腹が空いたところに、おにぎりが出てきたり。
IMG_0204.jpg

日本酒飲みすぎると危ないというのは、前回も経験しているはずですが、やっぱり後で効いてきます。
このあと、よしださんを置いて、タナカ大王さんともう1軒?居酒屋へ立ち寄ってたようですが、ホテルに帰る途中でiPhoneのバッテリー切れで現在地をロスト。酔っ払いの考えることはわからないもので、途中コンビニで複数回買い物をしたらしく、部屋に戻ってきてリュックを開けたらサッポロクラシックが3缶も出てきました。

翌日、天気がイマイチということで、お昼12時にホテル前でピックアップしてもらう約束になっていたことをいいことに、12時までレイトチェックアウト扱いにしてもらってぎりぎりまで爆睡してました。気持ち良く飲んでいるうちはいいですが、やはりビール、日本酒、ウイスキーとはしご酒をすると二日酔いで撃沈するようです。


↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

DRAFT CRAFT [飲んだり食べたり]

2013.10.16(水)

 昨日オープンだったのかな?
二子玉川、玉川高島屋南館の裏手に新しくオープンしたお店です。
たぶん前は炭太朗だったような気がします。そんな場所にオープン。
高島屋南館(新南館)エンポリオアルマーニの向かいです。

 ドラフトキングの系列らしいですが、ビール屋さんです。
DRAFT CRAFT 

IMG_0008.jpg

 とりあえずビール。
IMG_0010.jpg

 フライドポテトはお約束。
IMG_0009.jpg

 こっちもお約束。
IMG_0016.jpg

 本日のビール、メニュー。日によって違うのでしょう。
IMG_0014.jpg

 まだオペレーション慣れてないみたいですが、さくっと1杯飲むにはよさそう。
ここ最近、近所で飲み歩いてなかったので、この後違う店へ(^^;)


↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


おむすびのおおみや 禾生店 [飲んだり食べたり]

2013.9.4(水)

 昨日、ちょっと禾生(かせい)まで「おむすび」食べに行ってきました。

おむすびのおおみや 禾生店

ブルベな人とか、雛鶴経由で富士みちへ走りに行く人にはお馴染みでしょうが、
富士みちとの交差点(今は、禾生第一小前Sに変わったのかな、以前は古川渡S)にある、おむすび屋さん。
大きな看板が出てるので見落とすことは無いでしょう。

昨日は13:20頃に伺いました。
DSC00223.jpg

持ち帰りの人が多いでしょうが、店内でもいただけます。
自転車乗りとしては、店内飲食が助かります。
反射して見えづらいですが、外からみた店内の写真。
DSC00224.jpg

お昼時から少し時間がずれていたので、おひとりさま貸し切り状態。
何にしようかと迷うわけですが、お腹が空いているので、おむすび2個。
うしろに映り込んでるのは、お茶とオマケ(おかず)
DSC00220.jpg

鮭ハラス
DSC00222.jpg

海苔だったっけ?
DSC00221.jpg

時間的に、カウンターの揚げ物パックは少なくなってましたが、
パックでなくて、単品ものでコロッケと唐揚げ。反省の色は無く揚げ物食べ過ぎです。
DSC00219.jpg

疲れていたんだと思いますが、写真がテキトーすぎます。
おしぼり、字がちゃんと読めるようにとか、配慮が足りずw
DSC00218.jpg

そういえば初めて食べたのは、2009年のBRM411青葉300km(当時はAJ神奈川主催)の時。
とりあえずランチミッションで、ここは外せない、という指令があったもので。
その時食べたのは・・・なんだかチョイスが似てるしw
oomiya.jpg

へろへろで死にそうだったのは、おむすび食べて復活しましたけど、
外へ出たら、空はちょっと秋っぽい雲の流れだったりしながら、
やたらと暑いんですよね。(大月で温度表示見たときは34度だったかな)

日陰がない道って、辛いです。
DSC00225.jpg


え?肝心のことが書いてないって?
結局この後、もう少し頑張ってはみたのですが熱中症対策でお昼寝することにして、
タイムアウトすることにしましたよ(^^;)

ちょっと寝てから、全行程回ってきましたけど。

↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


アイスコーヒー飲みたい [飲んだり食べたり]

2013.8.16(金)

 昨晩遅くに帰宅して、今朝起きてみて、当たり前なのですが自分で作ってる水出しアイスコーヒーは冷蔵庫にストック無し。普段でも飲みきって作るまでの間のつなぎが無かったりすると、市販のペットボトル入りアイスコーヒーを飲んでたりしますが、買ってきて家に運んで来るまでが重たかったり。

 以前はよく大量に水物を車で調達しに行ってストックしてたりもしたのですが、最近はあまりストックしていないので、徒歩で行ける近所のスーパーとかで1〜2本ずつ買ってくるのですが。
十六茶(カフェイン無し)とか、ソルティライチとか、野菜ジュースなどと一緒に買うとやっぱり重たい。

