So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年 BRM402たまがわ200km定峰 初めての(参加者)出走 その1 [BRM]

2017.4.3(月)

 昨日、AJたまがわ主催、BRM402定峰200 走ってきました。

 定峰200は、2012年から毎年開催していますが、今回初めて参加者として本番当日を走ることができました。
※2012年はVCR青葉としてBRM414青葉200km定峰として開催。

 2015年のPBPを最後にほぼ自転車に乗ることは無くなっていたので、昨年2016年の十和田200(試走)で走ったことが間にあるもの、かなり久しぶりのブルベ参加でした。

 3月から少しだけ運動再開したもの自転車自体には1回(50km程度)ポタリングで乗れただけで、直前に自転車をオーバーホールに出したこととあわせて、ほとんど身体の準備が整わない状態でのぶっつけ本番でしたが……

 エントリーは6時スタート

 4時半起床、支度をしてから5時過ぎに自宅をスタート、5時20分には受付を終えましたがW0(6時00分スタート)でした。
2017BRM402st.jpg


 前日、土曜日までは天候がかなり悪かったのですが、試走スタッフが露払いをしてくれた(禊?)ことが功を奏したか、天候は晴れ、気温は低めでスタート前は若干冷え込んでましたが、自転車で走るにはちょうど良いぐらい。

 最初に出て、全員にぶち抜かれて行く。

 そんなブルベかな?と思いながらブリーフィングを受けます。
6時スタートでブルベ参加が初めての人として手を上げた人は、あまり多くなかったように見えたのですが、実際どうだったかはわかりません。
(過去、多いときは1回で50名以上初参加という方がいました)

 ソロでちんたら走るつもりが、今回久しぶりに、のんのんが定峰走るらしく、主催者の鎌野隊長から「一緒に走ってください。」と指示があったので、同行することに。

 とは言っても、こちらは身体が鈍りまくってるので、引っ張ってもらう側です(^^;)

 予想として、全行程の8割以上が向かい風基調となるので、なるべく風が穏やかであることを祈りつつ、ゆるゆるとスタートしていきます。

 日曜日の6時スタートは朝の交通量が土曜日と比べてだいぶ少なく、相対的には走りやすいのです。

 多摩川沿いはあまり速度が乗らず、狛江の桜はまだつぼみのまま。帰りに少し咲いているかどうかを期待しつつ進みます。例年よりかなりゆっくりの走行で国立折り返し通過は1時間をだいぶ超えたぐらいの時間になっていました。

 みのわ通り入口から幹線道路に出て、まずは日野橋までが緊張する区間ですが、かなり車が少なくストレス無くあっさり通過。多摩大橋北も堂方上も多摩川を渡る橋へ曲がる左折待ち渋滞は無く拍子抜けでした。堂方上から小荷田の間の新奥多摩街道と東京環状(R16)共用区間も交通量が少なくてガラガラ。やはり日曜日は走りやすいです。

 キューシートには出ていないと思いますが、その先、内出交番前の交差点は第一車線が左折専用レーンで、第二車線が直進レーン、しかも左折信号ありという変則パターンの交差点ですが、ちょっと気を遣いながらクリア。ここを過ぎるとなんとなくのどかな雰囲気になります。

 羽村を抜けて小作のアンダーパスをくぐるって、若干の信号ストップを経てからPC1になんとか到着。レシート受領時刻は8:29

キューシートによる公式の距離は44.6km
6時スタートのクローズ時間は9:15です。(60km以下の計算式は異なります)

 PC1となっているファミリーマート海田岩蔵街道店は、しばらく前に改装されてイートインが出来ています。
折角なのでイートインで少し補給していきいます。
IMG_0048.JPG


 身体が出来てないので、オレンジジュースを即効性の燃料に。おにぎりも食べておきます。

 ウェーブスタートでだいぶばらけてはいるもの、PCとなっているコンビニのトイレは多少混み合います。
ここは男性用1、女性用(専用)1といったところ。

 補給を終えて、再スタートの支度をしたところでトイレ行列が消えていたので、サクッと済ませてから再スタートとしました。

 8:56ぐらいだったと思うので、実際の計算上はほぼオンタイム。貯金無しでの走行です。
通常はここで30分ほどの貯金を持って、それを保険にその後の走行をするのが自分なりのペースですが、走力が無いので今日はギリギリ隊の本当のギリギリを味わうことになるわけです。

(たぶん、つづく)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

クリート取付ボルトの交換  [メカトラ・整備]

2017.4.1(土)

 ずっと自転車に乗っていなかったというのもあるでしょうが、先日ちょこっと自転車に乗った際、出先でクリートをペダルから外すことがしづらくなってしまいました。

 クリート自体はそこまですり減って無かったはずが?

 と思ったら、どうやら左足のクリートを留めているネジが緩んでしまっていたようで……

 締め直そうとしたら、なんとこれがSIDIの罠?
Neji3.jpg

 プラスまたはマイナスのドライバーで回すタイプのネジだったりして、携帯工具のプラスドライバーでは若干回しづらかったりしました。トルクを掛けられないので、緩みきったところを若干増し締めした程度で応急措置はお終い。

 SHIMANOが出してる方のネジ(SPD-SLクリート付属のネジよりも若干長い)を出先の自転車屋さんで調達して、帰ってきてから交換しました。
Neji1.jpg

以前はAmazonで手軽に調達できなかったような記憶がありますが、
今みたらAmazon直で販売しているようで、スペアをポチっておけばよかった。

SHIMANO(シマノ) SM-SH10/SH11用 クリート取付ボルト M5×10mm 6個 Y42U98070

SHIMANO(シマノ) SM-SH10/SH11用 クリート取付ボルト M5×10mm 6個 Y42U98070

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品


大型のプラスドライバーはさすがに車載で持ち歩いていませんが、アーレンキーはロングレンチがフロントバッグに入っていますので、六角ネジの方が何かと安心。
Neji2.jpg

無事交換してこうなりました。
Neji4.jpg


元々こちらの仕様にしていたはずですが、シューズをSIDIに交換した際にSPD-SL用のネジの在庫で六角ネジのものが無かったため、そうなっていたということを思い出しました。
(プラスドライバー仕様の方がSIDI純正ですが……)

 しょーもないことやってる感じがしなくもないですが、そんなものかな、と。(汗)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。