So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

親切に対応するとミスを招く [BRMスタッフ見習]

2015.3.26(木)

 タイトルどおり、読んで字のごとくなのですが………

 よかれと思ってスタッフが例外処理対応をすると、そのうちのいくつかが最後の最後になってリザルトでミスにつながったり、ということがどうしても起きてしまうようで、じっと手を見る、ということがあるわけです。
AJとかACPに提出する前に内部チェックで気づけば問題無いのですけど、万一そこをすり抜けてしまうと、ちょっと後で申し訳ないことにもなるわけで、どうしたものだか考え中。

 エントリーデータは極力手で修正を加えたくないのです。参加者自身が入力したデータが正しければ、完走時間とメダル有無欄の2項目だけをこちらで入力するだけでお終いです。リザルト作成は本来シンプルなはずなのです。
その他にAJに提出する諸々の情報があり、そちらの項目も本来誤入力がなければ全く問題はないはずです。

 正規のエントリー期間内に、正しいデータを入力いただいて、期限内に参加費のお振り込みをいただく。
たったそれだけのことが出来ない人が、毎回数名ずついらっしゃるのは、ある意味仕方の無いことかもしれませんが、その対応でかなり困っているということだけは、どこかでお伝えしておく必要があると思います。

 人間ですから誰しもミスはします。それは仕方がありません。
ただ、ミスがあったかどうか?ご自分で確認できる手段をAJたまがわでは提供しています。
エントリーデータの控えは、自働返信メールでお手元に届いているはずです。
届いていない方は、たいがいご自身が利用しているメールアカウントの設定で、PCからのメールを受け付けないようにしていたり、何らかのフィルターで迷惑メールフォルダに振り分けられたり、ということが大半です。
たまにこちらの自働返信スクリプトがGoogle様のご機嫌がいまひとつで飛ばないことも(事故として)ありますが、表面的にリザルトとして公開されるデータについては、本番前に正式版のエントリーリストでも公開していますし、本番後には暫定版のリザルトとして公開していたりもします。

 AJやACPに誤ったデータでリザルトが提出されてしまうと、後からの修正はおおごとになってしまいます。
AJもACPも大きな組織で無く、実際の作業者はとある個人だったりします。(各クラブでも大概そうですが)

 ブルベはあくまでも「認定」です。認定のために必要なデータがどれだけ大切か?
参加者の方に再度よく考えていただければと思います。
名前が異なっていたり別人の認定となったものは、貴方の認定とはなりません。ご注意下さい。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

2015BRM425たまがわ400km北関東・エントリーもうすぐ締切 [BRMスタッフ見習]

2015.3.25(水)

 一昨日、昨日とBRM425北関東400、エントリー受付しています。今日いっぱいはそのままエントリーフォームを開けておくので、まだエントリーは可能です。参加費の確認期限が3/27(金)は変わらず。

 毎週、毎週、BRMのエントリー受付をしていると、さすがにちょっと疲れてきます。
なるべく多くの人に参加できる機会を、ということで各BRMの主催担当者が細かいフォローをしていたりすることもありますが、例外対応で締切が締切でなくなると、その後の作業が大きくずれてしまうようであまり無理はできません。


 今のところコースに変更を加える予定はないので、参考までに昨年の案内ページ、またその下の方にこっそりリンクされているルートラボ情報などを参照下さい。

(参考:昨年の情報)

(参考:昨年のルートラボ:変更される場合もあります)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

 

2015BRM425たまがわ400km北関東・エントリー受付開始3/23(月)・24(火) [BRMスタッフ見習]

2015.3.23(月)

 BRM425北関東400、エントリー受付を開始しています。データ入力は本日3/23(月)と明日3/24(火)、参加費の振り込み確認期限が3/27(金)必着となります。

