So-net無料ブログ作成
検索選択

寒さに強いライト用の電池ってどんなの? [安全装備]

2013.1.7(月)

今年の冬は既にかなり寒いですね。
東京在住なので、北の国の人達からすると「寒くないじゃん」と言われてしまいそうですが、
寒さが堪えます。

冬場の夜間走行は寒いし辛いので、個人的には基本的には無しにしているのですが、
たまにどうしても走らなければならない事もあったりします。
そんな時には少しだけ考えておいて欲しいこととして、
電池式のライトだと、電池の種類によっては寒さで使えないこともある
ということです。

通常の寒さではそんな事無いと思うでしょうが、0度付近の気温でも、
ダウンヒルだったりすると走行時の風によって体感気温は軽く氷点下を越えてしまいます。

ライト自体が点灯で熱を帯びている場合は大丈夫でも、
状況によっては、一気に電池を消費していくような感じでストンと落ちてしまうことがあります。

一般的に使う電池としては、アルカリ乾電池かエネループなどの充電池だと思いますが、
アルカリ乾電池だと、おそらくすぐに使えなくなります。

エネループも万能ではありませんが、0度とか氷点下一桁台ぐらいの気温であれば、
多少エネループの使える時間が短くなるにせよ、ライトが消えてしまうまでのことはありません。
私がいつもエネループを使っているのは、貧乏性というのもありますが、
電池の持つ容量が大きいこと、低温でも使えることも加味して使っているのです。


600kmまでであれば全てのライトの電池をエネループで揃えて行きますが、
それ以上の距離の場合、アルカリ乾電池も予備電池として持参する場合があります。
そのアルカリ乾電池を実際に使ってみて、寒い日の明け方などストンと光量が落ちてしまう。
ということを何度か体験しています。

もっとも、真冬の北海道で氷点下20度とか、極寒の世界でスパイクタイヤを履いて走る、
なんて世界になるとエネループでは役に立たなくなるのでしょうが。
そういう世界で使う場合には、リチウム乾電池のエナジャイザーなど、
少し特殊な乾電池を使う方が良さそうです。

シック エナジャイザー リチウム乾電池 単3形 4本入 FR6ELU 4B

シック エナジャイザー リチウム乾電池 単3形 4本入 FR6ELU 4B

  • 出版社/メーカー: Energizer
  • メディア: Personal Computers

もしかしたら、こっちの方が入手しやすい?


ちなみに、パナソニックのリチウム乾電池とエナジャイザーの比較を見つけたたので、
参考まで: 
家電製品ミニレビュー - パナソニック「1.5Vリチウム電池単三形」 - 家電Watch http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/kdnreview/20120125_506972.html

AJ北海道のアイスブルベだと、そういうのを使っているのかな?


↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。