So-net無料ブログ作成

足もみながら白湯飲んでます [トレーニング]

2013.9.17(火)

 どうも夏の暑い時期から体調が下降線。停滞しまくりで身体がいまひとつシャッキリしません。
冷房病なんだかビールの飲み過ぎなんだか(苦笑)

 6月から長引いてる膝裏の調子の悪さもなかなか改善する気配がなく、どうしたものだか。

 さすがにちょっとこのままでは不味いと思って、民間療法というか東洋医学的なものかもしれませんが、連休中に台風で少し暇だった時間を使って足の裏をもんでみることにしました。本当は上手い人にやってもらうのが一番なんでしょうが、週1で通うとかだと間に合いそうもありません。毎日もむには自分でやるしかないでしょう。

 台湾式、もうちょいマイルドなところ、長年そういうところに通ってたこともあり、見よう見まね?で足裏の反射区とかどうもめばよいか、素人ながら多少はわかります。昔からどこが痛むかというのは殆ど変わらないのですが、今はどこをもんでも痛い、痛い、痛すぎる。

 実家の本棚にも一冊置いてあったような気がしますが、基本に戻って台湾式というか官足方の本をポチってみたり。これだいぶ古い本なんですね。初版が1986年と書いてある。

足の汚れ(沈澱物)が万病の原因だった―足心道秘術 (マイ・ブック)

足の汚れ(沈澱物)が万病の原因だった―足心道秘術 (マイ・ブック)

  • 作者: 官 有謀
  • 出版社/メーカー: 文化創作出版
  • 発売日: 1986/07
  • メディア: 新書

 その頃自分は、せいぜい青竹踏みとかゴルフボールを足裏で転がしてぐらいのことをやってたような気がします。
一時期流行った街の足裏マッサージに通い出したのは、もう少し後ですね。

 自分の足を自分でもむには、痛いところをしっかりもむのが無理だと思うのですが、それでもやらないよりはマシなので、基本的なところを押さえつつ足裏全体痛いところをくまなくもみはじめました。

 今はネットで検索すると、足裏反射区の図解はすぐに見つかるので、それ見ながらでも見よう見まねでは場所はわかるでしょうが、適当な順番でもんでいきます。
左足の腎臓、輸尿管、膀胱、ともむのがまず最初。本当はそのあとも順番とかあるでしょうが、とりあえず今自分で一番痛い場所を中心にもむのを優先しちゃってます。

 心臓、肝臓は少し強めにもまないとしっかり入っていかないので、気合いを入れて。胆嚢はポリープがあったりするので、胆嚢と肝臓まわりはいつも痛い場所です。内臓まわりはボロボロですが、胃腸まわり、各種臓器がどこを押しても痛い。
 足裏反射区だと載ってませんが、足の側面のところで押してかなり痛い場所が肩、肘、膝。こんなに全身ボロボロでよく生きてるなと思えるぐらい。

 ふと思い出して、部屋の隅に片付けられていた古いフットマッサージャーを引っ張り出してきて、それも利用して少し時間をかけてながら作業でもんでみます。
手でもむほうがよいのでしょうがそうすると他になにもできなくなるので、マッサージャーに足を載せてゴロゴロもんでもらいながら、他の作業をしてみたりということですね。 

 足裏だけでなく、脹ら脛というか頸骨、腓骨の側面ももんで、あとは膝上10cmまでもむように本に書いてあったので、そのあたりはあまり慣れてないもの、膝上の筋肉や腱をマッサージするような感じで少しもんでおきます。

 ある程度もんだあとは、白湯を500ccほど飲んでおしまい。水をいれたジョッキをレンジにかけて白湯にしてから、ごくごく飲んでしまいます。結局のところ、足裏をもんで溜まっていたいろんな余分なものを血液経由で腎臓へまわして尿として排泄していくだけのことです。

 もんだあとしばらくすると30分ぐらいストンと寝落ちしてしまったりするのですが、やたら眠い、怠いというのを経て、少しスッキリしてきました。昨日は朝、昼、晩と1日3回やって、その都度寝落ちしてたり。

 足裏をもむのは足底の筋肉ももんでいることになるのでしょうが、膝裏の痛みはどうも足底からつながってた張りのような感じで、足裏をもんだことで膝の痛みが少し緩和してきました。と同時に、膝周りは自分が思ってたよりさらにボロボロだったことも何となく分かって、これが自転車で走ってて今ひとつ不調でうまく走れない原因のひとつだったかもしれないと思うに至りました。

 膝まわりは、もう少しじっくりリハビリ的な運動も入れて完治させるようにした方がよさそうです。


↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。
 
 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0