So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018年BRM101たまがわ200km三浦 [BRM]

2018.1.2(火)


 元旦ブルベ AJたまがわ主催 BRM101たまがわ200km三浦

 大晦日のスタート直前に、家から走って駆けつけてお見送り。
兵庫島公園に渡る橋をぐるっと回る感じになるので、直線距離よりは少し道のりがあり、
なんとか間に合って良かったかな、といったところ。(スタッフとかではなく単なるお見送り)


PC310115.jpg



 参加人数がそこそこ多いらしく、0:00丁度スタートのWave0組から以降は5分刻みでWave7まで。


 1年前の初回は、誰がこんなのに参加するんだろうね?ぐらいの気持ちで眺めていたわけですが、かなりのエントリーがあってびっくり。今年もさらに増えていたようで……物好きランドヌール、ランドヌーズの熱量に圧倒されました。


 0時になる5分前に車検を開始で、年が変わる直前からカウントダウン。

Wave0組は0:00丁度にスタートして行きました。


 5分刻みのWaveは慌ただしく、前の組が出たらすぐに車検。そのあと少し待機してからのスタート。

 大晦日の午前中は小雪が舞っていたり夜もそれなりに寒くはあったのですが、スタート地点は風が弱く、そこだけみたらまぁ良いコンディションだったかもしれません。


 AJたまがわの場合、ヘルメット尾灯は点滅禁止、夜間常時点灯のみです。

(※)今回は200kmですが夜スタートで400km同等装備を必須としています。そのためヘルメット尾灯も必須。


 そのためという訳ではありませんが、スタート直後に橋を渡る尾灯(主にヘルメットの高さの尾灯)がランタンルージュのように連なって見えたりします。

P1010159s.jpg


 そういえばスタート直前の車検でヘルメット尾灯が点灯しない人がいて、どうやら電池が少なくなっていた模様。Bikeguyトライスターだと思いますが、聞けば電池はCR2032だと言うので自分のメッセンジャーバッグの中から100均調達のCR2032(2個セット)を個人的に贈呈しておきました。

 が、少ししたら「精密ドライバー持ってる人いませんか?」という声が聞こえてきて、どうやら電池交換はネジ留めを開ける必要があると……


 PC用のドライバーセットとかは流石に持ってないからなぁ………

と一旦は思ったのですが、よくよく考えてみたらメガネ用のネジがキーホルダーになっているものを持ち歩いていることを思い出して、それを貸し出してなんとか交換OKとなったようです。


 以前、出張先でメガネのネジが緩んで落ちてしまい出先の東急ハンズで調達したものですが、キーホルダーになっているので、常時携帯することにもなっていて、こんな時にも役立ちました。若干遅れてのスタートになったようですが、まぁなんとかなって良かったと思う次第です。



 あとは、小道具?に凝ってる人もいたり……


 迎春:やっぱり自転車にも付けた方がよいのでしょうか?

P1010216.jpg


 謹賀新年:せっかくの反射材が隠れてるぞ!やり直し!とか声がかかってたような……(^^;)

P1010222.jpg

 Wave7(主に実走スタッフ)まで見送って、ササッと撤収して0:45頃には兵庫島の入口に戻って解散。
最近の大晦日は電車が終夜営業で走っているので、遠方からのスタッフも電車で帰還可能です。

1:00過ぎると30分刻みぐらいに本数が減るらしいので、その前に帰れてよかったと思う次第。


 自分は徒歩圏ですが、機材撤収車に乗せてもらって家の前で降ろしてもらうというオマケ付き。


 ゴールは無人で郵送となるため、TwitterとかFacebookなどで知り合いがどこにいるか呟いてるのを少し見る程度で、あとは関知せず(^^;)


 元旦は、お昼前後に参加者がゴールとなるセブンイレブンに順次到着されていたようですが、そこには顔を出すことはせず、地元の神社に初詣とかごく普通のお正月休みを過ごしていました。


 無事にゴールして帰宅されていると思いますが、参加された方お疲れ様でした。


 まだ、2018年シーズンが実際に始まったばかりですが、その次の年は2019年でPBP開催年となります。

今シーズン、自分の場合は春まで冬眠、春からスタートの予定ですが、多少は走力を戻せるようにしたいと思っています。冬の間は自転車以外のことをやっている時間の方が殆どだと思いますがそのうち走りますので、どこかでお会いしたらよろしくお願いします。



