So-net無料ブログ作成
検索選択

GRAND PRIX 4000 700x25C 反射リボン付 [PBP準備]

2011.8.10(水)

PBPは、ブルベでいつも使っているGRAND PRIX 4000の25Cで行くことにします。
乗り心地の点ではいまひとつなので、お尻との兼ね合いを考えると新品のMichelin PRO3の23Cの方が良いのですが、パンクしにくさ(多少の凸凹でも躊躇無く走っていける)とか、タイヤの側面に反射(リフレクター)リボンがついている夜間被視認性の良さとかを考えると、やはりGP4000かなぁ、というところです。

IMG_4540.jpg

うーん、結局コンサバな仕様になるわけですね。
ということで、たぶんいつものこんな感じに落ち着くだろうと予想。

これは今年の恵庭600ゴール時の写真
ライトで照らされると反射リボンが丸く光ります。
DSC03493 (1).jpg

手持ち在庫から2本を新品でおろして履き替えておきます。1本は念のためドロップバッグへ入れておくつもり。
(今回のPBPでのドロップバッグは往路約400kmに設置されるので、約400km、帰りによると800kmぐらいの2回同じバッグを利用できます。万が一タイヤに傷が付いた場合、ドロップバッグまでは応急手当で走るということです。)


人気ブログランキングへ
↑ なんだか悠長だけど大丈夫かい?と、応援クリックしてくれると嬉しいです。


2011PBP 重大事故発生時の緊急連絡先情報申告 8/8(月)までに必須!! [PBP準備]

2011.8.1(月)

PBPへ日本から参加される方、必須です。
AJの2011PBPサイトに次のような案内が掲示されています。
7/30(土)から8/8(月)までに申告する必要がありますので、忘れずに申告しましょう。
なんと、次のような脅し文句が!
申告されない場合には、日本国内で開催されるAudax Japan統轄下の2012年以降BRMへの参加をお断りすることになるでしょう。


重大事故発生時の緊急連絡(内容と申告フォームの書かれてあるページ)

ちなみに私は先ほど申告して、受付番号が51番でした。

登録日時                 : 2011-08-01 16:33:53
受付番号                 : 51

まだ半分以上の方が申告されていないようです。
参加される方は早めにしておきましょう。
(知らない人も多そうなので、友人同士で声をかけあって確認しましょう。)


人気ブログランキングへ

↑PBPの準備も頑張ってね、と応援クリックしてくれると嬉しいです。



フレームナンバー決まる [PBP準備]

2011.7.8(金)

PBPのOrganization Team からメールが届いていました。
フレームナンバーが決まったようです。

Hello,

Your entry to the Paris-Brest-Paris Randonneur 2011 has been processed.

Your frame number is : 4821

For bicycle inspection and to pick up your PBP documents, you will have to bring the acknowledgment of receipt of entry that is attached to this email.
We request that you print it out, and present it at bicycle inspection, on Saturday August 20 or Sunday August 21, at the hour indicated on the document.

We wish you well with your final preparations for PBP. We look forward to seeing you at Guyancourt in August.

The organization team.


frameno.jpg
(※送られて来た参加申込確認の控え上部を切り抜いたもの)

これで正式にPBP参加への登録が無事に完了して、エントリーリストに載っているということになるわけです。
フレームナンバーは参加者の識別番号になるのでしょうが、各PCの通過時間など、ニアリアルタイムでチェックできることになっていたかもしれません。
現地で走りながら呟く余裕(通信手段、コストも含めて)があるかどうか分かりませんが、もしかしたらフレームナンバーで誰がどこにいるかがわかるかもしれません。(^_^;)

twitterでも、何人かの方が呟いていたので、順次連絡が来ているのだろうと思っていましたが、私は比較的遅めの登録だったので、そのうちくるかな〜という感じでのんびり待っていました。

本当にフランスまで行くのかなぁ?