AJたまがわ BRM425北関東400


 ランドネきたかん、AJ宇都宮主催で北関東4市を巡るブルベ(今年はACP公認BRMではありません)があるため、北関東というペットネームはどうかとも思うのですが………
昨年、宇都宮森林公園に行って帰ってくるコースとして「北関東400」として開催したものです。今年も現地スタッフが宇都宮森林公園の例の場所で、折り返し有人チェックを行う予定です。

 佐野ラーメンと宇都宮餃子を食べて帰ってくる400kmブルベです。400kmを4分割すると、最初の100kmが普通にアップダウンがあって、次の100+αkmはほぼ平坦で宇都宮まで、折り返しての100+αkmも同じ道なのでほぼ平坦、最後は往路とは少し異なるルートで100kmより少し短く、獲得標高もよりマイルドに。400kmコース全体での獲得標高は1500m程度とアップダウンは少なめになっています。
(コースは大きく変わることは無いと思いますが、今年は担当者が変わりますので多少変更が入る場合もあります)

 天候ぶれさえなければ比較的完走しやすいコースではないでしょうか。よかったらご参加下さい。

 昨年は、大雨で多摩川が増水し、スタート地点の兵庫島は水没の危険があって、当日の朝に急遽ジャイアントストア付近のガード下に切り替えたり、多摩川上流で右岸の滝ヶ原運動場の道路が冠水している中突き進んだりということもありました。今年は4月に開催なので、まぁ大丈夫と信じたいところです。

 スタート時間は昨年5時、6時でしたが、今年は輪行での参加も多少考慮して6時、7時としました。
7時スタートの最終ウェーブは7:30スタート扱いとなります。ブリーフィングは通常6時半から行うので、6時半までに受付を済ませていただくのが本来の姿ですが、輪行参加などで到着時間が遅くなってしまう場合は事前に連絡いただいた上で7時半までに受付をすればOKとします。

 ゴールは昨年同様、二子玉川駅近くのコンビニとなり、ゴール受付場所は(約2.3kmほど離れた)深沢のBIKE&HIKEとなります。土曜日の夜、BIKE&HIKE閉店後から日曜日の昼11時まで、店内の一部をお借りして受付を設置する予定にしています。(開店は12時)


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

2015BRM321たまがわ200km鴨川・無事終了 [BRMスタッフ見習]

2015.3.23(月)

 土曜日のBRM321鴨川200(AJたまがわ・東葛班)、無事終了しました。
土曜日の天気予報では途中どこかで雨に降られる覚悟はしていたのですが、ところどころパラッと来た程度で済んで助かりました。(人により少し降られたという方もいらっしゃるでしょうが)

 当日は実走ということで走らせて貰いましたが、久々にマジメに走ることになりました。このコース、スタートからPC1までは良いのですが、PC1からPC2にかけて区間距離が43kmほどですが、ちょこちょこアップダウンがあってルートラボ読みでも獲得標高840mぐらい上り、下りは870m程度。信号が少ないのが救いですが、雨が降って無くても当日までの雨で路面はウェット、たまにダートや荒れたところもあり下りで稼ぎにくいこともあって、多少上りで頑張る必要があります。
時間的に厳しいのはこの区間が一番ですが、次のPC2からPC3にかけても区間距離が53kmで、獲得標高680mぐらい上り、下りは660m程度。サービスでついてくる上り斜面とか苔蒸した林道下り(車の轍となるところは苔が生えていないものウェットで苔に乗ると滑る)があったりで、何気にトラップがたくさん。

 今回のコースは清澄山K81が通行止めということで、コース申請時のオリジナルから迂回させる形で実施しています。

(参考:千葉県 主要地方道 市原天津小湊線 君津市黄和田畑における全面通行止めについて)

 ここの部分、県民の森キャンプ場を通るおまけのアップダウンとか、K178からK177へショートカットする林道で苔むした下りとかでつないでますが、あくまでもここは迂回で「仕方なく」?という事かもしれません。