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

OLYMPUS Tough TG-5 ようやく調達 [ガジェット]

2017.12.20(水)


 今年の夏頃に発売されたTG-5
発売直後に調達しそびれてしまい、秋になって買おうと思ったら
コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-5」お届け遅延のお知らせ
https://www.olympus.co.jp/news/2017/an00583.html

とかいう謎のアナウンスが8月末に出て、ぱったり市場に出回らなくなってしまいました。

 どこか初期不良で設計変更でもしているのか?
それとも部品が入手できなくて実は全く製造できてないのか?
という邪推もしつつ、しばらく様子見。

 最近になってようやく出回り始めて、価格も多少こなれて来たので、
ようやく調達することが出来ました。

 IMG_2733.jpg

 自分が買ったのはAmazonではないですけど、Amazonでもそんなに高くはないですね。
(2018年12月20日現在、47104円)


 TG-5のバッテリーはUSB接続で直接カメラ本体につないで充電するタイプなので、
お約束的に、社外品の充電器とバッテリーを別途調達

IMG_2734.jpg 
 こちらは、Amazonで調達。
同じメーカーで同じ業者さんでも微妙に価格が異なる出品があったり。
どこがよいか微妙です。
いつもはROWAばかりでしたが、最近違うところのモノにも手を出してみていたりします。

正規品は、そこそこお高いのは当たり前。
(2018年12月20日現在、3680円)
OLYMPUS デジタルカメラ用 リチウムイオン充電池 LI-92B

OLYMPUS デジタルカメラ用 リチウムイオン充電池 LI-92B

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: Camera
中華互換バッテリー2個とUSB接続の充電器セット
納期優先でAmazon Prime扱いのこちらを調達してしまいました。
(2018年12月20日現在、1400円)

 液晶保護フィルムが要るかどうかは人によりけりですが、
なんとなく保護フィルムも別途調達。
 また、SDXCカードも折角なので新調しておきました。

 このTG-5、主に自転車用です。
 今年はあまりブルベを走っていませんが、時間的余裕がなかったり、あっても天候が今ひとつで防水モデルではないiPhone SE(ジップロックに入れてる)では、走行中の写真が殆ど無かったりします。
防水モデルのコンデジがやっぱりあった方が写真は残りますし、後々記憶を辿る時にもきっかけができるので、ちょっとお高いと思いつつも来年に向けて調達した次第です。



 これで少しは走るモチベーションにつながるか???


 アクションカムも4Kモデルを1年前に調達して遠征先に持っていったもの、当日雨だったり途中から雨予報で使わず終いだったりしたので、そのあたりはわかりませんけど。TG-5なら雨でもそのまま持って走って少しは写真を撮れそうです。



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2018年BRM101たまがわ200km三浦 エントリー受付終了は12/18(月) [BRM]

2017.12.18(月)


 タイトルどおりです。


 元旦ブルベ、AJたまがわ主催 BRM101三浦200km

ただいまエントリー(いまだにちゃんと)受付中らしいです。勝った!(何が?)


 噂によると結構エントリーされてる方が多いそうですが、残席有りのようです。


 詳しくはAJたまがわサイトをよくお読みください。

参加を希望される方は、各BRMの個別の説明をよくお読みのうえ、AJたまがわサイトからの申し込みが必要となります。


AJたまがわ



AJたまがわ2018年開催予定BRM




(※)エントリー峠なんてものは無いんだよ派を標榜しているので、

  AJたまがわ会員のひとりとして、こっそり素直に嬉しいです。


 ちなみに、AJたまがわの場合、AJたまがわ賛助会員は事前エントリー期間中に手続きしていれば100%参加可能です。そうでない一般の方にも可能な限り受入体制を取っています。瞬殺となるようなブルベはほとんど開催してないからということもあるでしょうけど(^^;)




 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2018年BRM101たまがわ200km三浦 エントリー受付開始は12/11(月)21時から [BRM]

2017.12.10(日)


