So-net無料ブログ作成
2017年11月| 2017年12月 |- ブログトップ

2018年BRM101たまがわ200km三浦 エントリー受付終了は12/18(月) [BRM]

2017.12.18(月)


 タイトルどおりです。


 元旦ブルベ、AJたまがわ主催 BRM101三浦200km

ただいまエントリー(いまだにちゃんと)受付中らしいです。勝った!(何が?)


 噂によると結構エントリーされてる方が多いそうですが、残席有りのようです。


 詳しくはAJたまがわサイトをよくお読みください。

参加を希望される方は、各BRMの個別の説明をよくお読みのうえ、AJたまがわサイトからの申し込みが必要となります。


AJたまがわ



AJたまがわ2018年開催予定BRM




(※)エントリー峠なんてものは無いんだよ派を標榜しているので、

  AJたまがわ会員のひとりとして、こっそり素直に嬉しいです。


 ちなみに、AJたまがわの場合、AJたまがわ賛助会員は事前エントリー期間中に手続きしていれば100%参加可能です。そうでない一般の方にも可能な限り受入体制を取っています。瞬殺となるようなブルベはほとんど開催してないからということもあるでしょうけど(^^;)




 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2018年BRM101たまがわ200km三浦 エントリー受付開始は12/11(月)21時から [BRM]

2017.12.10(日)


 既に他のクラブでは2018年開催BRMのエントリー受付は開始されていたりするようですが、
AJたまがわのBRMとしては、明日12/11(月)21時から、BRM101たまがわ200km三浦(通称:三浦200)の一般募集が開始されます。
(※)日付が変わった0時から募集開始するところもありますが、
  2018年はいくつかのクラブで21時受付開始とするところが増えています。ご注意下さい。


 詳しくはAJたまがわサイトをよくお読みください。

参加を希望される方は、各BRMの個別の説明をよくお読みのうえ、AJたまがわサイトからの申し込みが必要となります。


AJたまがわ



AJたまがわ2018年開催予定BRM



 三浦200は、2017年の元旦にも開催されたもので2018年は2回目の開催となります。

年初の200kmですが、深夜スタートの200kmであり、初めて走る人向けのBRMではありません。

募集要項には特に書かれていませんが、400km経験者向けぐらいです。

コース自体の難易度はさほど高くありませんが、冬の深夜スタートです。

朝まで完全にオーバーナイトで走ることになるので、それなりの経験、装備が必要になります。


 コース自体は、直前に通行止などがない限り大きく変わることはないと思います。

既に当該ページには昨年のキューシートが公開されていますので、事前にコースを確認することは可能です。


 大晦日にわらわらと集まって除夜の鐘を聞きながらスタートを切る。

というイメージですが、昨今は除夜の鐘が「騒音」扱いされていて自粛するお寺さんもあったり。

聞こえるかどうかは当日次第です。


 大晦日の深夜から元旦(朝)にかけて、交通事情は通常と全く異なります。

幹線道路、準幹線道路は車の通りが極端に少なくなります。そういう意味ではこのBRMは普段走りにくい道が気持ちよく走れたりする不思議な体験ができるかもしれません。

一方、神社仏閣のある近辺では初詣の人出などで難儀するところも出て来ます。


 また、残念なことですが前回開催時には自損事故で怪我をされた方もいらっしゃいました。

夜間走行は路面状況が分かりづらいことも多いのですが、明るい前照灯を下向きに(対向に幻惑しないため)設置し、サイコンを見たりよそ見することは極力避けるようにしてください。

路面を確認しながら走れば防げる事故もあります。前走者と自分のライン取り(前輪が踏む位置)は微妙に異なります。前走者が普通に走れても自分が走れるかどうかは、必ず自分の目で目視確認するようにしてください。


 凍結があるかどうかは天候次第なので何とも言えませんが、年初の1月開催BRMでは落車、骨折という事故が起きることがかなり多く、春まで療養に専念さざるを得ない自転車乗りが毎年かなりの数発生しています。

はやる気持ちもあるでしょうが、年初につまづくとリカバリに苦労されると思いますので、あまり無理はされませんように。


 BRM101三浦200のエントリー受付は、2017年と同じノリであればそれなりにマニワがいて割と早めにエントリーが多数あるかもしれません。瞬殺ということは無いでしょうが、参加を希望される方は募集開始のタイミングにあわせて事前にAJたまがわサイトをよくお読みの上、参加可否をご自分で判断ください。



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。




nice!(2)  コメント(0) 

2017年 AJたまがわ大忘年会 [飲んだり食べたり]

2017.12.7(木)

 先週末はAJたまがわ忘年会でした。なぜか公式名称は「大忘年会」(^^;)

 2017年は、ちょっと大人の忘年会。
たまには落ち着いた宴会を楽しみたいというわがままを、昨年忘年会が終わった時にこっそりお願いしておいたものです。

 箱根ホテル小涌園

IMG_2400.jpeg



 事前情報(輪行袋に入れて館内預かり)とは異なり、駐輪場が用意されていました。

IMG_2368.jpeg


 これだけ広い部屋なら全員自転車で来ても大丈夫だったということですね。

IMG_2369.jpeg


 宴会前にひとっ風呂浴びてさっぱりしておきます。

ちゃんとしたホテルの温泉に浸かるのは、やはり気持ちのよいものです。


 風呂上がりに館内でビールを買ってプチ0次会を楽しみつつ宴会を待ちます。


 宴会の開始は18時。少し前に部屋を出て宴会場へ移動です。


 宴会場は富士

IMG_2381.jpeg


 お膳スタンバイ状態。

IMG_E2372.jpeg


 ビール瓶は箱根という名前入りでしたが写真撮らず、残念。


 焼酎(麦は小涌園という銘柄、芋はおなじみ黒霧島)