 途中、パンクなどで難儀された方を数多く見かけました。おそらく走力的には全く問題がないのでしょうが、こういったダート有の林道区間を走るにはごく普通のロードレーサーが履く23cタイヤだとだいぶ心許なかったかもしれません。雨が無かったのでそれだけは良かったですが、豪雨の中、林道で立ち往生してしまうとチューブ交換もままならず、ということもあるので、耐パンク性能の高い(要はガードが入ってて分厚い)タイヤの方が多少楽かもしれません。

 私自身のゴールはデイリーヤマザキのレシート時刻で18:27、その後、約3kmほど移動して受付。
自転車を片付けたりで少しゴール受付を離れた時間もありますが、最終走者が戻ってきてゴール受付を撤収するまで、今回の担当スタッフの横でフラフラしてました。フリースとか中に着込んでシューズも普段履きに交換しましたが、走行後にそのまま居るのは身体が冷えたままになってちょこっと厳しかったです。

 なにはともあれ、大きな事故無く終了できたことが一番です。天候は風向きがそれなりに良かったのではないでしょうか。当初想定していたよりは天候に恵まれたこともあって、(ここしばらく乗ってなく練習不足、体重過多で上れない)私でもなんとか無事ゴールできました。

リザルト(概要)
 エントリー  70
 出走 56、DNS 14
 完走 52、DNF 4

出走された方の完走率は割と高かったようです。


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。
 


2015BRM321たまがわ200km鴨川・走りましょうかね [BRMスタッフ見習]

2015.3.20(金)

 明日はBRM321鴨川200、AJたまがわ・東葛班の初主催BRMです。
今年は200kmと300kmの2本ですが、東葛班デビューの年ということです。

 表敬訪問的にスタート地点に様子見に行って、そのまま参加者と一緒に走る予定になってます。
寝坊しなければ(^^;)

 ペダルは新品に交換しましたが、シューズは間に合いませんでした。
買ってもクリート調整があるのですぐには投入するつもりはないので仕方ないです。

 鴨川200、なにげにアップダウンが多いです。ダートもあります。
房総名物グレーチングの穴も千葉ブルベでお馴染みのとおり随所にちりばめられてます。
あと、微妙に千葉ブルベとPCがずれてるので勝手が違います。そんなところもお楽しみ。
雨対策でフェンダー付けてレインウェア上下をサドルバッグに仕込んでます。
200なのでほぼ日中走行で終わり、なんとかなるでしょう。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

2015BRM523たまがわ300km足尾・エントリー締切 [BRMスタッフ見習]

2015.3.19(木)

 BRM523足尾300、エントリーを締め切ってます。参加費の振り込み確認最終期限は明日3/20(金)まで。
エントリーされた方はお忘れ無く。

 足尾300はまだ余裕があるので、鴨川200ゴールで当日完走された方を対象に、足尾300その場でエントリーを受け付ける予定にしています。以前も、定峰200のゴールで西上州300のエントリーを受け付けてたりしましたが、それと同様になります。(事務手続きの関係で、エントリーデータのコピーで済む鴨川200参加者のみが対象です)

 今更言うなよ的な情報ですが、鴨川200の獲得標高と足尾300の獲得標高ってほぼ同じなんですよね。
ルートラボでみると約2300m程度。200kmとしては少しアップダウン多め。房総半島は高い山がないわりに小さなアップダウンが多くて足にきます。300kmは北へ向かうので途中までは平坦基調、大きな峠は1100mぐらいの粕尾峠ですが、あれ?まだ獲得標高が………ってことは小さいのがちょこちょこ入ってるんでしょうね。(^^;)


(この他の作業予定・備忘録)
 BRM411西上州300、エントリーリストが確定したので公開用エントリーリスト作成、リザルト処理までの仕込み
 BRM425北関東400、エントリーフォームの準備
 BRM709PBP1000、プレエントリーフォームの準備


 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。



PD-6800 8mmアーレンキーで取付とは [メカトラ・整備]

2015.3.18(水)