 高齢化で爺婆の意見を聞くと、普段なら別だけど夏とか暑い時期はだんだんネットスーパーの宅配頼みになってくるとか言ってたのが、なんとなく理解できるようになってきます。

 さっき、ネットで見つけて頼もうかと思ったら、もう売り切れてたorz


 在庫があったときは、Amazon直(しかもプライム扱い)で1401円(1本あたり117円)
安売りの在庫が切れると、Amazonマーケットプレイスで出店している他の一般のお店から別価格のものが並んでしまいます。

AGF ブレンディボトルコーヒー 無糖 900ml×12本

AGF ブレンディボトルコーヒー 無糖 900ml×12本

  • 出版社/メーカー: AGF
  • メディア: 食品&飲料

 見かけた瞬間に判断してポチらないとダメですね。このあたりは反射神経が鋭くないと(汗)

※その後またAmazonの在庫が復活してたので、
 無糖じゃなくてこちらは低糖ですが1ケース買っちゃいました(^_^;) 8/19(月) 
写真 (2).JPG
フラストレーションフリーパッケージって、ケースそのまま配送ってことでした。
元が輸送用のケースですからこれで十分ですよね。

 Blendy 黒エスプレッソならまだ在庫ある?
Amazon直(しかもプライム扱い)で1656円(1本あたり138円)

AGF ブレンディボトルコーヒー 黒エスプレッソ無糖 900ml×12本

AGF ブレンディボトルコーヒー 黒エスプレッソ無糖 900ml×12本

  • 出版社/メーカー: AGF
  • メディア: 食品&飲料

 UCCのだと、Amazonマーケットプレイスでも、まだ比較的安いのが残ってるみたいですけど、
こちらも、Amazon直で買えたら1050円(1本あたり88円)だったり。

UCC 職人の珈琲 無糖 PET 930ml×12本

UCC 職人の珈琲 無糖 PET 930ml×12本

  • 出版社/メーカー: UCC
  • メディア: 食品&飲料

スーパーの特売みたいな安売りだと、95円とかで買えることもあるとは思うのですが、
自宅まで配送してもらって、というのはやはり違いが大きいです。
スーパーでも4000円とかある一定以上の金額をまとめて買うと、そこから自宅までその日のうちに配送してくれたりもしますけどね。(他の買い物とあわせて行くなら、それもあり?)

 自分で作る水出しコーヒーの方が美味しいといえば、美味しいですけど。(^^;)

ハリオ 水出し珈琲ポット8杯用 1,000ml MCPN-14B

ハリオ 水出し珈琲ポット8杯用 1,000ml MCPN-14B

  • 出版社/メーカー: ハリオ
  • メディア: ホーム&キッチン

↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。



たこ焼き人生・炎たこ試し焼き\(^O^)/ [飲んだり食べたり]

2013.8.11(日)

 では早速、炎たこで試し焼きです。

BGMは、川中美幸、蛸焼き人生。ほんとか?

材料は昨日のうちに、殆ど揃えておきました。

粉もんは粉が大事だと思うのですが、所詮素人なので「たこ焼き粉」に頼ります。
今回はサミット成城店で調達。前々から粉もん売場のあたりをウロウロしてたので当たりはつけてます。
日清製粉の「たこ焼き粉」が売場に3種類ほど置いてあって、その中でこれを選びました。
パッケージの雰囲気とキャッチコピーに吊られてます。(苦笑)
450g入りで約90個とあるので、半量で45個分。だいたい20個焼きの「炎たこ」2回分と読んでおきます。

主役のたこ!
モーリタニア産の「蒸たこ」が100g 178円で特売(らしい?)というので、それを調達。
刺身用として売られてますが、試し焼きなのでブツ切りの少量サイズにしておきます。

天かすも入れた方がきっと美味しいので揃えておきます。
紅生姜、小ねぎ(うまかねぎ)、玉子は、常備品。
DSC_9860.jpg

こちらはトッピング
せっかくなので、オタフクたこ焼きソースを買ってみました。
青のり、カツオパックは、普段からの常備品。
DSC_9867.jpg

とりあえず、たこ焼き粉の袋の裏面の作り方を読んでみましょう。
基本がわかってないときは、まずは忠実に真似してみるところからが鉄則です。
(料理下手な人に限って、いきなりアレンジ?と称して勝手に作ってしまう)

たこ焼きは、メリケン粉(薄力粉)、だしで作るモノだと思ってますが、
たこ焼き粉には元からだしが入ってるようです。
成分表を見たら、ベーキングパウダーも入っているみたいなので、たぶん何も足さずに作って大丈夫そう。

