So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017年 BRM402たまがわ200km定峰 初めての(参加者)出走 その1 [BRM]

2017.4.3(月)

 昨日、AJたまがわ主催、BRM402定峰200 走ってきました。

 定峰200は、2012年から毎年開催していますが、今回初めて参加者として本番当日を走ることができました。
※2012年はVCR青葉としてBRM414青葉200km定峰として開催。

 2015年のPBPを最後にほぼ自転車に乗ることは無くなっていたので、昨年2016年の十和田200(試走)で走ったことが間にあるもの、かなり久しぶりのブルベ参加でした。

 3月から少しだけ運動再開したもの自転車自体には1回(50km程度)ポタリングで乗れただけで、直前に自転車をオーバーホールに出したこととあわせて、ほとんど身体の準備が整わない状態でのぶっつけ本番でしたが……

 エントリーは6時スタート

 4時半起床、支度をしてから5時過ぎに自宅をスタート、5時20分には受付を終えましたがW0(6時00分スタート)でした。
2017BRM402st.jpg


 前日、土曜日までは天候がかなり悪かったのですが、試走スタッフが露払いをしてくれた(禊?)ことが功を奏したか、天候は晴れ、気温は低めでスタート前は若干冷え込んでましたが、自転車で走るにはちょうど良いぐらい。

 最初に出て、全員にぶち抜かれて行く。

 そんなブルベかな?と思いながらブリーフィングを受けます。
6時スタートでブルベ参加が初めての人として手を上げた人は、あまり多くなかったように見えたのですが、実際どうだったかはわかりません。
(過去、多いときは1回で50名以上初参加という方がいました)

 ソロでちんたら走るつもりが、今回久しぶりに、のんのんが定峰走るらしく、主催者の鎌野隊長から「一緒に走ってください。」と指示があったので、同行することに。

 とは言っても、こちらは身体が鈍りまくってるので、引っ張ってもらう側です(^^;)

 予想として、全行程の8割以上が向かい風基調となるので、なるべく風が穏やかであることを祈りつつ、ゆるゆるとスタートしていきます。

 日曜日の6時スタートは朝の交通量が土曜日と比べてだいぶ少なく、相対的には走りやすいのです。

 多摩川沿いはあまり速度が乗らず、狛江の桜はまだつぼみのまま。帰りに少し咲いているかどうかを期待しつつ進みます。例年よりかなりゆっくりの走行で国立折り返し通過は1時間をだいぶ超えたぐらいの時間になっていました。

 みのわ通り入口から幹線道路に出て、まずは日野橋までが緊張する区間ですが、かなり車が少なくストレス無くあっさり通過。多摩大橋北も堂方上も多摩川を渡る橋へ曲がる左折待ち渋滞は無く拍子抜けでした。堂方上から小荷田の間の新奥多摩街道と東京環状(R16)共用区間も交通量が少なくてガラガラ。やはり日曜日は走りやすいです。

 キューシートには出ていないと思いますが、その先、内出交番前の交差点は第一車線が左折専用レーンで、第二車線が直進レーン、しかも左折信号ありという変則パターンの交差点ですが、ちょっと気を遣いながらクリア。ここを過ぎるとなんとなくのどかな雰囲気になります。

 羽村を抜けて小作のアンダーパスをくぐるって、若干の信号ストップを経てからPC1になんとか到着。レシート受領時刻は8:29

キューシートによる公式の距離は44.6km
6時スタートのクローズ時間は9:15です。(60km以下の計算式は異なります)

 PC1となっているファミリーマート海田岩蔵街道店は、しばらく前に改装されてイートインが出来ています。
折角なのでイートインで少し補給していきいます。
IMG_0048.JPG


 身体が出来てないので、オレンジジュースを即効性の燃料に。おにぎりも食べておきます。

 ウェーブスタートでだいぶばらけてはいるもの、PCとなっているコンビニのトイレは多少混み合います。
ここは男性用1、女性用(専用)1といったところ。

 補給を終えて、再スタートの支度をしたところでトイレ行列が消えていたので、サクッと済ませてから再スタートとしました。

 8:56ぐらいだったと思うので、実際の計算上はほぼオンタイム。貯金無しでの走行です。
通常はここで30分ほどの貯金を持って、それを保険にその後の走行をするのが自分なりのペースですが、走力が無いので今日はギリギリ隊の本当のギリギリを味わうことになるわけです。

(たぶん、つづく)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

クリート取付ボルトの交換  [メカトラ・整備]

2017.4.1(土)

 ずっと自転車に乗っていなかったというのもあるでしょうが、先日ちょこっと自転車に乗った際、出先でクリートをペダルから外すことがしづらくなってしまいました。

 クリート自体はそこまですり減って無かったはずが?