 壊れたペダルを新しいペダルに付け替えようとして、え? っとなったのが取付用の工具。
いままでは6mmアーレンキー(ヘキサレンチ)を使っていました。

 2世代前の6600 Ultegraだと、ペダルの表側が通常のペダルレンチ、裏側が6mmヘキサレンチで回せました。
新しいのも同じだろうととりあえず手でクルクルっと回して着けようとしたらうまく回らない。外側にレンチをかけるところがなく、つるつるの丸い状態です。それじゃあってことで手探りで裏から6mmアーレンキーを差し込んで回そうとすると、どこにも差さらずアレ?アレ?状態。ペダルを一旦外してねじ穴をのぞき込んだらどうもサイズが違うらしい。

 普段、フロントバッグに入れっぱなしにしてますが、L字のロングサイズのアーレンキーセットだと一番大きいサイズが6mmだったので焦ります。仕方なく携帯工具の8mmアーレンキーでペダルを取り付けました。おそらくペダルの軽量化目的で表側のペダルレンチ用のネジ頭を削減して、そのかわり裏側のヘキサのねじ穴サイズを大きいものに変えたのでしょう。(6mmだと大トルクをかけるのがちょっと怖い?)

 自分で交換したから気づきましたが、お店で交換してもらってたりすると後になってビックリすることになったかもしれません。普通の輪行ではペダルはそのままですが、OS-500を使う時などはペダルも外してしまいます。自宅でバラしていく場合は問題ないですが、8mmのアーレンキーは6mmでも嵩張るのにどうしましょう。ロングじゃないと梃子の原理がうまく働かないのでペダル用には本当はロングの方がいいんですよね。


 

 単品で買うと割高感がありますが、セットでもそれなりにお高いんですよ。
PB製のこれは使いやすくていいんですけど。自動車整備用の工具箱にショートサイズのものは入ってますが、工具箱自体しまい込んでたり。


PBピービー ボール付ロングレインボーレンチセットパックナシ   212LH-10RB

PBピービー ボール付ロングレインボーレンチセットパックナシ 212LH-10RB

  • 出版社/メーカー: PB SWISS TOOLS
  • メディア: Tools & Hardware


 で、肝心のペダルの方は、走り出してまず焦ったのが、新品だからクリートが填まらない。前のがいかにゆるゆるだったか?という事だけですけど、しっかり踏まないとカチっと填まってくれない。すぐに降りてビンディングの調整ネジ(2.5mmアーレンキー使用)を緩めてみましたが、一番下から2つめぐらいでも結構堅い。

 これは少し使って馴染んでからじゃないと分かりませんが、がっちりホールドされる感覚は新鮮です。どれだけゆるゆるのペダルで走ってたんだか?という反省をしないといけないわけですが、以前のペダルはやはり使いすぎで踏面がだいぶ削れて丸くなっていたのでしょう。(大汗)

 ペダル変えただけでこれほど体感が激変するとは……

 そんなことを某所でこぼしてたら、案の定「自転車早く変えろ!」的なコメントもしっかりいただきました。
コンポも交換しないとダメって感じ(クランク、FD、RDは2代目、チェーンリングは3代目を使用中)なのですが、やっぱり自転車新しいのどこかで買ってこないと。



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

壊れたペダルから新しいペダルへ PD-6800 SPD-SL [メカトラ・整備]

2015.3.16(月)

 今の自転車は2007年7月から乗っていて10万キロ近いわけですが、左ペダルが固着して回らなくなりました。
普通はクリートを外すと、だいたい同じ角度でコロンと垂れ下がる訳ですが、少し前から左ペダルだけそうならず固まったまま回るので信号待ちからリスタートする際のクリートキャッチでかなり気を遣う感じになっていました。
何度かオーバーホールしてますが、さすがに寿命なのでしょう。石廊崎400の前夜に自転車を玄関に出そうとして、クランクを少しまわしてたらペダルがクランクから外れてしまい焦りまくり。とりあえずラスペネ吹いて少し回ることを確認してから付け直してスタート地点へ向かったのですが、どうにもペダルが渋くてちょっと厳しそう。天候要素だけでなく実は機材に大きな不安があってDNSしてしまいました。

