So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年 BRM402たまがわ200km定峰 初めての(参加者)出走 その1 [BRM]

2017.4.3(月)

 昨日、AJたまがわ主催、BRM402定峰200 走ってきました。

 定峰200は、2012年から毎年開催していますが、今回初めて参加者として本番当日を走ることができました。
※2012年はVCR青葉としてBRM414青葉200km定峰として開催。

 2015年のPBPを最後にほぼ自転車に乗ることは無くなっていたので、昨年2016年の十和田200(試走)で走ったことが間にあるもの、かなり久しぶりのブルベ参加でした。

 3月から少しだけ運動再開したもの自転車自体には1回(50km程度)ポタリングで乗れただけで、直前に自転車をオーバーホールに出したこととあわせて、ほとんど身体の準備が整わない状態でのぶっつけ本番でしたが……

 エントリーは6時スタート

 4時半起床、支度をしてから5時過ぎに自宅をスタート、5時20分には受付を終えましたがW0(6時00分スタート)でした。
2017BRM402st.jpg


 前日、土曜日までは天候がかなり悪かったのですが、試走スタッフが露払いをしてくれた(禊?)ことが功を奏したか、天候は晴れ、気温は低めでスタート前は若干冷え込んでましたが、自転車で走るにはちょうど良いぐらい。

 最初に出て、全員にぶち抜かれて行く。

 そんなブルベかな?と思いながらブリーフィングを受けます。
6時スタートでブルベ参加が初めての人として手を上げた人は、あまり多くなかったように見えたのですが、実際どうだったかはわかりません。
(過去、多いときは1回で50名以上初参加という方がいました)

 ソロでちんたら走るつもりが、今回久しぶりに、のんのんが定峰走るらしく、主催者の鎌野隊長から「一緒に走ってください。」と指示があったので、同行することに。

 とは言っても、こちらは身体が鈍りまくってるので、引っ張ってもらう側です(^^;)

 予想として、全行程の8割以上が向かい風基調となるので、なるべく風が穏やかであることを祈りつつ、ゆるゆるとスタートしていきます。

 日曜日の6時スタートは朝の交通量が土曜日と比べてだいぶ少なく、相対的には走りやすいのです。

 多摩川沿いはあまり速度が乗らず、狛江の桜はまだつぼみのまま。帰りに少し咲いているかどうかを期待しつつ進みます。例年よりかなりゆっくりの走行で国立折り返し通過は1時間をだいぶ超えたぐらいの時間になっていました。

 みのわ通り入口から幹線道路に出て、まずは日野橋までが緊張する区間ですが、かなり車が少なくストレス無くあっさり通過。多摩大橋北も堂方上も多摩川を渡る橋へ曲がる左折待ち渋滞は無く拍子抜けでした。堂方上から小荷田の間の新奥多摩街道と東京環状(R16)共用区間も交通量が少なくてガラガラ。やはり日曜日は走りやすいです。

 キューシートには出ていないと思いますが、その先、内出交番前の交差点は第一車線が左折専用レーンで、第二車線が直進レーン、しかも左折信号ありという変則パターンの交差点ですが、ちょっと気を遣いながらクリア。ここを過ぎるとなんとなくのどかな雰囲気になります。

 羽村を抜けて小作のアンダーパスをくぐるって、若干の信号ストップを経てからPC1になんとか到着。レシート受領時刻は8:29

キューシートによる公式の距離は44.6km
6時スタートのクローズ時間は9:15です。(60km以下の計算式は異なります)

 PC1となっているファミリーマート海田岩蔵街道店は、しばらく前に改装されてイートインが出来ています。
折角なのでイートインで少し補給していきいます。
IMG_0048.JPG


 身体が出来てないので、オレンジジュースを即効性の燃料に。おにぎりも食べておきます。

 ウェーブスタートでだいぶばらけてはいるもの、PCとなっているコンビニのトイレは多少混み合います。
ここは男性用1、女性用(専用)1といったところ。

 補給を終えて、再スタートの支度をしたところでトイレ行列が消えていたので、サクッと済ませてから再スタートとしました。

 8:56ぐらいだったと思うので、実際の計算上はほぼオンタイム。貯金無しでの走行です。
通常はここで30分ほどの貯金を持って、それを保険にその後の走行をするのが自分なりのペースですが、走力が無いので今日はギリギリ隊の本当のギリギリを味わうことになるわけです。

(たぶん、つづく)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

2017年BRM402たまがわ200km定峰 一般エントリー受付開始 [BRM]

2017.2.26(日)