 既に他のクラブでは2018年開催BRMのエントリー受付は開始されていたりするようですが、
AJたまがわのBRMとしては、明日12/11(月)21時から、BRM101たまがわ200km三浦(通称:三浦200)の一般募集が開始されます。
(※)日付が変わった0時から募集開始するところもありますが、
  2018年はいくつかのクラブで21時受付開始とするところが増えています。ご注意下さい。


 詳しくはAJたまがわサイトをよくお読みください。

参加を希望される方は、各BRMの個別の説明をよくお読みのうえ、AJたまがわサイトからの申し込みが必要となります。


AJたまがわ



AJたまがわ2018年開催予定BRM



 三浦200は、2017年の元旦にも開催されたもので2018年は2回目の開催となります。

年初の200kmですが、深夜スタートの200kmであり、初めて走る人向けのBRMではありません。

募集要項には特に書かれていませんが、400km経験者向けぐらいです。

コース自体の難易度はさほど高くありませんが、冬の深夜スタートです。

朝まで完全にオーバーナイトで走ることになるので、それなりの経験、装備が必要になります。


 コース自体は、直前に通行止などがない限り大きく変わることはないと思います。

既に当該ページには昨年のキューシートが公開されていますので、事前にコースを確認することは可能です。


 大晦日にわらわらと集まって除夜の鐘を聞きながらスタートを切る。

というイメージですが、昨今は除夜の鐘が「騒音」扱いされていて自粛するお寺さんもあったり。

聞こえるかどうかは当日次第です。


 大晦日の深夜から元旦(朝)にかけて、交通事情は通常と全く異なります。

幹線道路、準幹線道路は車の通りが極端に少なくなります。そういう意味ではこのBRMは普段走りにくい道が気持ちよく走れたりする不思議な体験ができるかもしれません。

一方、神社仏閣のある近辺では初詣の人出などで難儀するところも出て来ます。


 また、残念なことですが前回開催時には自損事故で怪我をされた方もいらっしゃいました。

夜間走行は路面状況が分かりづらいことも多いのですが、明るい前照灯を下向きに(対向に幻惑しないため)設置し、サイコンを見たりよそ見することは極力避けるようにしてください。

路面を確認しながら走れば防げる事故もあります。前走者と自分のライン取り(前輪が踏む位置)は微妙に異なります。前走者が普通に走れても自分が走れるかどうかは、必ず自分の目で目視確認するようにしてください。


 凍結があるかどうかは天候次第なので何とも言えませんが、年初の1月開催BRMでは落車、骨折という事故が起きることがかなり多く、春まで療養に専念さざるを得ない自転車乗りが毎年かなりの数発生しています。

はやる気持ちもあるでしょうが、年初につまづくとリカバリに苦労されると思いますので、あまり無理はされませんように。


 BRM101三浦200のエントリー受付は、2017年と同じノリであればそれなりにマニワがいて割と早めにエントリーが多数あるかもしれません。瞬殺ということは無いでしょうが、参加を希望される方は募集開始のタイミングにあわせて事前にAJたまがわサイトをよくお読みの上、参加可否をご自分で判断ください。



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。




nice!(2)  コメント(0) 

2017年 AJたまがわ大忘年会 [飲んだり食べたり]

2017.12.7(木)

 先週末はAJたまがわ忘年会でした。なぜか公式名称は「大忘年会」(^^;)

 2017年は、ちょっと大人の忘年会。
たまには落ち着いた宴会を楽しみたいというわがままを、昨年忘年会が終わった時にこっそりお願いしておいたものです。

 箱根ホテル小涌園

IMG_2400.jpeg



 事前情報(輪行袋に入れて館内預かり)とは異なり、駐輪場が用意されていました。

IMG_2368.jpeg


 これだけ広い部屋なら全員自転車で来ても大丈夫だったということですね。

IMG_2369.jpeg


 宴会前にひとっ風呂浴びてさっぱりしておきます。

ちゃんとしたホテルの温泉に浸かるのは、やはり気持ちのよいものです。


 風呂上がりに館内でビールを買ってプチ0次会を楽しみつつ宴会を待ちます。


 宴会の開始は18時。少し前に部屋を出て宴会場へ移動です。


 宴会場は富士

IMG_2381.jpeg


 お膳スタンバイ状態。

IMG_E2372.jpeg


 ビール瓶は箱根という名前入りでしたが写真撮らず、残念。


 焼酎(麦は小涌園という銘柄、芋はおなじみ黒霧島)

