So-net無料ブログ作成
検索選択

タイヤに厳しいフランスの道 [PBP準備]

2011.8.20土 現地時間

これもまた昨日8.19金のお話です。
五人で下見走行途中、タイヤのトラブルがありました。
宿からスタート地点までの7kmちょいでヴェルサイユ宮殿の横、自転車道ではときおり横切る小道がパヴェ。そういうところも気を使いますが、PBPのコースは最初快適な道が続きます。

今回はスタート地点から37kmぐらい先の場所まで往復しただけですが、帰り道の途中でバンクトラブルがありました。
某○さんですが、路上でのパンクは初めてだとか。比較的パンクに強いといわれる4シーズンを履いているのに、、、

ご本人は内緒にしたいらしいので仮名として。

このリカバリーに信じられないほど苦労しました。昨年のフレッシュで、似たような経験をしましたが、今回はさらに大変。
一時間半ぐらい?もしかしたら二時間以上かかりました。

落ち着いて対処すれば、そこまでかからないでしょうが、路面状況もちがうのでトラブルの出方もどうも少し違うようです。
街中を走ると直径15cmぐらいの小さな鉄の丸い蓋が、路肩から少し車道よりにポツポツあるのです。
たぶん、水道とかの各住宅への引き込み毎にあるのでは?という推測なのですが、これがモロに自転車走行ライン上にあるのです。
周りのアスファルトがえぐれて穴があいてたり、かなり厄介です。
おそらくそれを知らずに踏んで、あたりどころが悪かったのではないかと思います。

結局、タイヤのサイドをリム打ち?でリムのあたるところを小さく二ヶ所スネークバイト。
チューブの穴はもう少し中よりでリムテープの凹みで穴が開いたのかと思っていたので、しばらく気がつきませんでした。

タイヤの穴は裏からパワーテープを少し千切って貼り付けて応急処置。
ここにたどり着くまで、4回?ほどチューブにパッチをはったり、リムテープの凹みをパワーテープで応急処置したり、、、で延々と作業。

なんとか収まったので帰路につくと、別の某○さんが右側に一瞬ふらついて、軽く縁石にヒット。帰ってきて調べたらタイヤはアウト。

50kmも走らないうちに、5台中、2本のタイヤがダメになりました。

スペアタイヤは一本だけ、ドロップバッグにいれておく予定でしたが、、、
持って走るか悩むところです。

慣れれば大丈夫でしょうが、夜間ありのロングライド。厳しいフランスの道を、あらためて実感しています。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。