 春の定峰、BRM402たまがわ200km定峰の一般エントリーが受付開始されたようです。
詳しくは、AJたまがわサイトをよくお読みの上、スポーツエントリーからお申し込み下さい。
例年、春の定峰のエントリーはエントリー開始日で定員到達することが多いので、確実に参加したい方はお早めにどうぞ。

AJたまがわ(トップ)

AJたまがわ BRM402定峰200

 春の定峰は、東京近郊で開催されるブルベの中では比較的難易度を抑えてあり、初めてブルベを走る人にも十分門戸が開かれているものです。多くのランドヌールが定峰200でブルベデビューを飾っています。
ただし都市型ブルベ(造語:交通過密地帯を走ることがあり信号、渋滞の時間ロスがあるもの)であることから、もともと都市部にお住まい自転車乗りを前提にしています。
交通事情のよい他地域から参加される場合は、ご自身の常識とは異なるストレスを感じる走行エリアが一部入りますのでご注意下さい。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

2017年 BRM311たまがわ200kmやまゆり エントリー受付中 [BRM]

2017.2.6(日)

 BRM311たまがわ200kmやまゆり(やまゆり200)の一般エントリー受付中となっています。
すでに7時スタートは定員で締め切られているようですが、6時スタートは残席ありとのこと。
参加したい方はAJたまがわサイトを熟読して、スポーツエントリーからお早めにお申し込みを。

やまゆり200

 新コース、ということのようですが、一般公開されているサイト情報からコースは、
「二子玉川〜横浜〜鎌倉山〜小田原〜震生湖〜ヤビツ峠〜津久井湖〜二子玉川」
ということで、概要マップから推測できることも多いと思います。

 たまがわブルベをいくつか走られている方なら、コースの半分以上が既存BRMで走行済でしょう。
走ったことがないのは、おそらく「鎌倉山」、「震生湖」(やまゆりライン)
あと、たまがわではお初でしょうが、自転車乗りとしては走ったことがあるだろう「ヤビツ峠」も
どうやら含まれているようです。そして、最後はだめ押しで尾根幹ですかね。

 コースはキューシート(確定版)が出るまで最後までわかりませんが、そのあたりを念頭に置いてみると、
結構「だまし」要素が入っているリスクのあるコースです。
市街地の信号峠と自然渋滞、それなりの地味なアップダウンと大ボス・ヤビツ峠、裏ヤビ(下り)は対向車注意。
天候が悪かった場合は、下りで稼ぐことはできません。
それなりに足があるか、すでに走り込んでいる状態でないと、結構厳しい走行になる可能性が高いです。
このレベルは初心者向けではないです。ご注意ください。

 エントリーしないことには走れませんので、まずはエントリーしてみる、ということでよいと思います。
が、当日の天候によっては「走らない」という選択も十分視野に入れておく必要がありそうです。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


2017年 BRM527十和田200(R札幌主催・青森県八戸発着)エントリー開始 [BRM]

2017.2.1(水)

 エントリー受付開始らしいので、いましがたスポーツエントリーからポチってきました。

ランドヌール札幌主催、BRM527札幌200km(十和田クラシック)

※エントリー前に必ずR札幌の案内ページをよくお読みください。


 十和田200は、VCR青葉、R東京、AJたまがわ、と毎回主催クラブが変わってますが、
中の人(主催担当者)はいつも同じ、おなじみBongoさん、チコリンさんでした。
今年2017年は、R札幌へ移管して、R札幌主催での開催となります。

 実は八戸は、苫小牧<>八戸(シルバーフェリー)を使うと、金曜夜・苫小牧21:15発、土曜早朝4:45八戸着という便があり、料金もかなり低くて済むため北海道(札幌近郊あたり)から遠征で来るには最適な場所なのです。

 東京からだと東北新幹線利用で時間は短いですが料金は高め、前日金曜日の夜に八戸入りして駅前のビジネスホテルに前泊するという必要があります。

 スタッフ配置と運営費を考えると、東京のクラブが八戸遠征BRMを主催するのは費用的に結構きついものがあったりするわけです。費用以外でも運営は大変ですけどね。

 そんなわけで2017年はR札幌主催です。

 2018年以降はもしかしたら地元で新クラブによる開催となるかも?

