So-net無料ブログ作成
検索選択

eTrex30をRAMマウントで [GPS]

2014.7.5(土)

 しばらく前に買ったGARMIN eTrex30(英語版)、使い方がわからず、マウントも買い忘れて出番無しでした。
先日、マウントは追加で買ってみたもの、ハンドル周りの再整理をしないとうまくつきそうもないということで、白馬・木崎湖600の試走にも間に合わず、本番投入は伸び伸びになっていました。

 今日、ハンドル周りを整理してみたのですが、やはりどうにも居場所が見つからず、どうしたものだか考えていたのですが、ハンドルに無駄についているRAMマウントのU字ボルト留めのボールジョイントを眺めているうちに、

「RAMマウントのホルダ買ってくれば解決?」という結論に達しました。

 そうなれば、あとはもう時間もないので直接、代々木のGPSストアまでひとっ走り。
既にカメラ用のボールジョイント装備はついているので、既存のパーツは流用して、eTrex30用のホルダーとそのホルダー裏にボールジョイントをつけてしまえばOKです。

 eTrex30は軽いので、ボールはプラでも大丈夫らしく、プラを調達してきました。

買ってきた直後に屋外で撮った写真
IMG_2140.jpg

 ホルダー単体を確認してみます。
プラボールにはネジが3種類(3種x2本)入っていて、このホルダーとの組み合わせは一番長いサイズのネジ。
IMG_2143.jpg

 eTrex30をホルダーにはめてみたところ。やはり無駄にゴツくなります。
が、これならホルダーからeTrex30が吹っ飛んでいくことはおそらく無さそうです。
IMG_2144.jpg

 横からみると、これだけ大がかりな装備になることがよくわかります。
IMG_2145.jpg

 オレンジ色のはGPSストアの袋ですが、写真撮るとうまく映らないので、
無理矢理Macの上で撮ってみます。ブツ撮りはこっちのほうがなんとなくしっくりきます。

IMG_2146.jpg


 元々がカメラ用のRAMマウントを流用しているので、ショートアームだったりします。
eTrexを水平にして見るにはショートアームでもOKですが、角度をつけるにはもう少し長い標準アームの方がよいかもしれません。自転車に取り付けての調整は明日やってみたいところです。

(おまけ)
eTrex30、元々Edge派だった自分としては、使い方が全くわかりませんでした。
慣れてしまえば大丈夫なのでしょうが、いちいち操作がEdgeとは異なります。
ルートラボで北海道1200のコースを各PC間にわけて自分で引いてみて、それをGPS Babel(すいません、マカーです)を使って構成点を少なめにしたり、往路のデータを反転させて復路のデータとしてみて、エディタで開いて、<name>と</name>タグで挟んで、eTrexのトラックリスト上の表示で分かるようにしてみたり、というところまではやってみましたが、正直その先、どうなるかが分かっていません。
トラックで呼び出して、地図にトラックを表示させるところまでは出来ているので最低限のレベルには達してますが、宝の持ち腐れっぽい雰囲気が漂っています(´・ω・`)

Edge705を従前どおりサイコン兼ログ取りとして、eTrex30は地図を常時点灯表示させておくだけで十分かな?
とも思っていますが。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

たまけん

今頃、1200kmを走っていらっしゃると思います。
私はエントリーしようときがついたらもう埋まってしまって^^); もっともこの前の600kmをDNFをしてしまったので、とても1200に挑戦するどころではないですが。
eTrex30は私も評判を聞いて買って、この前の600で試用したのですが、準備でバタバタしていてコースすら入れ忘れたため、本当にただつけているだけの試用になってしまいました。RAMマウントだとゴツくなりますが、ロングアームだと先に飛び出させて見やすくなるのでしょうか?
Edgeに比べてスタート・ストップボタンはなかったりして短~中距離の時は時間がきちんと測れませんが、長距離のブルベでは問題にならないのでしょうね。それより次地点への距離が出たりピークまでの距離が出たりなどの機能があるようで(まだ使いこなせていませんが)、使えれば便利そう。距離表示は大きく表示しないと100km以上では小数点以下が出ないのに気がついたのは前回の600の時。距離は重要なので次回は大きく表示して見る予定です。
では、1200km頑張ってください!
by たまけん (2014-07-10 14:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。