So-net無料ブログ作成
検索選択

車のライトはハイビームが基本 [交通安全]

2014.12.24(水)

 今更の話ですが、年末いろいろ交通事故が多いらしく、あらためて思い出したように書いてみたり。

 殆どの車のドライバーがロービームのまま走っているそうですが、本来ハイビームが基本です。
対向車とのすれ違い時のみロービーム(下向き)に切り替えて、それ以外ではハイビームに戻す必要があります。

 酔っ払い歩行者、路地から飛び出してくる無法自転車、等々、理解不能な動きをする人をなるべく早めに察知するにはハイビームでないと見えません。路上で寝込んでいる酔っ払いをひき殺すことも多いそうです。
(ハイビームにしたからといって全て見えるわけでもないですが、ロービームだとほぼ無理ゲーだったり)

 車を運転する人にはこの習慣を身につけて欲しいと思います。

 そして、自転車乗りにはこれと同じレベルで(自分の走行速度に合わせて必要な)ライト装備が必須であることも再確認して欲しいと思う次第です。

 対抗してくる車のライトがまぶしい時は、視線を若干左にそらすなどして対処しましょう。
迷惑だなぁって思うこともあるかもしれませんが、照らされて相手から視認されてる方がより安全なわけで、そのあたりは理解が進んで欲しいところです。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。