 と思ったら、どうやら左足のクリートを留めているネジが緩んでしまっていたようで……

 締め直そうとしたら、なんとこれがSIDIの罠?
Neji3.jpg

 プラスまたはマイナスのドライバーで回すタイプのネジだったりして、携帯工具のプラスドライバーでは若干回しづらかったりしました。トルクを掛けられないので、緩みきったところを若干増し締めした程度で応急措置はお終い。

 SHIMANOが出してる方のネジ(SPD-SLクリート付属のネジよりも若干長い)を出先の自転車屋さんで調達して、帰ってきてから交換しました。
Neji1.jpg

以前はAmazonで手軽に調達できなかったような記憶がありますが、
今みたらAmazon直で販売しているようで、スペアをポチっておけばよかった。



大型のプラスドライバーはさすがに車載で持ち歩いていませんが、アーレンキーはロングレンチがフロントバッグに入っていますので、六角ネジの方が何かと安心。
Neji2.jpg

無事交換してこうなりました。
Neji4.jpg


元々こちらの仕様にしていたはずですが、シューズをSIDIに交換した際にSPD-SL用のネジの在庫で六角ネジのものが無かったため、そうなっていたということを思い出しました。
(プラスドライバー仕様の方がSIDI純正ですが……)

 しょーもないことやってる感じがしなくもないですが、そんなものかな、と。(汗)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


オーバーホール(という名の整備)終わりました。 [メカトラ・整備]

2017.3.30(木)

 さきほど自転車がBIKE&HIKEから戻ってきました。
※わざわざ届けて貰ってしまったという……

IMG_0022.JPG


 自分の方の準備がまだ終わってませんが、あとは天候次第ですね。

 定峰200は日曜日開催なので、土曜日の未明から朝にかけて多少雨が降ったとして、それが万一雪となったとしても山伏峠、定峰峠は標高がさほど高くないので大丈夫のような気がしています。

 天候は当日を迎えるまでわかりませんが、最終判断は各自で、というのが大原則です。
せっかくオーバーホールして、ということなので当日雨なら自分はDNSすることにしています。

 AJたまがわの場合、警報が発令されているような状況でなければ通常通りの開催になると思います。
(コース特性はよくわかっていて、かつ前日にスタッフが実走確認予定のようです)

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


ベルは必需品 [BRM装備]

2017.3.29(水)

 自転車オーバーホールで車体から一部装備を外してますが、ついでに予備パーツとして自転車ベルを別途調達。
CATEYEのフレックスタイトに共締めできるコレが汎用性が高くて便利です。
※ベル自体としては少し小さいものです

cateye_bell.jpg

 ライトを複数付けている人は、ベルも余分につけておくと何かと重宝するかもしれません。
(ベル忘れた人は本来出走させるべきでは無いのですけどね………スタート地点で友人同士の貸し借りはアリ?)

Amazonで577円(3/25調達時の価格)


 あと、何故か行方不明のトライバッグ。どこにしまい込んだか忘れてしまい。
ドライ(防水モデル)もレインカバー付も持っていたはずが……仕方が無いのでついでに安い方のレインカバー付を1つポチっ。

topeak_tribag.jpg


  防水になっている方がブルベ向き?かもしれませんがカバーの開閉が若干しづらいので、あまりシビアな天候で走らなければコレで十分かもしれません。
ちゃんと家の中を探せば前のドライが出てくるはずですし(^^;)

Amazonで1768円(3/25調達時の価格)

TOPEAK(トピーク) TriBag(W/rain cover) トライバッグ (レイン カバー付) ブラック

TOPEAK(トピーク) TriBag(W/rain cover) トライバッグ (レイン カバー付) ブラック

  • 出版社/メーカー: TOPEAK(トピーク)
  • メディア: スポーツ用品

 何を入れるかは人それぞれでしょうが、私の場合はたいがいトライバッグにiPhone(今はSEを無理矢理、最近の大きなスマホは厳しい)入れて、余ったスペースは飴とかリップクリームとか小物を少々(コンデジ使うときはコンデジ1台で一杯)
横の小さなポケットに「塩」を入れた小さなジップロック袋や絆創膏など、もう片方にキューシートを折りたたんで入れています。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

地道にリハビリ・運動再開(2) [トレーニング]

2017.3.25(土)

 引き続き地味に身体を動かそうとしてますが、今週は2回ほどプールへ行けました。

6回目:水泳平泳ぎ)3000m、水中歩行 1500m
7回目:水泳(平泳ぎ)3000m、水中歩行 1500m

 片道50mコースを泳いで、となりのレーンへ移動して戻って来て100m、
移動時に一旦足をついてしまいますが、気持ち連続で5往復すれば500m連続という感じ。

6回目内訳:
  歩500m → 泳500m
→ 歩200m → 泳500m
→ 歩300m
(10分休憩で中断)
       → 泳2000m
→ 歩500m