 4ヶ月ぐらい先の話なので、実際どうなるかわかりませんけど、それまでには自転車で200km走れるように身体を戻しておきたいな、と思う訳です(^^;)



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

2017年BRM101たまがわ200km三浦 12/8〜エントリー受付開始 [BRM]

2016.12.7(水)

 来年2017年の元旦に走ってしまうという、BRM101たまがわ200km三浦の一般エントリー受付について、
明日、12/8(木)から開始するそうです。

 参加希望の方は、AJたまがわサイトを事前によくお読みのうえエントリー願います。
元旦から走るというより、除夜の鐘を聞きながらスタートしちゃう?という0時スタートです。
通常のブルベとは異なるものなので、夜間走行に不慣れな初心者の方の参加はあまりお勧めできないものとなります。

2017年BRM101三浦200


 今年までと違い、他クラブ同様でスポーツエントリーを使ったエントリーとなります。
参加費は一般1800円です。また、参加費の他にスポーツエントリーへ支払う手数料200円も別途必要です。

 参加費自体が300円ほど値上がりしているのは、AJが徴収する手数料(通称・上納金?)が値上げされるらしいので、それに応じたものとなるようです。各クラブの努力でどうにかできるものではないためご理解ください。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

2016年AJたまがわ忘年会@西伊豆・土肥 [BRM]

2016.12.5(月)

 12/3(土)〜4(日)にかけて、西伊豆・土肥で忘年会でした。
toi_sunset.jpg
(サンセットに間に合わず、伊東園ホテル土肥の部屋から)

 AJたまがわ忘年会は今年で3年目。
 初回は下田、「温泉で宴会」ということで下田聚楽ホテル。

 このときは往路自走(180kmぐらい)で行きましたが宴会後の2次会で爆睡……
 復路は伊豆急下田からあっさり輪行でした。

 下田は少し遠いかな?ということで前回2回目は熱海。
 普通の温泉ホテルだとどうしても1万円を軽く超えてしまうので、
 伊東園ホテル系のところでお試しでやってみますか?ということで熱海ニューフジヤホテル
 熱海だと新幹線でもサクッと行き来できたりするので、なにかと忙しい出張族ランドヌールでも
 宴会参加が可能という目論見もあったような気がします。

 このときは往復車で、かつ乗せて貰うという楽々ツアー状態。

 3回目の今年は、どうも自分が「西伊豆がいいな」とか、「土肥ならフェリーか船で」とか、
 テキトーなことを言ってて決まってしまったらしいですが、土肥の伊東園ホテルに。
 ここはたしか昔、土肥大和館というホテルだったはず。大昔に一度泊まったことがあった記憶があったり。

 西伊豆への船ですが、清水〜土肥フェリーはありますが、沼津から土肥へ行く連絡船は2年前ぐらいに廃止になってました。(大汗)

 ということで、今回は自分の車で往復してきました。

 自走や輪行+自走で参加された方の方が大多数ですが、土日ともお天気に恵まれ楽しいサイクリングができたようです。詳しくは実際に走られた方の記録を見るのが一番だと思いますが、土日とも走られているので、伊豆半島のいたるところを徘徊していた軌跡が残されているようです。

 帰りの西伊豆、達磨山高原レストハウスからの眺め
daruma_fuji.jpg

 西伊豆に行くなら、修善寺から達磨山経由で、西伊豆スカイラインというのがこの時期の定番でしょうね。
富士山を背景にして年賀状用の写真を撮るには最適です。

 来年も、いまのところ「伊豆」「温泉」「宴会」という基本は変わらず、おそらく日程も12月最初の週末に固定されるのではないかと予想しています。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

2017年 AJたまがわ会員募集 [BRM]

2016.11.29(火)

 AJたまがわ、2017年度の会員募集を行っているようです。
新規30名程度募集とのこと。

AJたまがわ会員募集要項(2017年度)

 2016年度までは、保険加入の期間制約により4/1〜翌年3/31という変則的な期間となっていましたが、
2017年はカレンダー通りの1/1〜12/31という期間に変更されるようです。

 単に走るだけであれば、東京近郊には多くのクラブがあり「所属」する必要はないかもしれません。

 私自身は2016年スタッフ登録でしたが、2017年は一会員としての登録を既に済ませました。
専任スタッフのような作業は行いませんが、秋の片道300kmのゴールの近くはいるような気がします(笑)

 専任でない普通の会員さんが少し手伝えるときは手伝える、というスタイルにより変わっていくのではないかと思っています。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。
 





2017年どこを走るか [BRM]

2016.11.17(木)

 ゼロリセットどころかマイナスからのスタートになりそうですが、来年2017年どこを走ろうか少し考えています。

 所属クラブの来年の予定も出ているので、まずはそこを眺めつつ……

 AJたまがわ 2017年開催予定BRM


 BRM101三浦200?