どうやら、本当に行くみたいです。

もう残された日数はわずかです。少しずつ必要な準備は進めていくことにします。
もう一つ文書が添付されていましたが、そちらはPBPで必要となる情報が一式でした。
英語で届いていますが、ゆっくり読みたいと思います。
フランス語だったら全く理解不能ですが、英語ならなんとか読めるはず?)



人気ブログランキングへ

クリックしてくれると嬉しいです。


PBPレジストレーションだいじょぶ? [PBP準備]

2011.6.26(日)

PBPへ参加するための諸手続、プレレジストレーションは出遅れつつも何とか完了、本登録もプレレジストレーションの効力が切れる前に無事完了。これで一安心。と思っていたのが一週間ほどまえのことですが、なぜか昨晩怪しげなメールが来ていました。

[JP-nnnn] Change of PBP 2011 entry

(注:nnnnは個人毎の識別番号)
For your registration to be processed by the organiser of the Paris-Brest-Paris Randonneur, you must indicate your four qualifying brevets. If you do provide three, please complete your application as soon as possible. The processing time of your registration will be about one week.

Once your registration will be processed, you will be alloted a frame badge. Your registration will be final and you cannot change your start time. We remind you that your frame badge number is different from your file number.
After you will be alloted a frame badge, you will be emailed a file providing numerous information about your participation in the Paris-Brest-Paris Randonneur, especially about the bike check, the collection of your brevet card and other items, and the start.
Please print the attached acknowledgment of your registration. You must show it at your arrival in the Gymnase des Droits de l辿omme. You must also show your ID, and your membership card if you are member of the FFCT.

For further information, please email your file administrator : inscription6@paris-brest-paris.org


We wish you a good training, and a safe and enjoyable PBP !

The PBP Organising Board

Your entry has been modified, number: JP-nnnn

Note:  Keep your entry number in order to track your entry:
Entry number=> JP-nnnn
password: ****************


ありゃりゃ?なんだそりゃ?と思って、さきほど添付ファイルpdfで登録時の情報が確認できる)を開いてみると、300kmのところが認定番号消えてます。
前回、更新してもらったメール返信のpdfだとそこにはちゃんと番号が打ち込まれてあって、名前とコース主催クラブもしっかりかいてあるのですが、これはいったい?

300kmは実は今年の一番最初に鎌倉300でクリアしているのですが、なんとなくうちの番号で入れておこうと本栖みち300の認定番号を打ち込んだのがいけなかったのか?とよーく見てみると、日付が違う。別の200の認定番号を打ち込んでたようです。
システム的にバリデーションが無いとは想像しておらず、失敗したようです。
まぁ、国内のBRM参加でスポーツエントリーを使った入力なんかは、まるでバリデーション無いですから、こういうのを過信しちゃいけないのですが。(苦笑)

カーソルあわせると認定番号とか表示されるけど、表示されるだけで、それを一旦記憶しておいて別の項目に手打ちで入力する。(コピペもできません)
認定番号を入力すると、氏名や日付は自動的に表示されるけど、まさか一行まちがえて打ち込んでいたとは・・・
単なる凡ミスなんですけどね。

とりあえず、正しい認定番号を再度打ち込みなおして、「Change」ボタンで更新しておきます。

すると、また同じ文面でのメールが自動返信されてくるわけですが・・・
さすがに大丈夫だといいな。というか、大丈夫でしょう。

フランス語は全くわからないですが、英語も苦手。それでもまだ英語でメールが来てよかった。


人気ブログランキングへ
   ↑ ポチッとおひとつクリックしていただけると嬉しいです。





ヴェロクラブランドヌール青葉ジャージ募集 [PBP準備]

2011.6.9(木)

知ってる人は知ってるでしょうが、今年はPBPが開催されるため、各主催クラブでのジャージ制作が盛んに行われています。PBPではクラブジャージの着用が推奨(というか、プロチームなどスポンサーロゴが入ったようなジャージは使用禁止)されています。
AJのPBP記念ジャージとか、各クラブのジャージを着て走ることになるのでしょう。

青葉でもジャージを制作するという話は聞いていましたが、諸般の事情から若干募集開始が遅くなってしまいました。
私も自分自身で既に、Audax Japan、オダックス埼玉、AJ神奈川、とジャージはいろいろ(しかも複数枚とか半袖、長袖とか)注文済みでジャージ貧乏状態だったりします。

通常の年でもクラブジャージの制作は行われることもありますが、PBP年にまとめてということの方が多いようです。
今年、青葉を走った方、来年もまた青葉で走ろうと思っている方。
よろしければ、半袖ジャージ1枚だけでもオーダーしてみませんか?