 以前のペダルはPD-6620-Gだったので、現行ULTEGRAのPD-6800を調達しました。
ULTEGRAなのに1万円以上するんですね。


SHIMANO(シマノ) PD-6800 PD-6800

SHIMANO(シマノ) PD-6800 PD-6800

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品

 さきほどようやく到着。(多治見から出荷されたらしく、お急ぎ便なのにちょっと遅め)
PD6800.JPG


 とりあえず古いペダルを外してみたら、左ペダルはほぼ固着。(´・ω・`)

 新しいのに入れ替えたら、とりあえず大丈夫そうです。ペダルだけは。
自転車全体で見ると、どうなの?ってツッコミは置いといて。

 いちおうクリートも黄色いのを新しく買っておきましたが、ペダル買うと1組ついているの忘れてました(ToT)


SHIMANO(シマノ) SM-SH11クリートセット [Y42U98010] セルフアライニングモード ペア M5×8mm

SHIMANO(シマノ) SM-SH11クリートセット [Y42U98010] セルフアライニングモード ペア M5×8mm

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品




 シューズもどこかで現物合わせで買ってこないと。今週末、間に合うかな?

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


2015BRM523たまがわ300km足尾・エントリー受付開始3/16(月)・17(火) [BRMスタッフ見習]

2015.3.16(月)

 2ヶ月ほど先になりますが、BRM523足尾300のエントリー受付を本日3/16(月)、明日17(火)に行います。

 東葛班主催で葛飾・金町発着となります。
定員は80名なので、上記2日間の募集だと定員まで埋まることは無いと思いますが、エントリー希望の方はお早めにどうぞ。

 AJたまがわのエントリーはスポーツエントリーではありません。エントリーフォームからデータを入力した後、参加費はゆうちょ銀行の振替口座へ振り込む必要があります。この振込の締切は足尾300の場合3/20(金)必着です。
毎回募集の度に2〜3人の方が振込確認が無いままキャンセル扱いとなっています。ご注意下さい。

 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

スタッフも人の子:エントリーや問い合わせでの諸々 [BRMスタッフ見習]

2015.3.14(土)

 各クラブ、各スタッフによって、いろいろと手続きや対応の基準は異なります。
まずはそのことを予めお伝えした上でお話させていただきます。

 公式にはなるべく「大人の対応」を心がけているつもりですが、スタッフも人の子というか普通の人です。
一次感情としては喜怒哀楽がそれなりにあったりします。

 自分自身についていえば、もうちょっと大人の対応をしてあげたいよね、と言い聞かせながらやってますが、たまに「もういいかな」と匙を投げたくなる瞬間があったりもします。
(※ そうは思いつつ、ほとんど投げたことは無いですけど)

 以下、非公式ですが実際裏でどんな感じで?ということを少しお伝えしておきます。何かの参考になれば。

・エントリーについての諸々
 ほとんどのクラブがスポーツエントリー経由での申し込みとなりますが、AJたまがわでは使っていません。
 理由はいろいろありますが、ある程度ちゃんと自分で公式サイトに書いてある内容を読み込んでから、エントリーして欲しいと思っています。書いてある説明すら読んでいない人は、実際に参加して問題を起こす確率が高くなります。そういう人を受け入れない、というのも運営上の工夫として優先しています。

 エントリーは「エントリー峠」と呼ばれるような事象が発生しないように、できる限り工夫をしています。
 想定される参加需要に対してなるべく十分な供給ができるよう、都市型ブルベで狭い発着地や交通状況にハンデがあるなか、最大限の参加枠を設定しています。2組募集で1時間ずらして、さらにウェーブスタートとするのはスタッフの数も必要ですし、待機時間も長くなります。クラブ会員制度を取っているAJたまがわに取って、本来はそこまでの枠は必要ではありません。それでも「エントリー峠」と呼ばれる「競争」が発生することはなるべく避けたいという思いがあって、十分な枠を用意するようにしています。
(※ 定員まで埋まるのは200kmだけです。年初の三浦200、春の定峰200は満員御礼。東葛班の鴨川200は定員未達)

