So-net無料ブログ作成
検索選択

PBP2015・往路移動 [PBP]

2015.8.26(水)

(前置き)
 少しずつ備忘録的に記録を残しておきます。
前回はなんだかんだと書かずに終わってしまったため、今回の準備で忘れていたこともありました。
他の人のブログを読んで、「あ、これは違うかも」というところも結構沢山ありました。
私自身が書いていることは、私がその瞬間に見たり聞いたりした範囲でしか無く、実際には異なることもあると思います。そのあたりは割り引いて読んでいただけると助かります。

 今回の旅程は車検の前日入りという行きは結構忙しいスケジュールでした。
8/14(金)朝に自宅を出て、羽田からパリへというもの。

 前回は数日前に現地入りして事前にスタート地点周辺を走ってみたりして身体を慣らす時間を確保していましたが、今回はPBPに行くこと自体があまり気乗りしない状態で、ギリギリになって旅程を押さえたためこうなりました。
(次回もし行くことがあれば、せめてもう1日か2日早めに現地入りしたいところです)

 今回のフライトはJL045 午前便10:35羽田発。

 自宅最寄りの二子玉川駅バス乗り場5番から、7:40発の羽田空港行きリムジンバスに乗り込みます。
IMG_7068.jpg

 お盆休みと絡むせいか、普段よりもバスに乗る人が多いような。
IMG_7067.jpg


 荷物のパッキングはこんな感じ。
OS-500に自転車のみを放り込んで、残りは全てスーツケースに入れています。
手荷物はドイターのリュック
IMG_7065.jpg


 羽田空港までは、ひとりで行くならリムジンバス移動が一番楽です。
自宅からバス乗り場へ荷物を持って歩いていくと汗だくになるのでタクシー使った方がよいのですが、この日は担いで行ってしまいました。で、案の定汗だく……

 首都高3号線からC2経由で羽田まで、割とサクッと到着しました。
国際線ターミナル降り場は一番最後になるので少し時間がかかりますが仕方がありません。
荷物がなければ自宅から多摩サイ走って羽田へ行きたいところですが、そうもいかないので。

 バス利用の良いところは、降りたところにカートがあるので荷物を運ぶ苦労がないというのがあります。
エレベーター使って上の階へ。
IMG_7069.jpg

 チェックインは自分の場合、専用カウンターを利用できるのでそこへ持って行って、荷物をバラします。
OS-500からホイールバッグを取り出して、ホイール2つをビニール袋へ入れて1個口の別荷物にしてもらいます。
ホイールを抜いたOS-500は左右が余るので、チューブで縛るなどして2/3サイズに畳んでしまいます。
IMG_7070.jpg

合計3個口になりますが3個まで預けられる会員なので超過料金はかかりません。
(サイズ超過は、割と見逃してくれることが多いようですが念のためこういう工夫をしています)

 AJたまがわ、吉田さんがTwitterで従価の料金計算で時間がかかっているというようなことを書いているのを見て、自分も従価でお願いしようとしたのですが、それなりの金額になるようで辞めました。
(国内の金額とは大幅に異なります)

 出発まで少し時間があるので、ラウンジに行ってシャワーを浴びて、
IMG_7073.jpg

 軽く泡を飲んで待機
IMG_7076.jpg

 10時ぐらいからカレーが食べられたと思うので、ちょこっとつまんでおきます。
IMG_7078.jpg

 ついでにパンも
IMG_7080.jpg

 そして搭乗口へ
IMG_7084.jpg


 この飛行機、予約したのがギリギリで最後の1席だったというのもあるかもしれませんが、当日は満席。
ありがたいことにアップグレードでCクラスにしていただきました。ギリギリ日程での往路でこのアップグレードは本当に助かりました。


IMG_7086.jpg

 ご飯も割と美味しいので、ありがたや〜
舌の肥えた人にはどうかわかりませんが、地上で普通のレストランで食べるのに近いものが食べられます。
IMG_7090.jpg


いろいろ
IMG_7093.jpg

メイン
IMG_7097.jpg

デザート
IMG_7098.jpg

 半個室状態でフルフラットになるので、気持ちよく爆睡し続けて身体を休めながらパリまで移動。
途中でチーズを食べたり、
IMG_7101.jpg

到着前に和食の軽食をつまんだりしましたが、
IMG_7102.jpg


それ以外は1本映画を見たぐらいで殆ど爆睡。
どれだけ疲れてるんだ?と自分でも思いましたが、北海道の時のフェリーで爆睡してたのと同様、移動は爆睡するに限ります。

 シャルルドゴール空港は現地時間で同じ日の16:10到着予定でしたが、少し早めに到着。
入国審査もすんなり待たずにクリアして、あとは荷物待ち。
スーツケースは回転台から出てきましたが、自転車はどうやら別みたいで、出口付近にしばらくしたら置かれてました。
易損品扱いのものはどうやらそんな感じのようです。
他の人が、六角レンチの長いのを機内持ち込みできずに預けたものとかも同じところへ出て来てました。
(長さのある8mmとか6mmは機内持ち込みできないようです。正確なサイズ規定については別途要確認)