ちなみに青葉での制作は上だけですが、
・半袖ジャージ
・長袖ジャージ
・ウインドジャケット(ウインドブレーカー)
・フリースジャケット(フリース裏地付きの暖かいもの)
というラインナップです。
PBPは夏に開催されるものですが、何故フリース?
それは、前回のPBPでかなり寒い思いをされたそうで、そこから必要性を感じてとのことです。(加藤さん談)
もちろん天候次第、個人の体感気温次第というところですが、寒さに弱いかたは装備してもよいアイテムです。
また、PBPに限らず通常のサイクリングやブルベでも、レイヤリングのバリエーションが広がるでしょう。

詳しくは、青葉サイトのジャージ専用ページ  ( / )
を見てくださいね。
2011年6月15日が締め切りらしいので、お早めにどうぞ。

デザイン画よりも実物の方が、結構良い感じに仕上がってたりすると思うので、
しょぼいベランダ撮影写真ですが参考までにUPしておきます。
(写真左:今回制作予定のデザイン、写真右:サンプル作成版の実物:ロゴなど若干デザインが異なります)

aobajersey2011.jpgaobajerseysample.jpg

そこにも書いてありますが、ジャージの絵についての説明を引用しておきます。
青葉代表の加藤さんこだわりの絵です。

ジャージの絵の由来
1891年、通常の自転車レースとして始まった1200kmレースPBPで、206人の出場者のうち優勝したのが眠らずに71時間27分!
で最初にゴールしたのがシャルル・テロンです。この絵は彼を描いたタイル絵で、彼が使ったミシュランタイヤの古い工場の壁を飾っていたものです。
PARIS-BREST1891とCH.TERRONTの文字が入っています。

どうしてこの絵を見つけたのか
この絵は青葉600kmの仮眠所を探しているときに、清里で昼食をとるためにたまたま入ったカフェの壁で見つけました。
そこのオーナーママがロンドンだかパリだかのオークションに出ているのを見つけ、自分の店の壁を飾るのに好適と思い手に入れたのだそうです。
そして仮眠所はそのママの紹介で、隣にあるロッジこすもすを使うようになったというわけです。
カフェの名はEPHEMERE(エフェメール)、ロッジこすもすの隣にあるしゃれたログキャビン風の建物ですので現地に行けばすぐ分かります。
これ以外にもミシュランに縁のあるクラシックカーの絵タイルがたくさん店を飾っているとてもおしゃれな店です。
クルマ好きな人もたまらない興味をかきたてられると思います。機会があったらぜひ見てください。美人のママが歓迎してくれますョ。


追記:ジャージデザインについてですが、ロゴの入り方については、若干リファインする可能性があるようです。
   大きなデザイン変更はありませんので、PBP由来の絵などが気に入った方は是非、どうぞ。


人気ブログランキングへ
   ↑ ポチッとおひとつクリックしていただけると嬉しいです。



2011PBPへ行こう! [PBP準備]

2011.2.4(金)

2011年、今年開催されるPBP
17ème PARIS BREST PARIS Randonneur
主催  :オダックス・クラブ・パリジャン(ACP, Audax Club Parisien)
開催日程:2011年8月21日〜25日

参加資格2010年11月〜2011年7月にBRM200、300、400、600の認定を取得していること


参加するには国内事前登録が必要になります。

(日本の参加者枠は288人)

国内事前登録期間   1月6日~2月5日

 

 