IMG_E2382.jpeg


 固形燃料の焼き物1 陶板(朴葉)焼き

IMG_2375.jpeg



 固形燃料の焼き物2 紙焼き

IMG_2376.jpeg


 煮物

IMG_2377.jpeg


 宴会中の様子は自分ではほぼ何も撮ってなかったようです。

ごく一部、某べいちゃんのいろいろな動画だけ残ってましたが、あとで高く買ってくれるそうなので非公開です。


 宴会場にはカラオケセットもありましたが、それは使うこと無く終了。

(隣の宴席では熱唱している方がいらっしゃいましたが…外に出ると漏れ聞こえてました。)

 ひととおり宴会終了後は、自主的に二次会です。

こちらはだいぶ飲み過ぎてぐだぐだになりましたが、お酒の写真だけ。(ご参考)

IMG_2386.jpeg


 翌朝、爆睡しまくりで寝坊から朝風呂入り直して、朝食バイキングはほんの少しだけいただきました。


 帰りの朝は良い天気。

IMG_2398.jpeg


 自転車で来ている人達は、日曜日のサイクリングにでかけて行ったようですが、

こちらは車で珍しく立ち寄りもせず直帰しちゃいました。

お天気的には勿体なかったかな、とも思いますが、4年目(4回目)の忘年会も無事終了。

AJたまがわ2017年の公式行事はこれにて終了ということになりました。


 すでに2018年賛助会員も募集も終わり、AJたまがわ会員向けにはBRM101三浦200のエントリーも開始されてましたが、なんとなくの区切りがついて、2018年度の準備に一気にシフトした感じがします。


※)2018年 BRM101三浦200の一般エントリーについてはAJたまがわサイトをよくお読みください。

 12/11(月)21:00から受付開始予定です。


 AJたまがわ(トップページ)


 




 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

2018年BRM 一部のクラブで募集開始 [BRM]

2017.12.1(金)


 スポーツエントリーを使ったBRMエントリー。

なんとなく慣習的に12/1解禁となっていたところもあるようですが、一部のクラブでは既に募集が開始され、早いところだと即・満員御礼で完売終了となっているブルベもあるようです。

 いろんな人がその時その時で様々な意見をTwitterやFacebookで書かれていると思いますが、一番大事なことは、鵜呑みにせず、自分で考えて判断すること。これに尽きます。


 同じ人でも、経験を積んだり、環境が変わったり、立場が変わったりで、言うことはコロコロ変わります。

まずはそのことを割り引いて読むようにしておかないと、マジメな人ほど割を喰うことにつながりかねません。


 ここまで前置きをしたので、この後の話は「話半分」で読んでください。

 一応、ひととおり、参加者としても主催者としてもそれなりにブルベで遊ばせて貰って、今は運営から足を洗ってたまに参加するだけの時々ランドヌールになった人の、現時点での個人の意見です。



1.参加したいブルベがあったら、可能な範囲でコースを調べる。

 (エントリー開始時にコース概要も出さないクラブもありますが、そこは目をつぶって)


2.自分の実力的にチャレンジしても大丈夫と判断したら、エントリー開始日に照準を合わせる。


3.行きたいブルベには、全力でエントリーする。

 (仕事でスケジュールがわからないのでDNSしたら申し訳ない、とかはここでは考えない)


4.エントリーしたブルベには、十分な準備をしっかりとする。

 (スケジュールを調整して参加できるように努力することも大切)


5.2週間前、1週間前あたりに、キューシートが確定してくるので、予習をしっかりとする。

 (キューシートは直前まで改訂されることがあるので、何度かチェックが必要)


6.仕事や家庭など様々な事情でDNSせざるを得ないときは、早めに主催者に連絡する。

 (体調や天候によるDNSなどは、当日朝まで判断を見送っても何も問題はない。

  DNSに本来理由は不要。本人の意志・判断を尊重。参加者の権利です!)