 仕事や家庭のスケジュールが直前まで決まらないという方も多いと思います。2ヶ月前に募集するのと1ヶ月前に募集するのとでは、スタッフが裏で対応する忙しさ、余裕のなさはかなり違うのですが、現在はなるべく開催日に引きつけてエントリーの受付を行うようにしています。「エントリーしたいけど、もうどこも締め切った後だ」ということを少しでも減らせたらと思っています。

 そのため今年の募集期間は1週間で全ての作業が終了できるように設定しています。基本パターンは月曜日と火曜日にエントリーデータの受付を行い、金曜日までに参加費の入金が確認できるようにして貰う。それだけです。
参加費はゆうちょ銀行の指定口座へ振り込んで貰いますが、郵便局から振り込めます。自分の口座があれば手数料は無料。振替用紙を使って振り込んで貰えば(振替口座なので手数料は安く)窓口経由でも130円で済みます。郵便局のATMで振替用紙を直接読み込めるものを使えば80円。
 たいがいの方はモバイルとかネットバンキングの口座をお持ちのようで、そこから振り込まれる方もいるようです。その場合、口座のランクで振込手数料が0円でできる方もいるでしょうし、216円とかの人もいるでしょう。
200円以上必要な方法で振込を行う方は、スポーツエントリーの手数料(4000円以下は200円)と殆ど同じか、むしろ高い?と思われる方もいるでしょうが、そこは個人の都合でしかないと思います。
0円もしくは80円の手数料で振り込める方法を(振替口座を使うことによって)提供していますので、ご理解いただければと思います。

 この振込については、裏でスタッフが入金消し込み作業を行うことが必要になります。振込名義人と金額だけで消し込みを行っています。そのため毎週異なるブルベのエントリー受付を行っているこの時期に振込の遅延は対応しづらいということになっています。消し込み作業は本来、自転車ともブルベとも全く関係のない作業です。そういった面倒なところを外部へまるごと委託してスタッフの負荷を減らす、というのがスポーツエントリーなどを使うメリットではあるのですが、一方ブルベのことは全く知らないのに単なる安い自転車イベントと勘違いした参加者が入ってきてしまう弊害などもあり、今のところ独自の受付をするようにしています。

 エントリーデータの誤入力は日常茶飯事で、裏でいくつかチェックをかけてスタッフが手で修正を行っています。最終的にはエントリーデータから必要な情報を紐付けてリザルトを作成しています。ブルベは「認定」ですから、その認定が正しく記録されるようにする必要があります。

 ACPに提出するリザルトでの管理項目

 ローマ字(姓)
 ローマ字(名)

 ローマ字(姓)と(名)の組み合わせで個人を特定していますので、スペルが違うと別人となります。
 日本人は漢字氏名が正式なものですが、フランスで記録が管理されるためローマ字(アルファベット)です。
 どのブルベでも同じスペルで登録して下さい。

 ACPクラブコード、クラブ名
 
 どこのクラブ所属かが必要です。各BRM毎に別のクラブとなっても問題はないです。
 AJたまがわでは会費を納めて会員になる仕組みを取っています。
 AJたまがわ会員の方は600035 Randonneurs Tamagawa (AJたまがわのACP登録名称)です。

 会員制度を明確に定めているクラブの場合は、勝手にそのクラブコードを使って所属を名乗るのはNGだと思います。
 国内では、Audax Japanもひとつのクラブとして存在しています。AJ会員のみ600007 Audax Japonを選択可能。
 AJ会員以外で600007 Audax Japonを選択される方が毎回数名ずついらっしゃいますが、
 こちらで強制的に、600099 Individuel Japon (無所属の受皿)に書き換えています。