7回目内訳:
  歩500m → 泳1000m
→ 歩500m → 泳1000m
→ 歩200m
(10分休憩で中断)
       → 泳1000m
→ 歩300m

 のんびりとした泳ぎですが、それでも多少は身体に刺激が入ったようで少しずつ動けるようになってきました。
歩く方はだいぶ速度が回復。背中から脚までつながる大きな筋肉で蹴り出すように、リハビリにはこれも効くのではないかと思って続けてます。ただ、力を入れた蹴り出しでの水中歩行は足の裏に負担がかかるので一度(1日)で長い距離はやめておいた方が無難かなぁ。自分の場合は1500m程度で十分?、上限2000m程度までです。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

荒木屋 冷やし味噌野菜麺 チャーシュー [飲んだり食べたり]

2017.3.24(金)

 このところ週1で通ってしまっている蒲田、荒木屋。

 チャーシューもあるらしいという話は聞いていたのですが、元々のメニューが「罪深い食べ物」であるので、チャーシューまで追加するのは……と尻込みしていたのですが、先日ついに食べてしまいました。

 たいがい少し時間をずらして混雑が解消された時間帯にお邪魔してますが、お店の人に訊いてみて、作って貰える(材料がまだ残っている)時には、冷やし味噌野菜麺をお願いすることが殆どです。

 で、追加でチャーシューを1個(100円かな?)

 この時は、麺の皿にチャーシューが載ってましたが、スープの方に載っている時もあります。

IMG_9926.JPG

 二郎とか二郎インスパイア系とかあまり詳しくないですが、そっち方面の豚に通じるものがあります。
※)たまーに行くのは、世田谷通りのラーメン陸ぐらいですが、しばらく行ってないです。

IMG_9927.JPG

 お好きな人は3つぐらいトッピングしてたりするようですが、自分には1つで十分。

 これ食べちゃうと、この一食だけで1日の食事が他には要らなくなるぐらいのインパクトが自分にはあるのですが、つい通ってしまっているという。

 月1回か月2回とか頻度減らさないと、痩せるどころか体重増加に寄与しまくりです(´・ω・`)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

オーバーホール(という名の整備)出しました。 [メカトラ・整備]

2017.3.22(水)

 ギリギリの予定ですが、放置しまくりだった自転車ショップにオーバーホールをお願いしました。
先週末の三連休は「乗りますよね」と親切に言っていただいて、20日(月・祝)の夕方にBIKE&HIKE
まで持ち込むことに。深沢の本店なので、近くても車載で持って行って預けてきました。

 その直前に子供と久しぶりに一緒にポタリングにでることができたので、まぁよかったです。

 うちのは6600 Ultegra(10速)なので、消耗品パーツが安いのが助かります。

 追加でお願いしたのは、ヘッドパーツのベアリング交換。最後に長い距離を乗ったのが2015年のPBPで、その時はドリュー手前から雨に降られてしまったりで、その前から若干さび付きかかってたベアリングは今ひとつの状態。
2016年は十和田200(試走)のみブルベを走って、その直前に自分でチェックはしていて、もう交換しないといけないと思っていたものです。

 シューはまだ残ってますが、2年近く変えてないので交換しておいてもらうことに。

 バーテープは標準作業に含まれるものでなく、追加でフィジークのクッション性の高いものに。

 たいした金額では無いのですが、整備をお願いする時はお店に多少なりとも交換パーツを追加して貰うようにしています。普段は自分でチェーンとブレーキシューぐらい替えてますけど。

ショップ自体は台湾のサイクルショーに行かれる為現在お休み。週明けにササッと整備していただいて29(水)に出来上がり予定ということになっています。

 BRM402定峰200(日)までに一度少し走れるかどうか。

 ちなみにポタリングでは、クロスバイクの子供と一緒だったというのは置いといて、横風の多摩サイでは20km/h程度しか出せず………


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

地道にリハビリ・運動再開 [トレーニング]

2017.3.17(金)

先週から運動再開、まずはプールで水中歩行とのんびり泳ぐところから。

先週は2回、今週は3回、なんとか行って来れました。

1回目:水泳平泳ぎ)1500m、水中歩行 2000m
2回目:水泳(平泳ぎ)2000m、水中歩行 2000m
3回目:水泳(平泳ぎ)2300m、水中歩行 2500m
4回目:水泳(平泳ぎ)3000m、水中歩行 2000m
5回目:水泳(平泳ぎ)3000m、水中歩行 2000m

長いこと殆ど運動していなかったので最初はキツかったですが、
今でもキツいですが、のんびりなら多少泳げるかなということで。

水泳用の耳栓買ったらクロールも少しいれようかどうしようかといったところ。

増えすぎた体重はすぐに減りませんが、まずは全身で有酸素運動ということで。

自転車に乗ると平地で25km/h出るかどうかぐらいでしょうか。
あと2週間で200km走れるように下地を作れるのか。
下駄チャリでプールまでほんの少し往復する程度でロードにはまだちゃんと乗れてません。