DSC_9872.jpg

ステンレスボウルをキッチンスケールの上に置いてから、スイッチをオン。
ボウル込みでゼロリセットから計量します。(当たり前ですが割と大事)
DSC_9874.jpg

とりあえず、たこ焼き粉450gの半量225gを目安に、224g(キッチンスケールが2g単位計量なので)
DSC_9875.jpg

このボウルだと、水入れたら溢れるかな、ということで大きめのボウルに変更。
少しずつ水を入れて混ぜておきます。
DSC_9877.jpg

あ、玉子忘れた、ってことで後から玉子入れてたりするのは手際の悪い証拠orz
DSC_9876.jpg

作り方には書いてなかったですが、多分生地は少し休ませた方がいいので、
1時間ほど放置プレイ。ここは勝手流というより一般常識に従ってみました。

その間に、炎たこ、開封の儀とかやって遊びつつ、
DSC_9883.jpg

具材の方も用意しておきました。

主役のたこ、元がブツ切りでしたが、さらに少し小さくカットしておきます。
小ネギは小さく切って、紅生姜もみじん切りに。天かすは袋から出して振りかけやすくしておきます。
DSC_9884.jpg

全ての具材の用意ができたところで、炎たこ点火!!
DSC_9886.jpg

フッ素加工のプレートなので、油はあまりひく必要がありませんが、
100均で調達した油ひきを使って、サラダオイルをひいておきます。

休ませておいた生地を再度よくかくはんしてから、だば〜っと。
本当は素人は、こぼさないようにした方がいいのかもしれませんが、
フッ素加工プレートの底力を信じて、いきなりやってしまいます。
DSC_9887.jpg

まずは、たこ投入。
一口サイズに切ってあるので一個ずつでも大丈夫ですが、コスト度外視で二個入りのところもあったり。
テケトーが一番です。
DSC_9888.jpg

続いて、何も考えずに、天かす、紅生姜、小ネギを散らしていきます。
子供が大好きな「くくる」のたこ焼きは、たしか紅生姜が入ってなかったような気がするので、半分は無しで食べ比べてみることにします。
DSC_9889.jpg

軽く焼けたところで半分ぐらい、くるっと回しておきましょう。
フッ素加工最強!すっごい楽にできます。
プレートが鉄じゃないので、たこピンは厳禁。竹串でつっついてひっくり返すことになります。
DSC_9891.jpg

子供にひっくり返させてたところは、途中大丈夫か???という感じになってましたが、
なんとかリカバリー成功。
どれも、たこ焼きっぽく焼けてきました。
DSC_9894.jpg

まずは、子供が味見用に。
DSC_9895.jpg

自分で好きにトッピングしてもらいました。
100均で買ってきた、シリコンはけを使ってソース塗り。
そのあと、同じく100均で買ってきた、細い口が三つになってるソース入れを使ってマヨネーズがけ。
DSC_9878.jpg

あとは、カツオ節と青のりをかけて完成!
DSC_9900.jpg

外はカリっと、中はとろっと、美味しくできたようです。
やっぱりガスですね。カートリッジなので、屋外へ持ち歩き出張も可?
DSC_9906.jpg


自分用も似たような感じでトッピング。
DSC_9905.jpg

今日のところは、基本型で「試し焼き」成功しました。
おいしかったです\(^O^)/
なんちゅー小並感w

↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。
 

たこ焼き器・イワタニ炎たこ 買っちゃった [飲んだり食べたり]

2013.8.11(日)

 あまりに暑すぎて、外遊びは自粛かな、というところですが、昨日子供と話していて何故か急に「たこ焼き」を作ろう!ということになりました。

 で、ポチッと(^^;)

昨日8/10にポチッた価格は3686円でした。今日みたら僅か20円ですが変わって3666円、いずれもAmazon直

イワタニ カセットグリルたこ焼器 炎たこ 20穴 【レシピ・竹串5本付き】 CB-TK-A

イワタニ カセットグリルたこ焼器 炎たこ 20穴 【レシピ・竹串5本付き】 CB-TK-A

  • 出版社/メーカー: イワタニ
  • メディア: ホーム&キッチン


 粉もんは嫌いじゃない方ですが、今はなぜか家に「たこ焼き器」も「たこ焼きプレート」も無し。
ひとり暮らしの頃は、たこ焼きプレートぐらいは持っていたのですが…

 普段は、この手の焼き物器具は鉄が好きなのですが、子供が取り扱うことも考えると加工物の方が便利。
ということで、フッ素加工してあるプレートにしようかな、というのが選択基準の上位に来ました。

あとは、専用品か汎用品か?