 いきなりお正月というか大晦日にブリーフィング?ってのがあるらしいですが、さすがにそれはパス。
煩悩だらけではありますが、なにもそんな寒い時期の深夜スタートで修行に出るほどの根性はありません。
 元旦の午前中に初詣も済ませておきたいですしね。

 家庭の事情があるので2月と3月もたぶん難しそうで、もし可能であれば4月から200kmだけ走るかどうか。

 BRM402定峰200(日曜開催)

 こちらはできれば走りたいとは思ってますが、このあたりの予定は直前になるまで分からないので難しいところ。
スタッフは卒業して今は単なる一会員さんでしかないので、当日普通に走るのが原則ですが、日程があわなければ前週試走させて貰うという手が残ってない訳ではありません。その頃までには200km走れるように身体を戻していたいと思う次第。

 あとは遠征で、R札幌主催の

 BRM527十和田クラシック200

 こちらに行けたら遠征で行きたいと思ってます。走れなくてもなんとか現地には足を運びたいところ。

 秋は自分が走れるのがあるかどうか。

 BRM901木崎湖300(金曜夜22時スタート・片道)

 これはなんとなくライフワーク的に「肉焼きおじさん」としての出動を求められているものなので、ゴール地点にあらかじめいる予定にしています。片道だし試走で、ってことはたぶん無さそう。
BRMの正規スタッフとしてではなく、たんなるBBQ要員としての参加ですかね。
まだ先ですが、火器の見直しと増強を検討したいところです。(ブルベと無関係、単なる自分のBBQ趣味の話)

 最後に可能であれば、あの「ないと」さんが主催らしい、

 BRM1001奥多摩200

 きっと楽しいことがあるに違いない!と踏んでいますが(^^;)

 あとは、AJ北海道の予定が出て来て、夏に短い距離があれば参加したいと思うかどうか。

 BRMはたまに200kmを走れればいいかな、という感じです。
 その代わりに、キャンプ行ったり、勝手気ままなサイクリングに行ったり、ということが出来たらいいな。

 ずっと同じことをしていると、たまには違うこともしたくなるわけで、今は気ままに走ることができるようになるのが当面の目標です。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

来年2017年の十和田200クラシックは5/27開催予定 [BRM]

2016.11.15(火)

 先週、ちょこっと行って来た奥入瀬は、すでに晩秋。

それでもレンタカーでぐるっと回ってみると想い出深い十和田200コースは、
また走りたいな、と思わせるものでした。

 来年のBRM開催予定は、主催クラブ毎にタイミングは異なりますが、
少しずつ公開されて来ているようで、R札幌のサイトに出ていました。

ランドヌール札幌

2017年 BRM527十和田200クラシック

 来年の主催は、ランドヌール札幌が担当されることになっています。
再来年は……地元主催になるのかなぁ?

 コース設計八戸学院大学の現・学長ですが、初回開催時からBongoさん、チコリンさんの思い入れのあるコースで、今年の再開前の事前チェックでも別コースの検討を何度か行ってますが、結局元のコースが一番バランスが良いという判断になっていたと思います。
 いまのところ案内を見る限りは来年も同じコースとなるようで、今から楽しみです。


 あまり先の予定は立てにくいのですが、よほどの事がない限り、
来年も遊びに行きたいと思ってます。

 エントリーはすると思いますが、完走する・しない、出走する・しない、はまた別の話。
前夜祭、後夜祭だけは参加必須ですね。(自分の場合)

(おまけ)
 冬っぽくなった奥入瀬も結構素敵でしたよ。
SDIM0201.jpg



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


さよならランドヌール [BRM]

2016.10.22(土)

 今週と来週末で2016年シーズンも終わるようですが、既にこの先予定が無いので一足お先にブルベシーズン終了です。

 今年は、AJたまがわでの主催は最後となる十和田200、本番参加の予定がなんとか1日前倒しで現地入りできたので、前日スタッフ試走で走った1本だけで終わりました。

 春・秋の定峰、どちらもエントリーはしていたのですが、なんだかんだと結局走れず終い。昨年既に決めていたことなので仕方がないですが、今の優先順位はブルベどころか自転車活動すらほとんど時間が取れないのが現実です。

 続けることに意義がある、と思うこともある反面、人生の中ではままならないことも沢山あって、あまり器用ではない自分にとって、いくつかのことを同時並行に全てそつなくこなすことは出来ないということです。

 そのうちまた少し自転車に乗れるようになって、明るい日中に近所をブラブラ走ることもあるかもしれません。ただ、夜間走行の入るような走り方は出来ないだろうな、と思っているのが正直なところです。

 始めるまえに思っていた「SRすげー」「ランドヌールすげー」という感覚がまた自分に戻って来ています。要は、普通の人に戻ったということでしょう。

 昨年まで7シーズンぐらいは、きっと精一杯頑張ってきたのだと思います。
タイトルどおりのブログだったかどうか分かりませんが、ある程度は「極める」ことができたかもしれません。
そんなの単なる自己満足でしかないですけど。

 さよならランドヌール

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。