 それ以外のクラブは、なんとなくで所属を名乗ることがOKとされているようです。
 もしかしたら国内の変な慣習かもしれません。


 完走時間
 
 制限時間内に完走したことをここで示すことになります。
 ちなみにBRMでは完走時間も記録されますが、SR600では(結果の公表では)記録されません。

 
 性別

 女性のみ F というマークが付きます


 メダル

 メダル希望者のみ X というマークが付きます。
 実際にACP宛てに提出しているリザルトを直接参加者が目にすることは少ないと思います。
 そのためご存じ無い方も多いでしょうが、欧米では✓(レ点)のようなものは半角英数字にはないため使いません。
 ×ではなく、X(エックス)はチェックで使われます。
 ブルベカードのメダル欄で oui(フランス後で「はい」) non(同「いいえ」)がありますが、
 通は「レ」とか「✓」でなく、「X」と記入します。

 AJたまがわでは暫定リザルトと称して、ブルベ終了後すぐにリザルトを公開しています。
 メダル欄も同様に公開していてメダル希望者には「X」がマーキングされているのですが、
 これを「メダル希望したのに×(ばつ)がついているのですが………」という問い合わせがたまにあります。
 一応、上記の説明をつけたうえで返信しています。

 実はACPで管理している項目はこれだけです。ただこれだと国内での記録がうまく管理できないところもあって、漢字氏名とかAJ会員番号を付けたものをAJに提出しています。
また、逆にAJ会員番号から(主催者向けに内部で公開されている)AJ会員名簿から会員番号で検索して、ローマ字(姓)、ローマ字(名)、などが正しいかどうかを裏でチェックしていたりもします。
エントリーデータとAJ会員名簿から引いてきたもので、スペルが異なる場合は、個別にメールで問い合わせをして正しいものをお知らせいただくことにしています。

 AJ会員名簿の登録が間違っていた場合は、AJサイトにも載っていますが各自でスポーツエントリーから自分で修正できる項目は自分で修正し、できないものはスポーツエントリーに修正依頼を頼むということになります。
参考: AJ入会手続き http://www.audax-japan.org/Org-join.html

 ローマ字(姓)、(名)にカタカナや漢字で記入されている方、結構いらっしゃいます。
AJ会員名簿の登録間違いも、各BRMごとに数名いらっしゃるのですが、カタカナで登録されているものなどについては、担当者が親切であれば担当者から連絡を入れてもらうようにしていますが、本来これは私たちの担当作業ではありません。(ご自身でスポーツエントリーの画面から照会すれば分かりますので、ご自身で確認すべきもの)



 次の問い合わせについてですが、以下はあくまでもAJたまがわでのお作法です。

(エントリー前の問い合わせ)
 各BRMに関する問い合わせは、専用のメールアドレス宛にお願いします。
 BRM毎に主催担当者は異なります。主催担当、サブ、関連スタッフ複数名に自動的に転送され受信できるものです。異なるBRMへの問い合わせはご遠慮下さい。また、他クラブ主催のBRMについてもお答えできません。

 サイトで公開されていないデータは、準備が整い次第公開します。
 事前に問い合わせをいただいてもその方だけに特別に事前にお知らせすることはできません。
 
(エントリー後、エントリー期間中の問い合わせ)
 これも各BRMに関する問い合わせになりますので、専用のメールアドレス宛にお願いします。

 エントリー自動返信メールに対しての返信は、エントリー作業担当者のみに届きます。
 データ訂正のみであればそれで構いませんが、なるべく訂正が無いように入力時にご確認下さい。

(DNS連絡)
 DNS連絡は、専用フォームを用意しますので必ず専用フォームから連絡下さい。
 また仕事や家庭のスケジュール上の都合でDNSされる場合は、分かり次第お早めにお知らせ下さい。