IMG_E2382.jpeg


 固形燃料の焼き物1 陶板(朴葉)焼き

IMG_2375.jpeg



 固形燃料の焼き物2 紙焼き

IMG_2376.jpeg


 煮物

IMG_2377.jpeg


 宴会中の様子は自分ではほぼ何も撮ってなかったようです。

ごく一部、某べいちゃんのいろいろな動画だけ残ってましたが、あとで高く買ってくれるそうなので非公開です。


 宴会場にはカラオケセットもありましたが、それは使うこと無く終了。

(隣の宴席では熱唱している方がいらっしゃいましたが…外に出ると漏れ聞こえてました。)

 ひととおり宴会終了後は、自主的に二次会です。

こちらはだいぶ飲み過ぎてぐだぐだになりましたが、お酒の写真だけ。(ご参考)

IMG_2386.jpeg


 翌朝、爆睡しまくりで寝坊から朝風呂入り直して、朝食バイキングはほんの少しだけいただきました。


 帰りの朝は良い天気。

IMG_2398.jpeg


 自転車で来ている人達は、日曜日のサイクリングにでかけて行ったようですが、

こちらは車で珍しく立ち寄りもせず直帰しちゃいました。

お天気的には勿体なかったかな、とも思いますが、4年目(4回目)の忘年会も無事終了。

AJたまがわ2017年の公式行事はこれにて終了ということになりました。


 すでに2018年賛助会員も募集も終わり、AJたまがわ会員向けにはBRM101三浦200のエントリーも開始されてましたが、なんとなくの区切りがついて、2018年度の準備に一気にシフトした感じがします。


※)2018年 BRM101三浦200の一般エントリーについてはAJたまがわサイトをよくお読みください。

 12/11(月)21:00から受付開始予定です。


 AJたまがわ(トップページ)


 




 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2018年BRM 一部のクラブで募集開始 [BRM]

2017.12.1(金)


 スポーツエントリーを使ったBRMエントリー。

なんとなく慣習的に12/1解禁となっていたところもあるようですが、一部のクラブでは既に募集が開始され、早いところだと即・満員御礼で完売終了となっているブルベもあるようです。

 いろんな人がその時その時で様々な意見をTwitterやFacebookで書かれていると思いますが、一番大事なことは、鵜呑みにせず、自分で考えて判断すること。これに尽きます。


 同じ人でも、経験を積んだり、環境が変わったり、立場が変わったりで、言うことはコロコロ変わります。

まずはそのことを割り引いて読むようにしておかないと、マジメな人ほど割を喰うことにつながりかねません。


 ここまで前置きをしたので、この後の話は「話半分」で読んでください。

 一応、ひととおり、参加者としても主催者としてもそれなりにブルベで遊ばせて貰って、今は運営から足を洗ってたまに参加するだけの時々ランドヌールになった人の、現時点での個人の意見です。



1.参加したいブルベがあったら、可能な範囲でコースを調べる。

 (エントリー開始時にコース概要も出さないクラブもありますが、そこは目をつぶって)


2.自分の実力的にチャレンジしても大丈夫と判断したら、エントリー開始日に照準を合わせる。


3.行きたいブルベには、全力でエントリーする。

 (仕事でスケジュールがわからないのでDNSしたら申し訳ない、とかはここでは考えない)


4.エントリーしたブルベには、十分な準備をしっかりとする。

 (スケジュールを調整して参加できるように努力することも大切)


5.2週間前、1週間前あたりに、キューシートが確定してくるので、予習をしっかりとする。

 (キューシートは直前まで改訂されることがあるので、何度かチェックが必要)


6.仕事や家庭など様々な事情でDNSせざるを得ないときは、早めに主催者に連絡する。

 (体調や天候によるDNSなどは、当日朝まで判断を見送っても何も問題はない。

  DNSに本来理由は不要。本人の意志・判断を尊重。参加者の権利です!)


7.前日は深酒厳禁、全ての支度を済ませて早めに就寝。寝るのも準備のうち。


8.当日は受付時間に間に合うように移動する。遅くともブリーフィング開始前に到着厳守。



 「DNSして枠を潰したら他の人に悪いから……」

 そんなことを言う人がいます。自分も一時期そういう思いを持っていたこともあります。

でも、実はそんな気遣いは(多くのクラブでは)必要ないのです。

※)一部のクラブのごく少数の主催担当者にはDNSをいやがる人もいます


 たいがい定員は実際の参加者が減ることを予想して増やして募集をかけているところが多いです。

東京近郊の各クラブは概ねそうだと言えます。


 マジメな人ほど上記の思考でエントリーをためらってしまう傾向があるようですが、

エントリーしないことにはスタートラインに立つことができません。


 個人がその人の意志として「枠をつぶしたくない」という判断をすることは別に悪いことではありませんが、だからといって他の人がエントリーしてDNSしないとは限らないのです。

まずはエントリーする。その方が圧倒的に幸せになれます。


 ただし、自分の実力に見合わないコースというものも実はたくさん隠されています。

 一部のマニワ受けするコースを一般募集と同じところに並べてしまうのはあまり良くないことだと個人的には思いますが、そのあたり真贋を見極める目を持つことをランドヌール(これからの人も含めて)には求められるということでしょう。


 いずれにしてもエントリー前には、各主催クラブの当該BRMの説明を事前によく読んで判断してください。

 楽しいBRMを!



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(3)  コメント(0) 

2017年11月|2017年12月 |- ブログトップ