So-net無料ブログ作成

危ない危ない、ヘッドセットのシールドベアリング交換 [PBP準備]

2011.8.11(木)

遅々として進んでいないPBP準備作業の一貫ですが・・・
急にハンドルが渋くなってしまい大慌て。思い当たるフシは、たぶん雨の中走ったブルベとかの後遺症。

家の近所というか、あまりに近所すぎてびっくりな場所にお店ができてからですが、
最近メンテでお世話になっているのは、BIKE & HIKE 二子玉川店。メカニックは松田さんが担当。

昨日は定休日で持って行けず。今日、開店と同時に相談しようかな、とか思っていたのですが、
(゚◇゚)ガーン
朝から子供を連れて、私の両親宅へお出かけする予定になっていました。しかも3泊とかで帰ってきたらお店はお盆で夏休みらしい。
開店時間は正午から、先に修理してもらってから出かけたいところですが、そうも言ってられません。
泣く泣く支度をして、子供を連れて車で出かけていきます。そして出先からお昼過ぎにお店に電話してみます。
「自転車の調子が悪いので診てもらいので、夕方もっていきます」と打診しておきます。

で、お昼を食べて少し休憩してから、おもむろに一人で一旦帰宅します。
帰宅後すぐ、夕方5時ぐらいにBIKE & HIKEへ自転車を持ち込みます。私よりも近くに住んでいるお客さんもいるそうですが、たぶん5本の指には入るのではないかと思うぐらいのご近所ぶり。

「ヘッドがダメになってるかもしれない」と言って、自転車を診てもらいます。
今シーズン始まってから、たしか豊橋ー鎌倉400を走った後ぐらいに、一段落するのでオーバーホールでひととおり診てもらっていて、その時に「意外とまだヘッドは大丈夫みたいですよ」と言われてましたが、その後に雨が降りっぱなし(というか台風の影響による土砂降り)の千葉600とか酷いコンディションの中走ったりしてるせいか、その後のお手入れもしっかりできておらず、やっぱりボロボロになっていたようです。

うちの自転車のヘッドセットはCANE CREEKですが、シールドベアリングは上下ともだいぶ錆が入ってました。特に下の方は顕著。雨天走行後の手入れが今ひとつということですが・・・と、反省することしきり。

ダメになったシールドベアリングの写真(手前が下の方のベアリング、ネジとかは関係無い別のものです)
R0064924.jpg

その前のお客さんで、シールドでないベアリングで酷い錆錆のが横にあって「そういうのもあるんですよ」と教えて貰いましたが、それにしても自分のもだいぶ酷い状況。

使っているシールドベアリングは割とよくあるサイズらしいのですが、欠品一歩手前らしく最後の1セットがリペアパーツとして在庫に残っていたようです。ギリギリセーフ。

サクッと交換してもらって無事終了。これで安心して走れます。
ついでに他の各所もざっと診て貰いましたが、ワイヤー類も大丈夫、シフトもちゃんとインデックスが合っている感じで問題無し。そういえば千葉を走る直前だったかFDのシフトワイヤー付け根がほつれかけていてインナーだけ交換してもらったりもしてました。

チェーンは先日自分で交換しているので問題無し。ホイールも新しいのを履かせて、それと一緒にブレーキシューも新品に交換しているので問題無し。のハズ。

自転車本体についてはこれで不安が無くなったので良かったです。
でも、やっぱり「雨の日に走る」というのは、たとえ完走したとしても、こういうリペアで出費が嵩むわけですよね。素直にDNSできる大人になりたい、と来年のことは来年また考えることにしましょう。

その後、とんぼ返りでまた両親宅まで車で舞い戻りましたが、夕方の渋滞時間になってしまい、抜け道を駆使しながらも自転車に負けるぐらいの時間をかけてなんとか移動完了。

3〜4時間ほど無駄に移動しまくりというのは置いといて、まぁ一歩前進したということです。

人気ブログランキングへ
↑ なんだか悠長だけど大丈夫かい?と、応援クリックしてくれると嬉しいです。










nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

グレイ

ベアリングもこんなにきたなくなるんですね
by グレイ (2011-11-16 18:05) 

ヘッドセット交換したい人

どうやってベアリング取ったんですか?
by ヘッドセット交換したい人 (2013-03-23 21:08) 

pika

遅レスですいません。<(_ _)>

>グレイさん
激しい雨の中走行したりすると、ヘッドパーツ周りまで水が浸入してしまいます。
ちゃんと掃除しないで放置してると、錆び錆びに。
ご注意下さい。

>ヘッドセット交換したい人
ステムを緩めて外してあげれば、外れますけど。
再度組み立てる際には、それなりにちょっと気をつけて、しっかり留め直す必要があります。
締め付けトルクはかなり要りますが、加減がわからないようであればお店で整備してもらうほうが安全かもしれません。
(最近は清掃時など自分で開け閉めしてますが、プロに見て貰う必要があるときはお願いしてます。)


by pika (2013-03-26 16:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0