So-net無料ブログ作成
検索選択

GENTOS LEDランタン EX-757MS お手軽照明 単3×4本 [アウトドア]

2014.5.21(水)

 今だと誰もが知っているGENTOSですが、その昔はホームセンターにたまたま置いてあったり、アカリセンターで通販で買ったりしないと入手しづらかったりしました。今だとAmazonでも買えるのでかなりのお手軽調達となりましたけど。

 最初にGENTOSのLEDランタンを買ったのは、たしかGENTOS 閃 SG-305とかをアカリセンターで買うのに、○○円以上になると送料無料というので「これも試しに買ってみようかな?」的なノリでEX-737NXを買ったような記憶があります。ソロキャンプとかでテント内の照明として使うに割とお手頃なコンパクトな筐体で、割と重宝しています。

EX-737NXの後継機? EX-837NX

 このEX-737NXをブルベのスタート受付などでも使ってますが、ブルベカードの記入を手元で行う程度であれば、これ1つでも十分事足りたりします。GENTOSは乾電池3本駆動のものが多く、これも単3×3本なのですが、eneloopの充電は4本単位なので、充電時にちょっと使いにくいと感じることもあったりします。

 もう少し光量のあるLEDランタンをひとつ追加したいと思って探してみたのですが、
・価格的にこなれている(新製品ではなくちょい枯れた商品)
・そこそこの明るさ
・使用電池が偶数本数(2本、4本単位)
で選ぶと、EX-757MSというのが良さそうです。

EX-757MS (2014.5.21現在 Amazonで2756円)


GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ150ルーメン/実用点灯20時間】 EX-757MS

GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ150ルーメン/実用点灯20時間】 EX-757MS

  • 出版社/メーカー: GENTOS(ジェントス)
  • メディア: スポーツ用品


 そんなわけでいつものようにAmazonでポチっておいたのが先ほど到着。
gentos_1.JPG

 外箱を剥くと、本体、ストラップ、カラビナ、(テスト用)電池:単3×4本
gentos_2.JPG

 明るさの比較は難しいのですが、一応、比較してみました。
EX-757MS(左)はLEDライトが上から下に照らして、下に反射板があるタイプです。
gentos_3.JPG

 LEDの向きを本体の横についているネジでくるっと回すことができるので、外向きに照射もできます。
本体下にフックがついてるのですが、カラビナを着けて上から下吊りで使うのにも便利でしょう。
gentos_4.JPG

 ワンタッチタープテントから吊して全体の照明としても使えそうかな?とかいろいろ考えてみたり。
※BRM607たまがわ400km北関東の折り返し有人チェックで使用する予定

 屋外で火気OKなところであれば、手持ちのガソリンランタンをメインの照明に使いますが、それとは別にLEDランタンもいくつかあった方が便利でしょう。

 単3のeneloopは手持ちのでも十分まかなえますが、容量の大きいproを少しポチっておこうかなと思ったり……
Panasonicのeneloop proは急に品薄で高くなっているのとロゴがいまひとつなので、Amazonベーシック?
(Panasonicのは2450mAh、Amazonのは2400mAhと若干差がありますが、8本1900円)

 ほんとはLEDじゃなくて、ガス式のポータブルなランタン欲しいんですけどね。
雰囲気的には火の明かりの方が、揺らぎがあったり暖かみがあったり。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。