汎用のカセットフーの上に載せる、たこ焼きプレートというものもあります。

フッ素加工されたプレートがたぶんお勧め。Amazonで1770円
このあたりでいいかな〜、とも思ったりしたのですが、

イワタニ フッ素加工 たこ焼きプレート CB-P-TAF

イワタニ フッ素加工 たこ焼きプレート CB-P-TAF

  • 出版社/メーカー: イワタニ
  • メディア: ホーム&キッチン

加工無し、手入れがそれなりに必要なのだと、Amazonで891円
ただ、これはシーズニングして、ホントにちゃんと手入れできる人でないと厳しそう。

イワタニ たこ焼プレート CB-P-T

イワタニ たこ焼プレート CB-P-T

  • 出版社/メーカー: イワタニ
  • メディア: ホーム&キッチン


プレートだけ買って上に載せて焼くのもありだと思いつつ、折角だから専用の「たこ焼き器」かな?
ということで、勢いにまかせてポチっとな(^^;)

 たしか近所のスーパーで売ってた価格はほぼ5000円に近い4000円台後半。
それから比べたら割とリーズナブルなAmazon価格かな、ということで。

 関西人じゃないけど、家に「たこ焼き器」があっても別にいいですよね。
ガス式は、外はカリッと、中はトロっと、美味しく仕上がるというので、やはりガスかな、というのもあります。

炎たこ、外箱。わりとコンパクトな箱にぎっしり詰まってます。
この箱に入れて、持ち歩きも可能?(恥ずかしいけど)
DSC_9879.jpg

とりあえず、開封の儀。
DSC_9880.jpg

実際に取り出してみると、本体はこんな感じ。
空気の取り入れ口でもあるのでしょうが、なんとなくいい形。(おっさんは形から入るのです)
DSC_9881.jpg

専用プレート(フッ素加工)を載せてみましょう。
つやつやのプレートで、これなら簡単に作れそう。
DSC_9882.jpg

イワタニのカセットフーなので、ガスもイワタニで。
って、炭火着火用のバーナーを昔から愛用していて、それ用のカセットガスを在庫で持ってただけです。(^^;)
炎たこには付属していません。
DSC_9883.jpg

炎たこ、のカセットガスは、おしりがはみ出る装着方法です。
マグネット式で、カチャッとはめると磁力でカセットガスの頭の部分が器具本体とくっつきます。
DSC_9885.jpg

普段使っているのは、古いものでレバーで固定するようなものなので、ちょっと新鮮です。
ちなみに、イワタニの純正カセットしか装着できない、ということはなく、
社外品のガスもちゃんと装着できました。

試しに点火してみましょう。
説明書通りに、ゆっくり2秒ぐらいかけて回すと着火しました。
DSC_9886.jpg

この角度で見ると、なんとなくカッコイイ。(だから、おっさんは形が大事なのですw)

せっかくですから、試しに焼いて見ましょう!

↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

焼き鳥食べ放題への挑戦・鳥弥三@溝の口 [飲んだり食べたり]

2013.7.11(木)

 昨晩、行ってきました。鳥弥三(とりやさ)

 ブルベな方々、というか某さいたま〜な方の間で、なぜか急に「焼き鳥食べ放題」の話題が盛り上がっていて、溝の口に焼き鳥食べ放題のお店があるよ、ということで「行ったことあります」とツッコミを入れたら、なぜか早速食べに行くメンバーに混ざっていました(^^)

 東急・溝の口駅の西口側に降りて、西口商店街を抜けて少し駅から離れたところにあります。
私は以前何度か来たことがありますが、わりと久しぶりかもしれません。

 3時間、食べ放題・飲み放題(2時間半でラストオーダー)3990円

予約は9人ですが、遅れてくる人もいるので、適当なところで6人からスタート。
見る人が見れば、誰だかわかるかな?
DSC_9718.jpg

飲み放題は、生ビール中心でスタート。
DSC_9715.jpg

最初にセットで何品か頼まずに出てきます。えだまめ、厚焼きたまごetc
とりあえず、すぐに食べて飲めるのは嬉しかったり。
唐揚げもデフォルトで出てきました。

つくねは頼んでおきましょう。
DSC_9717.jpg

もも焼き
DSC_9719.jpg

肝心の焼き鳥を、あんまり撮ってなかったり。(苦笑)

7人目登場
DSC_9731.jpg

遅れてきた、教祖様(なんとなくわかる?)
あまり戦力にはならないという前評判どおりの小食ぶりを発揮。
DSC_9732.jpg

今回、メンバー的には「食べ放題プロ」がいなかったため、破壊的な食べきりはならず。
アルコール飲まない(飲めない)人もいるので、飲みの方でも平凡な記録w

スタートも少しゆっくり目でしたが、終わるのもゆっくり目。
溝の口の夜は、バリカンの出動もなく静かに終了。
DSC_9751.jpg

これも、デブ練のひとつにカウントできるのでしょうか?(^_^;)


↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

前の10件 | 次の10件 飲んだり食べたり ブログトップ