これからオーバーホールに出すので、もしかしたら本当にほぼ乗らずにぶっつけ本番になるかも……
(雨が降ったらDNSです。念のため。)

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。



6年前はブルベ中止 [BRM回想]

2017.3.12(日)

 昨日は3.11 6年前の2011年3月11日に大きな震災が東日本であり、地震、津波という天災、そして原子力発電所の事故という人災の多重苦が発生した日でもありました。

 3.11という日付は、大きな災害の爪痕はいまだに残されたまま、心が痛むことを再度突きつけられる日でした。

 自分自身は、その日たまたま翌日開催予定のBRM312道志みち200の試走に出ていて、帰りの道志みち下りで丁度地震に遭遇したらしいのですが、風にあおられた?ぐらいの感覚でしかなく、本震の揺れに対しての体感は実はなかったりします。

その時のブログ 停電:信号の無い世界

 おそらく体感できなかった事が一番の原因だと思いますが、その時点では「翌日はブルベ開催」を前提に行動していました。道志みち200については、その前に試走したスタッフが凍結で落車したりという道路事情で、当日安全に走ることができるかの最終確認をしたいという理由で前日に試走していたもので、そこがクリアされたので自分の中では「開催できそうでよかった」という判断が先にあったからというのが次の理由になるでしょうか。

 2011年はPBP開催年でもあり、年初から前のめりになって走っていたランドヌールが多かったと思います。
それがこの震災で大幅に状況が変わり、業務や家庭の事情でPBPを諦めたり、SR取得までの計画を組み替える必要に迫られたり、といったことにもなりました。

 2015年のPBPからの人達はあまりよく知らない話だと思いますが、2011年のPBP参加には国別参加枠というものが設けられていて、その参加枠への優先を2010年の認定距離(累計:最高3200km)で決めるという仕組みになっていました。

参考: AJ エントリーの優先権(過去の話です、2011年PBP向け)

 そのため2010年は3200km以上走ろうと、SRを2つプラスαぐらいの計画で走っていた人が多かったのです。
最近は数多くのBRM開催があり年間にその距離を走破するのはわりと難しくはないものとなりましたが、開催があまりない地方の人は遠征中心でかなり多くの時間と費用をかけて参加資格を確実に得ようとしてきた過去がありました。

 2010年のBRMでも実は中止になったブルベがありました。
BRM417本栖みち300、降雪で道志みちがおそらく走れないだろうということで当日スタートに集まったところで、主催者から中止判断を聞くことになったものです。

 2011年のPBP参加枠のために、少しでも認定距離を稼ごうと地方から遠征してきたランドヌールが、この中止で「PBPあきらめた」とその時話していたことが耳に残っています。

(※) 実際は2011年のPBPは国内では参加希望者数が国別の枠に未達となり、2010年の認定距離での優先は実質的に無関係でエントリーできたようです。国別の枠で日本に数多く割り当てられたのは2010年にたくさん走った人達によるものですが……

 後から振り返ると、周りがよく見えていなかっただけなのかもしれません。
が、当時はかなりいっぱいいっぱいで、言葉に言い表せない苦悩がありました。

 ブルベは距離の認定であり、それ以上のものでもそれ以下でもない。

 想定不能な天候による中止は仕方のないことですが、予想できる範囲であれば、天候(気温、降雪、凍結)理由による中止にならないコース設計をすることが、当時の自分にとっては優先されるべきものという認識になったきっかけでもあります。
 凍結リスクが大きい時期に凍結しそうなコースを引くことは、自分に取っては主催者として背信行為だと思っています。

 最近は開催数が増えて、多少ゆがんだコースでも需要があるからいいか、と思える人もいるとは思いますが、基本的なところはきちんと抑えておいた方がよいというのが持論です。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


ゼロリセットから再び始めるブルベ準備 [トレーニング]

2017.3.6(月)

 先日、ついうっかり定峰200にエントリーしてしまいました。当日まで4週間切ってますね。

 冬場どころか昨年1年間に自転車に乗ったのはほんの数回。200km走ったのは1回だけ。
すっかり自転車に乗れない体に落ちぶれているところから、再び少し準備を始めてみようということで。

 自転車整備、ウェア類購入、なども必要ですが、とりあえず雨の日でもできることとして、
近所のプールに行って少し泳いで(歩いて)きました。
ゆっくりなら30分ぐらいは泳げましたが、ほんとにゆっくり……
あとはひたすら歩くぐらい。こちらも鈍い。

 天候が今ひとつだったらDNSする可能性が高いですが、そうでなければ出走してみたい。
そのくらいの低いモチベーションから準備開始します。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。



前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。