So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年01月| 2017年02月 |- ブログトップ

プレミアムフライデー 前日移動に活用可能? [その他雑談]

2017.2.22(水)

 プレミアムフライデー

 また、アホな……という気がしなくもないですが、
 なんだかんだと理由をつけて、月末・金曜日の夕方早めに退社できるのは、
ちょっと離れた遠征ブルベの前日移動に使えるかもしれません。

 全ての人が同じように使える技ではないでしょう。
それでも、杓子定規な職場であるほど、「お上の理由」を突きつけて、
なんとか調整可能に持ち込むことはできるかもしれません。

 自分の場合は、またちょっと違うのですが、某遠征ブルベの際に、
 どうしても午後半休、またはお休みにできなかった場合は、
「プレミアムフライデーなので夕方早めにあがります」宣言をして、
前日移動しちゃおうかな、とか妄想していたりします。

(おまけ)
 制度とか試みという点では、個人的には本当に「アホ」だとしか思えない企画ですが、
おそらくそんなのがまかり通る(と考えている小役人とか取り巻き)のが今の日本ということで。
利用できるなら利用する、できないなら冷ややかに、でよいと思います。

 ちなみに、外資系プロジェクトによく入ってたりするのですが、
金曜日の午後は毎週たいがい早めに上がります。外人は、ですけどね。
自分が管理者として指示出しできる場合は、日本人も同じように帰しちゃいますけど。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

2017年 BRM311たまがわ200kmやまゆり エントリー受付中 [BRM]

2017.2.6(日)

 BRM311たまがわ200kmやまゆり(やまゆり200)の一般エントリー受付中となっています。
すでに7時スタートは定員で締め切られているようですが、6時スタートは残席ありとのこと。
参加したい方はAJたまがわサイトを熟読して、スポーツエントリーからお早めにお申し込みを。

やまゆり200

 新コース、ということのようですが、一般公開されているサイト情報からコースは、
「二子玉川〜横浜〜鎌倉山〜小田原〜震生湖〜ヤビツ峠〜津久井湖〜二子玉川」
ということで、概要マップから推測できることも多いと思います。

 たまがわブルベをいくつか走られている方なら、コースの半分以上が既存BRMで走行済でしょう。
走ったことがないのは、おそらく「鎌倉山」、「震生湖」(やまゆりライン)
あと、たまがわではお初でしょうが、自転車乗りとしては走ったことがあるだろう「ヤビツ峠」も
どうやら含まれているようです。そして、最後はだめ押しで尾根幹ですかね。

 コースはキューシート(確定版)が出るまで最後までわかりませんが、そのあたりを念頭に置いてみると、
結構「だまし」要素が入っているリスクのあるコースです。
市街地の信号峠と自然渋滞、それなりの地味なアップダウンと大ボス・ヤビツ峠、裏ヤビ(下り)は対向車注意。
天候が悪かった場合は、下りで稼ぐことはできません。
それなりに足があるか、すでに走り込んでいる状態でないと、結構厳しい走行になる可能性が高いです。
このレベルは初心者向けではないです。ご注意ください。

 エントリーしないことには走れませんので、まずはエントリーしてみる、ということでよいと思います。
が、当日の天候によっては「走らない」という選択も十分視野に入れておく必要がありそうです。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


2017年 BRM527十和田200(R札幌主催・青森県八戸発着)エントリー開始 [BRM]

2017.2.1(水)

 エントリー受付開始らしいので、いましがたスポーツエントリーからポチってきました。

ランドヌール札幌主催、BRM527札幌200km(十和田クラシック)

※エントリー前に必ずR札幌の案内ページをよくお読みください。


 十和田200は、VCR青葉、R東京、AJたまがわ、と毎回主催クラブが変わってますが、
中の人(主催担当者)はいつも同じ、おなじみBongoさん、チコリンさんでした。
今年2017年は、R札幌へ移管して、R札幌主催での開催となります。

 実は八戸は、苫小牧<>八戸(シルバーフェリー)を使うと、金曜夜・苫小牧21:15発、土曜早朝4:45八戸着という便があり、料金もかなり低くて済むため北海道(札幌近郊あたり)から遠征で来るには最適な場所なのです。

 東京からだと東北新幹線利用で時間は短いですが料金は高め、前日金曜日の夜に八戸入りして駅前のビジネスホテルに前泊するという必要があります。

 スタッフ配置と運営費を考えると、東京のクラブが八戸遠征BRMを主催するのは費用的に結構きついものがあったりするわけです。費用以外でも運営は大変ですけどね。

 そんなわけで2017年はR札幌主催です。

 2018年以降はもしかしたら地元で新クラブによる開催となるかも?

 4ヶ月ぐらい先の話なので、実際どうなるかわかりませんけど、それまでには自転車で200km走れるように身体を戻しておきたいな、と思う訳です(^^;)



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


2017年01月|2017年02月 |- ブログトップ