国内事前登録できる方 AJ会員、一般いずれの方も登録できます。

この国内事前登録の締め切りは2011.2.5です。
距離別優先順位とかいろいろ難しい話があったかもしれませんが、
予想以上に日本に枠が割り当てられたため、
おそらく昨年それほど走っていない人でも国内事前登録をすれば、
抽選無しでPBPのエントリー権がもらえる可能性が高いです。
場合によっては、昨年実績ゼロでも大丈夫でしょう。
もし、行ってみたいと少しでも考えていたことがある人は、
今晩中に検討してみて明日までに事前登録を済ませることをお勧めします。
その次は4年後です。

続きを読む


PBP国別割当が公式発表 [PBP準備]

2011.1.10(月)

今日の午後あたり、ツイッターでやたらとPBPの話が流れて来るので何だろう?と思っていたら、
PBP公式サイトに国別の参加者割当が正式に発表されていたようです。


それによると、全体で6000人で日本は288人とのこと。

日本からはAJがとりまとめになってPBPへエントリーするため、すでに1/6から国内事前登録が始まっています。
2010年の走行距離に応じて、日本へ割り当てられた参加枠への優先順位が決まる仕組みで、これは2010年シーズンが始まる前にアナウンスされていた通りです。

この人数が多いか少ないかは蓋を開けてみなければ分かりませんが、
個人的には予想していたよりも若干多いぐらいで、これならば3200km以上頑張って走り抜いてきた人達が、
抽選で落ちるというようなことがなくPBPへエントリーできるのではないかと期待しています。

2007年やその前に参加している人達と、2011年で初めてPBPへチャレンジしようという人達の間では、多少温度差があるような気がします。国内でのブルベ人口が増えて来た事や、自転車自体がブームになってきていることも相まって新しくチャンレンジする人は確実に増えているのでなるべく広く門戸が開かれていることが望ましいと思います。


人気ブログランキングへ 
PBPまで行けたらいいね、と思った方は、
おひとつ(上の画像を)クリックお願いします。


PBP国内事前登録スタート [PBP準備]

2011.1.6(木)

AJのPBP特設ページである、2011PBP にて、ついにというかようやくというか、
国内事前登録の受け付けが開始されたようです。

本日2011年1月6日から2月5日までの1ヶ月間、受付は行われています。
これは事前登録ですから、急ぐ必要はありません。
落ち着いて、正しいデータ入力をするようにしましょう。

詳しくは、国内事前登録のページを熟読することから始まります。
そこに書いてあることを読めば、事前登録については理解できると思います。

ここから先はワンポイントアドバイスというか、お願いというか。


続きを読む


2011年1月BRM参加予定 [PBP準備]

2010.12.1(水)

本日12月1日から、スポーツエントリーにて来年2011年のAudax Japan BRM募集が始まりました。


開催2ヶ月前あたりになってから募集開始するBRMもありますが、1月開催分についてはおそらく全て募集開始されています。

昨年の1月は、逗子200kmを1本走って、鎌倉300kmは地元の人が楽しみにしてるだろうからとエントリーを遠慮して走りませんでした。
今年の1月は、逗子200km、鎌倉300km、とAJ神奈川主催の逗子・鎌倉シリーズを2本とも走りました。

ということで、私の来年1月の予定です。

続きを読む


2011 SRヘの道 [PBP準備]

2010.11.29(月)

そろそろ来年のブルベの予定を立てる時期になりました。
PBPへエントリーするためには国内の参加枠に入れてもらえるという条件の他に、2011年の早い時期にその年のSR.を獲得することも必要です。

今年は1月から200kmを走り始めましたが、最初の600kmは沼津クラシックに出たかったものスケジュールが合わず、翌週の埼玉600アタック会津は途中初めてのメカトラでDNFとなりました。
その翌週の千葉600(茂木)は、ぎりぎりまでエントリーが受け付けられていたので保険でエントリーして、子供の授業参観日を休んで走って、なんとかSRを確保できた次第です。
※1000kmや1200kmでは600kmの代替とは認められないため、600kmを最低1本走る必要があります

来年の日程を見ると、うーん、やはり600kmの日程が厳しそうな予感がします。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。