So-net無料ブログ作成

2014年SRメダル到着 [ご挨拶・説明]

2015.3.28(土)

 昨年2014年のSRメダルが届きました。うちに到着したのは昨日ですが、ヤマトのクロネコメール便なので、配達される地域によって多少前後するかと思います。

SR_medal.JPG

 少し前に、チラッとAJ会長が書かれていたのを読んだのですが、今回のSRメダル(国内)の発送は500通にもなるそうです。その全てが現AJ会長が封入、封緘してメール便で発送……気の遠くなる作業です。

 SRメダル自体は、4年ごとに切り替わります。PBPのある年に新しいメダルになり、その時にはメダルに年号が刻まれます。今回送られてきたSRメダルは2011年から2014年までのもの。ちょうど最後になるのでACPでも最後の数調整があるのでしょう。世界的にどれだけSRメダルの需要があるかわかりませんが、そんな数は出ていなかったなずです。
昨年のSRメダル、日本からだけで500枚……え?って物量です。それだけ国内ではブルベのSRシリーズを一通り走る人が増えたということでしょう。

 でも、PBPの年でもないのになんで?って他の国からは思われているかもしれません。(個人の推測)
 国別の認定距離だと日本がダントツの一位になっているそうですが、それも何だか……(個人の感想)

 日本のランドヌールの集団はしか状態が一段落するまでは、SRメダル需要も高止まりなのかもしれません。

 SRというのはあくまでも表彰のひとつであって、メダルを貰おうが貰うまいが、単なる結果です。
形になるものが欲しくて、ということがあって、初めてメダル申請があるわけですが、一回貰えばいいやという人もいますし、毎回貰う人もいる。(正確に言うと1000円で購入)

 日本人の特に男性はコレクター気質が強いというのもあって、結構集めている方多いのではないでしょうか?
自分もそうですけど(苦笑)

 つまらない拘りで言うと、今回のメダルは自分にとって別の意味があります。
あくまでもそんなのは後付けの意味づけでしかなく、単なる個人の悪趣味でしかないですが、初めて自分のコースでSRを取得することが出来た。それだけです。
全て試走で取っているというのがまた違う意味で泣けてきますが……

・定峰200(春は落としたので秋の認定で取っている)
・ニッチツ300(西上州300もとってます)
・北関東400(本番の2日前に走って、本番ほどでは無いでしょうが豪雨の中完走)
・白馬・木崎湖600(スタッフ試走では唯一の認定完走)

 シーズン初めには春の定峰200の試走をタイムアウトで落としているので、よく取れたとも思うわけですが、
今となってはそんなの既に「過去の栄光」でしかなく、全く意味はありません。

 今年2015年はSR取らないとPBPへの参加資格がない年なのでちゃんと狙わないといけないのですね……(苦笑)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0