So-net無料ブログ作成
検索選択

ベルを2個つけようかと思っていたり [安全装備]

2013.1.12(土)

ブルベで走るランドヌールにとっての必需品のひとつにベルがあります。
本来は、国内の道交法で自転車も軽車両として警音器が装備として必要になります。

たとえブルベでなくても、公道を走るには必要な装備ですから、
日頃から自分が乗っている自転車に「ついているのがあたりまえ」なのですが、
なぜかブルベのスタート地点で、「ベル忘れ」で出走サインを貰えずに一旦待ちになってしまう
人達が未だにいたりするのが不思議な現象です。

たいがいは周りにいる、その日走らない自転車から1つベルを外して、
誰かが貸してくれたりとか助けてくれることで出走できたりもするようですが、
本来は御法度です。
ベル無しでスタート地点に来ている時点で重大なルール違反
(完全車載で運搬している場合は公道走行していないので違反ではないですが・・・)

つい、うっかり。
整備中に、バーテープを交換した時に、外したまま家に忘れてきてしまった。
そういう人がたまにいるのも事実だと思うので、助けてくれる人もいたりするわけです。

本来はスタッフではなく、単に参加者同士で「うっかりミス」への対処として、
手をさしのべる程度であれば黙認されるかもしれませんが、やはりいいものではありません。

とはいいつつ、いざと言う時のために、
自分の自転車にもベルを2つずつ装着しておこうかな、とも思ったりします。
(貸してもいいけど、貸した時点でその自転車は厳密には公道は走行できない車両になるので自衛策)

CATEYEのライトブラケットに付けられる、こんなのでも買っておこうか検討中です。


ちなみに、100均とかで売ってるベルは所謂ママチャリなどのハンドルに付けるサイズです。
ロードの大径ハンドルバーには直接装着できません。
そんな時にたよりになるのはタイラップ、または太めのゴムバンド。
たいがいはタイラップで留めてしまえばなんとかなります。

いざと言う時のために、適当なサイズのタイラップを数本持っておくと便利です。
タイラップも実は100均で入手可能です。
100均のは耐候性が低いかもしれませんが、一時的に取付で使う分には問題ありません。
通年で使うような場合だと定期的に交換するか、100均ではないプラスチックの品質の良い
市販のタイラップを使うことをおすすめします。

↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。