 DNS連絡は通常で10件以上、荒天の場合は50件近くなります。

 氏名(カナ) 出走No. 氏名(漢字) メールアドレス DNS理由(参考)
 について記載していただくようになっています。
 氏名(カナ)と出走No.が無いと、エントリーリストのどの位置にあたる人かの特定がしづらいです。
 スタート時間が複数ある場合は、出走No.がAで始まるかBで始まるかでリストが変わってきます。

 メールでバラバラに送られてきても管理ができませんので、ご協力よろしくお願いします。

 また、ベテランの方に多いのですが、スタート時間を30分過ぎれば自動的にDNSにはなります。
 それは確かにそうなのですが、荒天などの際、河川敷で来るつもりのない参加者を待ち続けるスタッフのことを少しでも想像してみて下さい。出走した人の他、全ての参加者のDNS連絡があれば、待ち続ける必要のない場合は速やかに撤収することが可能です。6時スタート、7時スタートの2組の場合、特に7時スタートのDNS連絡がしっかり徹底してもらえるとムダな待機が無くなりますので助かります。
1組でもスタッフの待機時間は2時間近く、2組だと3時間近くになります。参加者は概ね1時間以内で出走できますが、それでも荒天の際の待機はキツいことを実感されているはずです。必要な作業のためには待機することは問題ありません。ただ、ムダな待機で風邪をひいたり体調を崩したり、ということが無いようにお願いします。スタッフも普通の生身の人間です。


(その他一般の問い合わせ)
 AJたまがわでは速報性の高いと思われるものについては、Twitter経由でお知らせを流すことがあります。
殆どはAJたまがわサイトの更新情報に載せているものですが、一部、それ以外の追加のお知らせも流すことがあります。ただしこれは広報目的でのアカウントであり、問い合わせなどには回答しません。

 各BRMとは直接結びつかない問い合わせは、AJたまがわサイトの「問い合わせ先」をお読みのうえ、フォームまたは直接メールからお問い合わせ下さい。

 フォームには お名前(必須)、メールアドレス(必須)、題名、メッセージ本文
と記入していただくようになっています。
メールでの問い合わせですが、必ず、ご自身の名前とメールアドレスは記載するようにお願いします。
最近はそういう一般常識が消滅しかかっている世代の方もいらっしゃるようですが「良く知ったおともだち」ではありません。名乗らずに不躾な質問だけされても、どう回答してよいか困るというのがそれなりに届くようです。




最後に……

 ブルベは相互扶助で成り立っている世界です。
スタッフも他のクラブでは一参加者として走るだけです。自分のところでも担当でないブルベでは同様です。
僕たちはたいがいのことを「お互い様だから」ということで、なんとか受け入れようと努力はしていますが、それでもたまに目に余ることが多いのが現状です。

 おそらく裏側でどうなっているか想像力がないからか、想像したこともないからなのか。

 初めて走る200km、お客様気分で来てしまっても仕方がないと思います。
 でも、何年も走っているのに、ずっとお客様気分の人もベテランに多かったりします。
 ちょっと違うんじゃ無いのかなぁ?と思うのは後者の人です。前者じゃありません。

 世の中的には、集団で扱うより個人個人を丁寧に扱うようにサービスが高度化してきています。
ただ、ブルベはそういうものでは無いでしょう。主催者やスタッフも普通のランドヌールです。たまたまそのときのお役目として担当をしているだけであり、必要最低限のことをすればいいだけの話です。

 個人的には、なるべく多くの人に参加の機会が増えるように、ということを基本ポリシーとしていますので、コース設計、エントリーの枠の作り方から実際のエントリーの受付時の例外対応まで、可能なことはそれなりに対応しています。それでも、これ以上はちょっと厳しいという領域のギリギリでいつも動くのは正直厳しいと思うことも多々あります。

 ブルベをそれなりに走れるようになったら、小さなことでもスタッフ側の作業をひとつ手伝ってみて下さい。それをきっかけにして、考えることが増えると思います。やってみないと見えないものがあると思います。立場が変われば違った視点でものが見えるようになります。



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

前の10件 | -