7.前日は深酒厳禁、全ての支度を済ませて早めに就寝。寝るのも準備のうち。


8.当日は受付時間に間に合うように移動する。遅くともブリーフィング開始前に到着厳守。



 「DNSして枠を潰したら他の人に悪いから……」

 そんなことを言う人がいます。自分も一時期そういう思いを持っていたこともあります。

でも、実はそんな気遣いは(多くのクラブでは)必要ないのです。

※)一部のクラブのごく少数の主催担当者にはDNSをいやがる人もいます


 たいがい定員は実際の参加者が減ることを予想して増やして募集をかけているところが多いです。

東京近郊の各クラブは概ねそうだと言えます。


 マジメな人ほど上記の思考でエントリーをためらってしまう傾向があるようですが、

エントリーしないことにはスタートラインに立つことができません。


 個人がその人の意志として「枠をつぶしたくない」という判断をすることは別に悪いことではありませんが、だからといって他の人がエントリーしてDNSしないとは限らないのです。

まずはエントリーする。その方が圧倒的に幸せになれます。


 ただし、自分の実力に見合わないコースというものも実はたくさん隠されています。

 一部のマニワ受けするコースを一般募集と同じところに並べてしまうのはあまり良くないことだと個人的には思いますが、そのあたり真贋を見極める目を持つことをランドヌール(これからの人も含めて)には求められるということでしょう。


 いずれにしてもエントリー前には、各主催クラブの当該BRMの説明を事前によく読んで判断してください。

 楽しいBRMを!



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(3)  コメント(0) 

AJたまがわ 2018年会員登録 [BRM]

2017.11.24(金)


 日本国内だと実質的なブルベ新年度は2018年1月からとなりますが、それに先立ち既存のAJたまがわ会員(2017年度会員)向けに2018年の賛助会員(継続)登録をしているようです。

会員向けには会員向けのチャネルで複数案内が出ているので、ここで初めて知るという人はいないと思いますが、もうすぐ一般向けの会員登録募集が始まるそうなので、継続されるつもりでまだ手続きが終わってない方はお早めにどうぞ。


 自分は単なる一会員ですけどその昔役職についてたこともあり「永年会員」扱いで既に継続登録完了していました。(汗)


 AJたまがわの会員制度は2014年に発足した当初からありましたが、現在は若干形式が異なっています。時代とともに状況に応じて変わっていくものなのでしょう。今はある程度クラブ運営が安定的にできるぐらいの規模を維持できているようです。


 2018年の募集はAJたまがわサイトを参照ください。

新規に登録される方の募集期間は、
2017年11月27日(月)〜2017年11月30日(木)


AJたまがわ会員募集要項(2018年度)



 2018年のAJたまがわ主催ブルベは上記からもリンクされてますが、

二子玉川だけでも次のブルベがあります。

・年初の元旦ブルベ(1/1深夜スタート200)

・SRシリーズ(4/1〜6/2までに200、300、400、600)

・木崎湖BBQ付き?ブルベ(9/7金曜夜スタート片道300)


また、発着が杉並になりますが、例の

・ラーメン付き?ブルベ(10/07 200)

も今年に続いて行われるようです。


 東京の東側発着を担当する東葛班でも、

・SRシリーズ(2/17〜5/19までに、200、200、300、400、600)

・真夏の夜ブルベ(8/25 300)

・秋の最終ブルベ(9/27 300)


また、新しく「さいたま」分隊?で、

・さいたま市発着・お初の200(10/13 200)

も行われるようです。


 遠征ブルベは東葛班主催で、2017年の佐渡に続いて日本海側へ

・宴会付きブルベ・能登(6/9 200)

となるようです。


 このあたりのブルベにご参加希望の方は、会員登録しておいてもよいと思います。

(募集要項をよくお読みのうえ、賛同される場合は登録可能です)


 これからブルベを始めたい、という人でも大丈夫です。

 所属クラブがあるというのは、なにかと助けられることも多いようですよ。




 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

nice!(2)  コメント(0) 

多摩川下流ポタ・佃煮買いに大師橋まで [立ち寄りポイント]

2017.11.22(水)


 ロードには乗ってませんが、クロスバイクでちょこっとポタ。

今日は結構寒いと思いつつ多摩川下流へ。


 羽田手前の大鳥居

2017112201.jpg


 子供の自転車なのでフレームサイズちょっと小さいXSですけど、問題無く乗れます。

フロント46/34T、リア11-34Tというありがたいギア比。

自分的にはこっちの方が断然使いやすい(つまり乙女ギア万歳!)


