So-net無料ブログ作成

輪行袋のお洗濯 SL-100 [BRM装備]

2017.10.22(日)


 先々週はOS-500で飛行機輪行、北海道へ行って来ましたが、自転車にはSL-100を装着。
万一の際のエスケープ用にSL-100は自宅近くで乗る時でもたいがいはボトルケージに収まっています。

 その時は雨に降られずに済んだのですが、先週はSL-100を使って電車で輪行、BRM1015只見200に参加してきました。途中雨に降られるだろうからコンビニ袋にでもくるんでおこう!と思っていたのですが、前泊したホテルでは外に駐輪していたため、養生するのは当日朝になってから。普段は部屋の中に入れさせて貰う、またはちゃんとしたところではクローク預けにしているので若干勝手が異なります。


 そして当日の朝、スタート前の受付時間はまだ雨は降っておらず、すっかりそんなことを忘れてしまいました。


 で、ゴール後に越後湯沢駅で輪行しようと思ったタイミングで、「あ〜」と気づいたわけです。

ずぶ濡れまではいってませんが、ちょっと雨に濡れて湿ってしまった輪行袋。SL-100自体はごく薄いペラペラ輪行袋で広げていればすぐに乾いてしまうのですが、一度濡らしてしまったため帰宅してから洗濯することにしました。


 前回洗濯したのはいつだっけ?というぐらい久しぶりですが、洗濯機に投入して通常の洗剤にプラスしてオキシクリーン(粉末・コストコ調達)で洗います。汚れが酷ければお風呂の残り湯を少しにしてオキシクリーンにつけ込んでおいた方がよいのですが、そこまで汚れているわけではないと省略。


 袋の方はすっかり綺麗になりました。

SL100.jpg

 

 一緒にベルトやチェーンカバー等も洗っておいたのですが、チェーンカバーの裏面の油汚れは黒く残っていて、別途つけ込み洗いにしておけばよかったかと、ちょっと後悔。


 SL-100は一般的に入手可能な輪行袋の中では比較的軽量タイプ。自分がこれを買ったのは2008年なので9年ぐらい使っていることになりますが、破れたりするトラブルはこれまで一切なく意外と長持ちしています。使用頻度がさほど多くないというのもあるでしょうが、自転車に乗る時はほぼ常にボトルケージに携行(夏場のダブルボトルの時はサドルバッグにくくりつけなど場所は移動)しているので、畳まれた状態ではかなりの距離を一緒に移動していることにはなります。


 同じ機材をずっと使い続けているので他製品について詳しくはないのですが、自分が持っているオーストリッチの輪行袋の中では一番手軽に輪行できるよいパートナーです。


OSTRICH【オーストリッチ】 SL-100 輪行袋

OSTRICH【オーストリッチ】 SL-100 輪行袋

  • 出版社/メーカー: アズマ産業
  • メディア: その他


ご参考:(過去ログ)
2012.6.11 輪行袋の使い分け・エア輪行と列車輪行


※)当時の基準で書かれています。

・コクーンは現在JRでの輪行はNGです。

・航空会社の預け荷物の規定、料金は随時変更される可能性があるので、

 利用される場合は事前に再度ご確認を。

 2017年時点ではJALの場合 203cm超過、日本→欧州は20000円、200USDです。



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

 

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。