So-net無料ブログ作成

暑さになれるために日中走行 [トレーニング]

2013.7.9(火)

 昨年もやってたような気がしますが、日中乗れるなら暑くても、暑い時間帯だからこそ乗ってみる。
そういう感じで、ちょこっと走ってきました。もちろん、無理は禁物なのですが。

 前回懲りたので、UVアームカバーをしっかり装着してから自宅を出発。ダブルボトルの片方は、冷蔵庫の製氷で作った氷のみをつめてあります。「かけ水」専用ですが、クマボトル(POLAR)に氷だけを入れておいて、とけて氷水になった水の部分だけを使います。最初から氷水で満たしてしまうと容量はめいっぱい入りますが、すぐに氷がとけてしまいますが、氷だけを入れておくと少し長い時間まで氷が残るのでいつでも冷たい氷水が使えます。
(少しずつ使って、最後まで約2時間半持ちました。長時間走行する際はもっと多頻度で使うでしょうが、ゆっくり走る分にはさほど使わずでもなんとかなります)
アームカバーの上から氷水を少量かけておくと、しばらく腕が走行風を受けて冷却されます。時折、首筋に少量たらしてジャージの首回りを濡らしつつ冷やします。

 今日のお昼前後の気温は35度ぐらいだったでしょうか。たぶん東京も猛暑日になったはず。ただし、湿度が少し下がったような感じでしょうか。気温の割に暑さがベッタリまとわりつく感じはしません。風もそこそこ吹いていて多摩川沿いは比較的気持ちよく、さらにいうとガラガラで(ほぼ)貸し切り状態。

往路での風景(調布の堰)
DSC01110.jpg

30kmほど走って拝島橋を超えたあたり、暑さで疲れたので休憩&近所で適当にお昼ご飯。
ちょっと涼んでから折り返し。

復路は、一気に帰ってこれず、京王閣近くの多摩川児童公園でドリンク買って一休み。

その先通りかかるとインフレータブルボートらしき船が走ってる。
岸から測量かなにかをしている感じだったので、単なる作業ですかね。
DSC01116.jpg

 山梨の方では甲府盆地で39度を観測したとか、かなり暑くなってるみたいですが・・・それに比べれば、35度とか別にたいしたこと無いんじゃないか?と思ってしまうのは、だいぶ頭がおかしくなってます。
本来は35度は猛暑日として「屋外での運動は控えましょう」というのが基本です。

 それでも、なるべく暑い時間帯でも少しずつ走っておいて、身体を夏向きに慣らしておきたいところです。


↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0