 折り返して大師橋のあたり、佃煮買いに大谷政吉商店に立ち寄り。

2017112202.jpg

 大谷政吉商店 https://www.tsukudani.jp

 ここに来るのもだいぶお久しぶり。


 たいがいこれは買ってくる定番の若炊あさり

2017112203.jpg


 その他、ちょこっと買ってますが、年末だからかな?

 お店でノベルティグッズというか、店名入りのボールペンも頂きました。

2017112204.jpg




 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。


nice!(2)  コメント(0) 

2018年BRM 自分的予定 [BRM]

2017.11.21(火)


 2018年の開催計画が各クラブから出て来ているようです。
あまり走らないとはいえ、なんとなくの予定は考えておこうかと思って、現時点で分かる範囲で考えてみました。

あくまでも自分の場合です。


 所属クラブはAJたまがわなので、まずはAJたまがわで走るはずのブルベをピックアップしておきましょう。


AJたまがわ 

2018年開催BRM



今年の正月に引き続き、来年の正月も元旦ブルベは開催されるようですが、紅白歌合戦の終盤ぐらいに兵庫島公園まで気が向いたらお見送りにいくだけで自分では走るつもりはありません(^^;)

その後は、東葛班(葛飾・金町or千葉県船橋市)の主催が続くので、スタート地点の遠い自分はお呼びではないのでちょっとパス。

たまがわ本隊(二子玉川・兵庫島公園)は、春の定峰から通常営業でしょうか。


ということで、

BRM401定峰200(定峰は日曜開催です)

BRM414西上州300

BRM512海野宿400(新コース)

の3本を走ることにしておきたいところです。


今年2017年は、300kmは1本だけ、伊豆高原300を走ってお終いです。

その時に、主催のK内さんから「来年は400、新コースでやりますから。走ってください。」と言われて、

とりあえず2018年は400kmまで走れるように走力を戻してみようか?と思っています。


その後は、遠征ブルベにちょこちょこっと行けたらいいな、といったところ。


AJたまがわだと東葛班の遠征ブルベが、2018年は

BRM609能登200(石川県・新コース)として設定されているので、

そこがひとまずターゲットとなります。


ブルベ付き宴会というか、宴会付きブルベというか。

東京方面からは前泊必須となるため、こっそり前夜祭、当日完走後の宴会(後夜祭)と、宴会2段構えの遠征となる予定です。


その他でいうと、2017年からR札幌に移管された十和田クラシック200、

R札幌もスケジュールは出ているみたいなのでチェックしておきましょう。


R札幌

2018日程とアイスブルベ2018の概要について




ここをみると十和田200は5/19(土)となっているので、

BRM519十和田200(R札幌・八戸)も行けたら行きたいところです。

※)コースが同じかどうかはわかりません。


これを入れると、4月から6月上旬までで5本固め打ちといった感じになりそうです。

BRM401定峰200(定峰は日曜開催です)
BRM414西上州300
BRM512海野宿400(新コース)

BRM519十和田200(R札幌・八戸)

BRM609能登200(石川県・新コース)