 自転車を回収してカートに乗せて移動開始します。

 今回も宿はヴェルサイユに取っているので、そこまで移動が必要ですが、RER B線からC線乗り継ぎで行くことは、C線工事運休区間があるため現実的ではありません。空港のインフォメーションカウンターで聞いてみましたが、やはりC線は使えないようで代替ルートをプリントアウトしてもらいました。ただメトロ利用が入ると荷物を持っての移動がかなり厳しそう(階段が多い)ということで、前回同様、空港からモンパルナス駅までエールフランスバスに乗って移動して、そこからSNCFでVelsaille Chantiers へ向かうことにします。

 JAL便の到着はシャルルドゴール空港の2Eですが、バス乗り場は2Eと2Fの丁度中間にあります。

 カートを適当に押していくとすぐにバス乗り場に近いところで自動券売機が見つかります。
この券売機、クレジットカードを使うにはおそらくICチップ入りのものが必須なのかもしれません。
磁気のみだと購入できないかもしれないので注意が必要です。

IMG_7112.jpg

 モンパルナス駅まで片道17.50€
IMG_7113.jpg

 帰りがどうなるかわからないので片道で買ってしまいます。たしか4人以上だと割引とかもあったはず。

 同じ飛行機だった青葉の白川さん達と一緒にバスに乗り込みます。
IMG_7115.jpg

 バスは荷物の移動が平面移動で済むので楽ですが、ターミナル2からぐるぐる他を回って空港を出るまでにそれなりに時間がかかってしまい、パリ市内も夕方で軽く交通集中による渋滞があって時間は多めにかかりました。

 モンパルナス駅のバス乗り場(降り場)は分かり易いところにあり、駅のすぐ横で降ろして貰えます。
4年降りのモンパルナス駅は、記憶が欠落していて何番線あたりに乗ったかが思い出せず一瞬躊躇します。
人が多いので荷物を担いでの移動はしづらいですが、案内係の人を捕まえて聞いてみたら、「こっちだ」と奥の方までつれていかれて電光掲示板を指さされて理解しました。

 空港とのエールフランスバス乗り場側が1番線、奥へ行くほどホームの数字が大きくなります。
手前はTGVなど特急列車。近郊の各駅とか快速?みたいな電車は11、13、15あたりから出ているようです。

 白川さん達とはぐれてしまって少し探しまわりますが、どうにも分からないので諦めて一人で券売機で切符を買って次の電車に乗り込むことにします。
この券売機もICチップ入りのクレジットカードでないと受け付けてくれないようです。券売機前には不慣れな旅行客が時間をかけて切符を買っているのか、時間がかかります。他人のことを言えた義理ではありませんが、自分も不慣れなわけで、面倒なので手持ちのコインで買ってみましたが、Gare MontparnasseからVersailles Chantiers までは3.55€

 普通の改札から入場しようとして失敗。
自転車とか大きな荷物の時は専用の改札から入る必要があるのですが、忘れてました。
荷物だけ先に通ってしまい自分が通れずにロックアウト(ToT)
近くにいた駅員さん?(案内係の人)に訊いてみたのですが、チケットが改札に吸い込まれた分が戻ってこない状態。
それでも、そのまま行けと言われて、改札だけ通してもらって電車に乗り込みます。

 次の電車は各停でなく途中すっ飛ばしとなるらしく、最初の停車駅がVersailles Chantiers
発車間際まで待って、あまり人が乗ってこなかったので車両の端っこにこんな形で荷物を置かせてもらいました。
IMG_7121.jpg

 15分ぐらいでVersailles Chantiers到着
荷物を担いで階段を上って、ちょこっと記念撮影。
IMG_7125.jpg

 宿があるのは、もうひとつあるVersailles Chateau Rive Gauche駅の方が近いのですが、ここからでも1km程。
歩けない距離ではないので荷物を担いで歩いていきます。

 あともう少しというところで雨にふられてカフェで一休み。

 ちょっと時間をロスしましたが、気を取り直して最後少し歩いて宿にチェックイン。
同じ日の早朝便で先に現地入りしていたAJたまがわメンバがフロント横にいて、晩ご飯を一緒に行くことにして荷物だけ部屋に置いてきてとりあえず移動は終了。

 

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。






 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。