だいぶスケジュールが詰まっているので、それ以上いれるのは難しいと思いますが、

もし走力が戻っていたら、AJ神奈川のブルベも走りたいところです。


AJ神奈川もスケジュールが出ているので、見ておきましょう。


AJ神奈川

2018 BRM




ある意味自分的原点でもある、逗子200、鎌倉300、も1月にありますが、

ここは人気のブルベとなっているので、まぁ自分的にはいいかな、と遠慮したいところです。

※)2018年AJたまがわ開催としてはありませんが、

 伊豆高原300(逗子200準拠)、石廊崎400(鎌倉300準拠)みたいなコースですし……


 600は興津600があるのですが、

BRM526興津600(AJ神奈川・興津)を入れてしまうと、


BRM512海野宿400(新コース)
BRM519十和田200(R札幌・八戸)
BRM526興津600(AJ神奈川・興津)
と3週続いてしまうので、なんとも………
5月はキャンプも行きたいし………
 一方、秋になると、AJ神奈川の遠征があって、
BRM922岩手一関200(AJ神奈川・一関)
BRM923坂田新白河300(AJ神奈川・坂田)
おそらくワンウェイの旅ブルベとなるのでしょう。
可能であれば、ここに参加してみたいところです。
その他、近隣だと、AJ千葉、AJ宇都宮から、「たまには来てよ」と言われてますけど、
コース難易度的に走れるものが限られるのと、あっても年初か!といった感じなので厳しそうです。
AJ千葉
2018年AJ千葉の開催予定
AJ宇都宮
2018年 BRM一覧



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。






nice!(2)  コメント(0) 

輪行袋のお洗濯 SL-100 [BRM装備]

2017.10.22(日)


 先々週はOS-500で飛行機輪行、北海道へ行って来ましたが、自転車にはSL-100を装着。
万一の際のエスケープ用にSL-100は自宅近くで乗る時でもたいがいはボトルケージに収まっています。

 その時は雨に降られずに済んだのですが、先週はSL-100を使って電車で輪行、BRM1015只見200に参加してきました。途中雨に降られるだろうからコンビニ袋にでもくるんでおこう!と思っていたのですが、前泊したホテルでは外に駐輪していたため、養生するのは当日朝になってから。普段は部屋の中に入れさせて貰う、またはちゃんとしたところではクローク預けにしているので若干勝手が異なります。


 そして当日の朝、スタート前の受付時間はまだ雨は降っておらず、すっかりそんなことを忘れてしまいました。


 で、ゴール後に越後湯沢駅で輪行しようと思ったタイミングで、「あ〜」と気づいたわけです。

ずぶ濡れまではいってませんが、ちょっと雨に濡れて湿ってしまった輪行袋。SL-100自体はごく薄いペラペラ輪行袋で広げていればすぐに乾いてしまうのですが、一度濡らしてしまったため帰宅してから洗濯することにしました。


 前回洗濯したのはいつだっけ?というぐらい久しぶりですが、洗濯機に投入して通常の洗剤にプラスしてオキシクリーン(粉末・コストコ調達)で洗います。汚れが酷ければお風呂の残り湯を少しにしてオキシクリーンにつけ込んでおいた方がよいのですが、そこまで汚れているわけではないと省略。


 袋の方はすっかり綺麗になりました。

SL100.jpg

 

 一緒にベルトやチェーンカバー等も洗っておいたのですが、チェーンカバーの裏面の油汚れは黒く残っていて、別途つけ込み洗いにしておけばよかったかと、ちょっと後悔。


 SL-100は一般的に入手可能な輪行袋の中では比較的軽量タイプ。自分がこれを買ったのは2008年なので9年ぐらい使っていることになりますが、破れたりするトラブルはこれまで一切なく意外と長持ちしています。使用頻度がさほど多くないというのもあるでしょうが、自転車に乗る時はほぼ常にボトルケージに携行(夏場のダブルボトルの時はサドルバッグにくくりつけなど場所は移動)しているので、畳まれた状態ではかなりの距離を一緒に移動していることにはなります。


 同じ機材をずっと使い続けているので他製品について詳しくはないのですが、自分が持っているオーストリッチの輪行袋の中では一番手軽に輪行できるよいパートナーです。


OSTRICH【オーストリッチ】 SL-100 輪行袋

OSTRICH【オーストリッチ】 SL-100 輪行袋

  • 出版社/メーカー: アズマ産業
  • メディア: その他


ご参考:(過去ログ)
2012.6.11 輪行袋の使い分け・エア輪行と列車輪行


※)当時の基準で書かれています。

・コクーンは現在JRでの輪行はNGです。

・航空会社の預け荷物の規定、料金は随時変更される可能性があるので、

 利用される場合は事前に再度ご確認を。

 2017年時点ではJALの場合 203cm超過、日本→欧州は20000円、200USDです。



 
↑読んだよ!とお一つ応援クリックしていただけると励みになります。

 

nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -